ラベル 食べ物 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食べ物 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2016年7月2日土曜日

ご家庭で簡単にふわふわのかき氷が作れる「ドウシシャ かき氷器 電動ふわふわとろ雪」


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャです。

以前不動産屋で部屋を借りるときにとあるWEBサイトに登録させられたんです。
主に旅行をおトクにできるサイトなのですが、メールマガジンについてくるくじを地道にやっていたらポイントが貯まって、サイト内の東急ハンズネットストアで買い物ができました。

貯まったポイントで、気になっていたこの新製品を入手してみました。
ドウシシャのかき氷器「電動ふわふわとろ雪」です。



昨今のかき氷ブームの火付け役

2015年春に台湾のかき氷店「アイスモンスター」が上陸して話題となりました。
自分は食べたことがないのですが、長蛇の列と1杯1000円以上という価格に尻込みしていました。
特徴は水を凍らした氷ではなく、各種フレーバーをそのまま凍らせたブロックを使い、ものすごく薄く削ることでふわふわな食感を作りだしているところです。


電動ふわふわとろ雪


そんなふわふわかき氷をご家庭で簡単に楽しめるようにと4月末に発売されたのがドウシシャの「電動ふわとろ雪」です。
ドウシシャと言えば何年か前に「大人の氷かき器」がちょっとしたヒットになっていたと思います。

開封の儀


箱の中は本体と製氷カップ2個、マニュアルにレシピです。


てっぺんには動作ボタン。


ダイヤルをひねると上部が取れます。
上部分にはスパイクのついた押さえがあります。
けっこう強めのバネで押しつけるようになっています。


ケース部分には刃がついています。
普通のかき氷器とあまり変わりはありませんが・・・


刃の出し具合を外から調整できるようになっています。


スパイク部分とケースは取り外して洗えます。


氷の準備


レシピに従って材料を買ってきました。
チョコレートシロップ、練乳、マンゴージュース、オレンジジュース、イチゴジャムです。
マンゴージュースは本当はマンゴーピューレを使うのですが、無かったので濃いめのジュースにしました。
他に牛乳と砂糖が必要ですが家にあったので略。


まずマンゴー味。
  • マンゴージュース150g
  • オレンジジュース20g
  • 砂糖10g
これらをボウルに入れてレンジで少し温め、よくかき混ぜます。
その後製氷カップに入れて蓋をして冷凍庫へ。


次にチョコ味です。
  • 牛乳120g
  • チョコレートシロップ30g
  • 練乳10g
温める指示はないのですが、少し温めた方が良く混ざる気がします。
チョコが底に沈んでしまうので、よくかき混ぜます。


そしてカップが2個しかないので同時には作れないのですが先にレシピを。
イチゴミルク味です
  • 牛乳100g
  • イチゴジャム60g
  • 練乳10g
ジャムが固めだったり果肉が多いタイプの場合はしっかりくずして混ぜましょう。


いよいよかき氷作成


材料が凍ったらいよいよ削ります。
まずチョコをいってみます。

若干チョコレートシロップが底にたまっている感じがしますが・・・


削っているところ。
最初は刃を最大に引っ込めておいて、徐々に入れていくのがポイントです。


完成です!

食べてみるとこれが
おいしーーーーー!!!
食感はまさにふわふわ。口の中でさらりと溶けます。



次にマンゴーです。
いい感じに凍っています。


完成品はこちら。
こちらもおいしーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
ジュースを使った割には味は薄くなく、マンゴーの風味がしっかりと楽しめました。

左に乗っているのは、削れずに残った余りです。
後でわかったのですが、空回りするようになったら刃を一番奥までにするとあまり残らずに済みます。

そしてイチゴミルク・・・は写真を忘れていました(;´∀`)
こちらもおいしかったです。
まさに甘くておいしいイチゴミルクでした。
ただちょっと重いかな・・・ジャムたっぷりですしね。



後日、ちゃんとしたマンゴーピューレを買ってきて作ってみたマンゴーかき氷がこちら。
果肉たっぷりなので、マンゴーの味がとても濃くておいしかったです( ̄¬ ̄*)

同梱のレシピはPDFで公開されています。
ヨーグルトも合いそうです。

難点

手間がかかる


製氷カップ・本体が小さいため、1回で削れる量は一人分
味が違う場合は一通り洗わないといけません。
※一般的な製氷皿で作ったブロック氷は削れません。

最初についてくる製氷カップは2つなので、二人分までしか準備できません。
別売りで4個セットが800円くらいで売られている(Amazonだとマーケットプレイスの送料込みで1000円くらい)ので入手しました(写真)。
ドウシシャの公式サイトでは1個ずつ216円(税込)で売られてました。

準備も材料を計ってしっかり混ぜないといけないのでちょっと大変です。まあおいしい物を作るには手間がかかりますしね。
単純に水だけの氷を作ってシロップかけてもおいしいんじゃないかと思います。

お店にはかなわない


アイスモンスターは食べたことないのですが、ミスタードーナツの「コットンスノーキャンディ」は食べたことがあります。
こちらも味のついた氷をものすごく薄く削ったかき氷です。

比べると、さすがにここまでの食感は出せません。
薄さが足りないのでしょうね。
(もしかしたらレシピも違うかもしれませんが)



おしまいのひとこと

一手間かかるものの、6000円弱でふわふわかき氷が楽しめるのでオススメです。
製氷カップも合わせて購入して、いっぱい仕込んでおくとみんなで楽しめて良いと思います。

ふわふわかき氷で今年の猛暑を乗りきりましょう!

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ



2015年7月17日金曜日

力業で解決したセブンイレブンのアイスカフェラテを飲んでみた


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャです。

一部地域で限定販売されていたセブンイレブンのアイスカフェラテ、やっと自分の住んでいるところでも販売が始まったので飲んでみましたよ!



力業での解決



ファミリーマートやローソンでは最初からカフェラテを入れられる機械が導入されていましたが、セブンイレブンが独自に開発したコーヒーマシンではドリップコーヒーしか入れられませんでした。

どうやってカフェラテを作るのかなーと思ったら、濃厚ミルクをビーズ状のアイスに特殊加工という力業で解決したとのこと。
開発には江崎グリコが協力しているそうです。

なるほど、これならドリップコーヒーのみのセブンイレブンでもカフェラテが作れます。

蓋を開けると写真のように白いつぶつぶがいっぱい入っています。


作ってみる



カフェラテはアイスコーヒーのレギュラーを入れればよいようです。

なんか先行販売していた鹿児島ではLサイズも出ているとか。


自分が行ったセブンイレブンでは詳しい説明書きが掲示されていました。
ミルクやシロップは使わずに飲んで欲しいとのこと。


できあがったのがこちら。
よく混ぜないとミルクビーズが溶けないのでしっかり混ぜましょう。


そのお味は・・・


ほのかに甘く、ミルク感も十分。
その上に香り高いドリップコーヒーが混ざって、けっこうおいしいです。

元々自分はセブンイレブンのコーヒーは他のコンビニよりおいしいと思っていたので、コンビニのカフェラテとしては一番好きかも。



でもこれってカフェラテ・・・?


本来カフェラテは
エスプレッソ蒸気で温めたミルク
です。

セブンイレブンのこれは
ドリップコーヒーミルク
となるので、厳密に言えばこれはカフェオレになるんじゃないかと。

まあこれはこれでおいしいと思ったので良いですが(;´∀`)



おしまいのひとこと


セブンイレブンのアイスカフェラテ(?)、なかなかおいしかったです。
1杯180円なので値段もお手頃です。(鹿児島で確認されたLサイズは250円らしいです)

ただし、ミルクビーズに甘みが付いているため、普段シロップを入れない方には甘すぎるかもしれません。

7月31日までの間、nanacoでセブンカフェを5杯買うとコーヒーのレギュラーサイズが1杯無料になるキャンペーンをやっています。この機会に試してみてはいかがでしょうか。
※アイスカフェラテもカウントされましたが、交換できるのは普通のコーヒーだけだと思います。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ
2015年6月22日月曜日

2015/06/20放送 スマステーション「上半期ベストセレクション15」


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャです。

先週土曜、2015年6月20日に放送されたスマステーションの特集は
上半期ベストセレクション15
でした。もう今年も半分、早いですね~。

今回は番組で紹介された商品やサービスをまとめていきます。見逃した方はぜひチェックしてください。



第15位 カップおにぎり茶漬け


画像は公式サイトより

コンビニ専用商品です。これ自体にはご飯は入っておらず、お馴染みの「お茶漬け海苔」が1袋入っているだけです。
ご飯はどうするかというと、コンビニで売っているおにぎりを入れてお茶漬けにします。
1カップ90円(税込)、組み合わせるおにぎりによってさまざまな味が楽しめます。

開発担当のオススメは、紅鮭、トマトソースのおむすび、焼き豚チャーハンおにぎりだそうです。トマトソースとお茶漬けは合わなそうですが、リゾット風になっておいしいそうです。



第14位 RIZAP


ライザップ スタイル ドリンク スタイルプログラム ダイエット プロテイン 750g 賞味期限 201606
ネットではさまざまな評判が書かれている「RIZAP」。
簡単に説明すると、
  • 完全個室のスポーツジム
  • 専属のトレーナーが付いてマンツーマンで指導
  • トレーニングは週2回
  • 毎日メールによる食事指導
  • 痩せなかったら全額返金保証(30日間)
  • スタンダードコースで約35万円(2ヶ月間)
というものです。単なるスポーツジムではなく、専属のトレーナーが付いたうえに毎日の食事についても指導を受けられ、その分値段もお高めです。
口コミ・感想は以下にまとめられています。
どうなんでしょう。かなり本気で痩せたい!という方にはいいのかもしれませんね。お値段分の覚悟は必要ですが。

詳細は以下から。



第13位 ポテそば


そばフライドポテトを乗せたらまさかの大ヒット。

阪急電鉄の十三駅構内にある「阪急そば若菜」が始めたオリジナルの商品です。

ポテトはそばと別に出されるので、そのまま食べてサクサク、つゆに浸してしんなりという2つの食感を楽しめるそうです。食レポートは以下の記事が写真がたくさん載っていてわかりやすいです。
先月からは夏限定で「ポテざるそば・うどん」が販売されているそうです。
お近くの方は一度味わってみてはいかがでしょうか。



第12位 おフェロメイク


ar 2015年 05月号 [雑誌]

おちゃめにフェロモンが出ている状態を表現したのが「おフェロメイク」だそうです。
(番組では”おちゃめ”の”お”だという説明だったと思いますが、ネットだとおしゃれとなってますね)

写真の雑誌ar(アール)が取りあげて話題になったようです。
特徴は風呂上がりのような火照り顔メイクだそうです。気になる方は以下の記事などを。



第11位 らくやきマーカー


らくやきマーカー ツインペン(パステル)8色セット

このマーカーで無地の皿に絵を描いて、200度のオーブンで25分焼くと定着し、オリジナルの絵柄の皿ができるというアイテム。

皿は100円ショップのものでも十分で、焼く前なら拭けば消せるのでお手軽に絵が描けます。

実は15年前からある商品だそうです。全然知りませんでした・・・。

色はビビット8色、パステル8色の計16色あり、単品やセットもあるそうです。




    第10位 サードウェーブコーヒー


    サードウェーブとは第3の波です。

    第1の波は19世紀後半から1960年代まで続く大量生産・大量消費のコーヒーの時代。

    第2の波はシアトル系コーヒーチェーンなどの台頭により広がった、深煎り高品質の豆を使ったコーヒーの時代。スターバックスなどですね。

    そして今注目の第3の波。2000年前後から続くサードウェーブ、その特徴は、ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れるスタイルだそうです。

    中でも有名なのは、サンフランシスコのブルーボトルコーヒーでしょう。日本にも出店していて、連日長蛇の列だそうですね。

    しかしその源流は、実は日本の純喫茶だそうです。創始者のジェームス・フリーマン氏は日本の喫茶店がとても好きで、自分でもそういうお店を出したいという気持ちから始めたそうです。
    コーヒー好きとして一度は試してみたいです。



    第9位 塩パン



    愛媛にある「パン・メゾン」というお店が始めたオリジナルのパンが、今日本全国に広まって大ブームだそうです。
    パン生地の中にバターを置いてロール状に包み、表面に岩塩を塗って焼いたこのパンは、表面はカリッと、中はもっちりでとてもおいしいそうです。

    クックパッドには131品もレシピが登録されています。食べてみたいですね~。



    第8位 空中ヨガ

    空中ヨガ エアリアルヨガ 用 ハンモック 布 【マイホット】 (赤)

    ニューヨークが発祥の新感覚の空中ヨガ(エアリアルヨガ)。
    天井から吊された布に体を預け、空中に浮いた状態でヨガを行うというもの。
    布は1トンの耐久性があり、時には逆さづりのような状態で静止したりするそうです。

    「エアリアルヨガジャパン」なるサイトもあります。気になる方はチェック!


    第7位 枯山水


    枯山水(Stone Garden)/New Games Order/山田 空太

    「枯山水」と言えば池や遣水などの水を用いずに石や砂などにより山水の風景を表現する庭園様式のことですが、ブームなのは枯山水という名のボードゲームです。

    15枚の砂紋タイルと、その上に石を設置して、得点の高い枯山水を目指します。
    配置したタイルの模様、石の配置、ゲームプレイ中の行いによって増減する「徳」の点数で勝敗が決まります。パッケージも渋く、非常にインパクトがあります。

    価格は8100円(税込)だそうですが、品薄状態が続いているそうで、これを書いている時点でAmazonでは2万円します(;´∀`)


    第6位 m-Stickシリーズ

    マウスコンピューター スティック型WindowsPC / m-Stick  (Win8.1withBing/AtomZ3735F/2GB/32GBeMMC) MS-NH1-AMZN
    USBメモリではありません。少し大きな端子はHDMIです。
    これ単体で通常のWindows8.1が動くパソコンです。

    マウスコンピュータが2014年11月に発売して以来、「スティック型PC」というジャンルが新たに生まれ、インテルを始め様々なメーカーが発売しています。

    性能は8インチ程度のタブレットPCと同じで最低限ですが、値段も2万円前後とお手頃なのでよく売れているようですね。

    これから買うのであれば、ファンつきのタイプが良いと思います。




    第5位 ヒット書籍


    自分はIT技術書かビジネス書しか読まないので詳しくないのですが、番組では以下の本が紹介されていました。
    • 鹿の王(上)、(下)
    • 火花
    • おかんメール
    「火花」はお笑いコンビの「ピース」のボケ担当又吉直樹氏の作品で、先日第153回芥川賞の候補に挙げられたそうです。

    「おかんメール」は、機械音痴な母親の送ってきたとんちんかんなメールをまとめた本で、現在3冊発売中。7月末には第4弾も出るそうです。いくつか紹介されてましたが、爆笑間違いなしです。



    第4位 Apple Watch


    これは説明不要ですね(;´∀`)

    iPhoneと連携して、通知を受け取ったり情報を見たりできるスマートウォッチです。

    自分はAndroid派なので縁がありませんが、これでスマートウォッチ自体が盛り上がって洗練されていくのを期待します。
    Androidには「Android Ware」というOSがあり、製品もいくつか出ています。

    このブログでは、Android Wareの発表より前に発売された、ソニーの「SmartWatch SW2」のレビューをしたことがあります。けっこう便利でした。


    第3位 レインボールーム


    レインボールーム

    たくさんの突起に輪ゴムをかけていき、編み込んでから外すとオリジナルのブレスレットができるというグッズです。
    編み方によって様々な模様を作ることができ、偽物まで出回っているほどだとか。



      第2位 レモンジーナ


      サントリー レモンジーナ PET420ml×24本入

      オランジーナの日本でのヒットを受けて、オランジーナ社とサントリーが共同で開発した日本オリジナル商品です。

      売れすぎて一時販売休止となったり、「土の味がする」と話題になったりもしました。
      そういえばまだ飲んだことがありません。一度は試さねば・・・。



      第1位 まいにち、修三


      (日めくり)まいにち、修造!

      常に熱い男松岡修造さんの熱い言葉が毎日いただける日めくりカレンダーです。
      カレンダーとしては異例の95万部の大ヒットだそうです。

      日めくりといいつつ、31日分しかないそうです(;´∀`)

      例えば2日の言葉は「考えろ!考えるな!」です。
      一見意味不明なこの言葉、実際は以下のような想いが込められているようです。
      不安や迷いが尽きなくて、クヨクヨ悩んでいるのか? 僕は、自分で変えられることは考える。自分で変えられないことは、一切考えない。人の性格や天気など、自分ではコントロールできないことは考えたって仕方がない。
      なるほどそのとおり!
      「7つの習慣」で言えば「関心の輪」と「影響の輪」の話ですね。

      Amazonの本の売れ筋ランキングで8位(2015/06/22 20:08現在)と、いまだに売れています。※スマステの影響もあるかもしれませんが。



      おしまいのひとこと


      自分は半分くらいは知ってるかな~という感じでした。
      こうしてみるとガジェットもあれば食べ物やサービスもあり、幅広く集まったなと思います。

      下半期はどんなヒット商品・サービスが生まれるのでしょうか。楽しみですね。

      それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ

      ▼こちらの記事もどうぞ

      ▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
      ▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

      スポンサーリンク