2016年7月2日土曜日

ご家庭で簡単にふわふわのかき氷が作れる「ドウシシャ かき氷器 電動ふわふわとろ雪」


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャです。

以前不動産屋で部屋を借りるときにとあるWEBサイトに登録させられたんです。
主に旅行をおトクにできるサイトなのですが、メールマガジンについてくるくじを地道にやっていたらポイントが貯まって、サイト内の東急ハンズネットストアで買い物ができました。

貯まったポイントで、気になっていたこの新製品を入手してみました。
ドウシシャのかき氷器「電動ふわふわとろ雪」です。


昨今のかき氷ブームの火付け役

2015年春に台湾のかき氷店「アイスモンスター」が上陸して話題となりました。
自分は食べたことがないのですが、長蛇の列と1杯1000円以上という価格に尻込みしていました。
特徴は水を凍らした氷ではなく、各種フレーバーをそのまま凍らせたブロックを使い、ものすごく薄く削ることでふわふわな食感を作りだしているところです。


電動ふわふわとろ雪


そんなふわふわかき氷をご家庭で簡単に楽しめるようにと4月末に発売されたのがドウシシャの「電動ふわとろ雪」です。
ドウシシャと言えば何年か前に「大人の氷かき器」がちょっとしたヒットになっていたと思います。

開封の儀


箱の中は本体と製氷カップ2個、マニュアルにレシピです。


てっぺんには動作ボタン。


ダイヤルをひねると上部が取れます。
上部分にはスパイクのついた押さえがあります。
けっこう強めのバネで押しつけるようになっています。


ケース部分には刃がついています。
普通のかき氷器とあまり変わりはありませんが・・・


刃の出し具合を外から調整できるようになっています。


スパイク部分とケースは取り外して洗えます。


氷の準備


レシピに従って材料を買ってきました。
チョコレートシロップ、練乳、マンゴージュース、オレンジジュース、イチゴジャムです。
マンゴージュースは本当はマンゴーピューレを使うのですが、無かったので濃いめのジュースにしました。
他に牛乳と砂糖が必要ですが家にあったので略。


まずマンゴー味。
  • マンゴージュース150g
  • オレンジジュース20g
  • 砂糖10g
これらをボウルに入れてレンジで少し温め、よくかき混ぜます。
その後製氷カップに入れて蓋をして冷凍庫へ。


次にチョコ味です。
  • 牛乳120g
  • チョコレートシロップ30g
  • 練乳10g
温める指示はないのですが、少し温めた方が良く混ざる気がします。
チョコが底に沈んでしまうので、よくかき混ぜます。


そしてカップが2個しかないので同時には作れないのですが先にレシピを。
イチゴミルク味です
  • 牛乳100g
  • イチゴジャム60g
  • 練乳10g
ジャムが固めだったり果肉が多いタイプの場合はしっかりくずして混ぜましょう。


いよいよかき氷作成


材料が凍ったらいよいよ削ります。
まずチョコをいってみます。

若干チョコレートシロップが底にたまっている感じがしますが・・・


削っているところ。
最初は刃を最大に引っ込めておいて、徐々に入れていくのがポイントです。


完成です!

食べてみるとこれが
おいしーーーーー!!!
食感はまさにふわふわ。口の中でさらりと溶けます。



次にマンゴーです。
いい感じに凍っています。


完成品はこちら。
こちらもおいしーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
ジュースを使った割には味は薄くなく、マンゴーの風味がしっかりと楽しめました。

左に乗っているのは、削れずに残った余りです。
後でわかったのですが、空回りするようになったら刃を一番奥までにするとあまり残らずに済みます。

そしてイチゴミルク・・・は写真を忘れていました(;´∀`)
こちらもおいしかったです。
まさに甘くておいしいイチゴミルクでした。
ただちょっと重いかな・・・ジャムたっぷりですしね。



後日、ちゃんとしたマンゴーピューレを買ってきて作ってみたマンゴーかき氷がこちら。
果肉たっぷりなので、マンゴーの味がとても濃くておいしかったです( ̄¬ ̄*)

同梱のレシピはPDFで公開されています。
ヨーグルトも合いそうです。

難点

手間がかかる


製氷カップ・本体が小さいため、1回で削れる量は一人分
味が違う場合は一通り洗わないといけません。
※一般的な製氷皿で作ったブロック氷は削れません。

最初についてくる製氷カップは2つなので、二人分までしか準備できません。
別売りで4個セットが800円くらいで売られている(Amazonだとマーケットプレイスの送料込みで1000円くらい)ので入手しました(写真)。
ドウシシャの公式サイトでは1個ずつ216円(税込)で売られてました。

準備も材料を計ってしっかり混ぜないといけないのでちょっと大変です。まあおいしい物を作るには手間がかかりますしね。
単純に水だけの氷を作ってシロップかけてもおいしいんじゃないかと思います。

お店にはかなわない


アイスモンスターは食べたことないのですが、ミスタードーナツの「コットンスノーキャンディ」は食べたことがあります。
こちらも味のついた氷をものすごく薄く削ったかき氷です。

比べると、さすがにここまでの食感は出せません。
薄さが足りないのでしょうね。
(もしかしたらレシピも違うかもしれませんが)



おしまいのひとこと

一手間かかるものの、6000円弱でふわふわかき氷が楽しめるのでオススメです。
製氷カップも合わせて購入して、いっぱい仕込んでおくとみんなで楽しめて良いと思います。

ふわふわかき氷で今年の猛暑を乗りきりましょう!

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ



0 件のコメント :
コメントを投稿

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク