2013年8月31日土曜日

名書「7つの習慣」の新訳板「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」が発売されました

完訳 7つの習慣 人格主義の回復


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

ビジネス書の名書「7つの習慣」の新訳板「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」が割とひっそりと発売になっています。

「今読むべき本」みたいな特集ではほぼ必ず取りあげられていたり、自分の尊敬する人達がこの本に従って人生設計をしていたりします。

元の訳本は自分も以前読んで感銘を受け、連載記事を書きました。→「7つの習慣」連載一覧 | 羽根帽子の太公望

何となくあまり話題になっていないような気がするので、ご紹介したいと思います。



7つの習慣とは

7つの習慣(The 7 Habits of Highly Effective People)」は、スティーブン・R・コヴィーによって書かれ1996年に出版された書籍です。原著の初版は1989年です。

44ヶ国語に翻訳、全世界2,000万部、日本でも累計130万部を売り上げベストセラーとなっています。

(以上ウィキペディアより)

著者のコヴィー氏は残念ながら昨年亡くなられました。その氏没後1年を期に、『7つの習慣』が本来持つ「人格主義」に基づき、原書に忠実に訳し直したのが今回発売された「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」です。

 

 

主な内容

再訳に伴い、各習慣の名称が若干変わっています。

パラダイムと原則
第一の習慣 主体的である パーソナル・ビジョンの原則
第二の習慣 最終形を描いてから始める パーソナル・リーダーシップの原則
第三の習慣 優先事項を優先する パーソナル・マネジメントの原則
第四の習慣 Win―Winを考える 人間関係におけるリーダーシップの原則
第五の習慣 まず理解に徹し、そして理解される 共感によるコミュニケーションの原則
第六の習慣 シナジーを創り出す 創造的協力の原則
第七の習慣 刃を研ぐ バランスのとれた自己再新再生の原則
再び、インサイド・アウト

『7つの習慣』が、21世紀訳として登場します。 | 共同通信PRワイヤー・プレスサイト

元の訳比べると、より具体的になっている感じがします。

7つの習慣公式サイトでは、基礎原則の部分までを無料公開しています。メールアドレスを登録するだけで無料で閲覧できるそうです。

2013年の、あなたのために、訳し直しました。21世紀訳『7つの習慣』|7Habits.jp

 

で、どうなのよ?

えーっと・・・注文したのですがまだ届いていません(;´∀`)

届いてもかなり分厚い本なので、読むのは時間がかかりそうです。

まあ元の本を読んで、自分が何かめざましい成長を遂げたかと言えば決してそんなことは無く、未だにうつ病+睡眠時無呼吸症候群の治療中で仕事探し中なので、偉そうなことは言えないのですが・・・

それでもいろいろ本を読むようになったり、ネットとリアルで人脈を広げたり、資格を取ったりとがんばってはいます。この本を読まなければ、そんなに主体的に行動することはできなかったと思います。

 

 

以前読んだ「ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない」に書かれていましたが、大抵のビジネス書はその源流を辿るとこの「7つの習慣」に行き当たるそうです。であれば、変にあれこれ読みあさるより、この本1冊読んだ方が早いというわけです。

まだ読んでないうちからお勧めするのもうさんくさい話と思われるでしょうが、一応買ってはいるのでステマではありませんw

まだ「7つの習慣」を読んだことの無い方は、この機に手に取ってみてはいかがでしょうか。きっと損はしないと思います。

2013/09/05更新 公式サイトにどう変わったのかのポイントが掲載されました→17年目の決断。ここが変わった! 『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』のポイント |7Habits.jp




2013年8月30日金曜日

キングジムの「タブリオ」がenchantMOONを入れるのに割と良かった #enchantMOON #キングジム

r-DSC00727


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

キングジムから先日発売になったタブレットPC・ノート収納ケース「タブリオ」、早速入手しました。

これはenchantMOONを入れるのに割と良さそうだと思って試してみたところ、「割と良かった」です。写真でご紹介します。



スポンサードリンク

開封の儀

r-DSC00729

箱の裏面にはこんな解説が。

r-DSC00731

ポケットは柔軟性があり、少し伸びます。表側にはポケットが2個。

r-DSC00732

裏には1つついています。

r-DSC00733

7インチのMEDIAS TAB N-06Dを入れたところ。ポケットからはちょっとはみ出ますが、中央の板には収まってます。

この手のタブレットケースはポケットがたくさん付いていたりしますが、タブリオは非常にシンプルな作りになっています。

 

 

enchantMOONを入れてみる

r-DSC00734

かなりぎゅうぎゅうですが、入ります。いちおう8インチ用ですしね。

r-DSC00954

逆向きにしてみました。お、これはちょっといい感じかも。折り返したハンドルが傷よけになりそうです。

r-DSC00955

なんと言ってもペンホルダーに専用ペンを入れておけるのがいいです。

r-DSC00956

裏側にMEDIAS TABを入れても問題なし。

r-DSC00957

ただこの持ち手がちょっと邪魔です。enchantMOON側には倒せません。

r-DSC00958

反対には倒せますが、これだとMEDIAS TABが取り出せない・・・

r-DSC00959

切ってしまおうかと思いましたが、無理矢理中に折り込んで解決しました。

r-DSC00961

そしてこの小さいポケット。ここにあの面倒くさい専用USBケーブルを入れておけばなくす心配もありません。

ACアダプターも入れようとしましたが、さすがに厳しかったです。

 

 

まとめ

買うときはそこまで考えていませんでしたが、enchantMOON+タブレットのケースとして割といい感じだったのは予想外でした。

enchantMOON専用のレザーケースというのは出ていますが、7000円とかなりお高め。

タブリオSサイズ(~8インチ用)なら2500円ほどなので、こちらの方が安くすみます。

enchantMOONを使ってない方でも、タブレット用ケースとしてシンプルで便利だと思います。大きさはMサイズ(~10インチ用)もあります。色は赤、黒、グレーの3色です。

キングジムの意欲作、ぜひお一ついかがでしょう。

2013年8月29日木曜日

カジェット界の問題児がやってきた!enchantMOON開封の儀 #enchantMOON

r-DSC00491


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

遅くなってしまいましたが、ウチにも問題児がやってきました。

既に届いた方達の阿鼻叫喚はこちらにまとめられています→enchantmoonが届いた人の阿鼻叫喚まとめ - NAVER まとめ

自分のはどうでしょうか。開封の儀を行いました。



enchantMOON 開封の儀

r-DSC00492

いきなり箱の上に座り出すすず。止めとけということか・・・・!?

r-DSC00493

買っちゃった物はしょうが無いので、どかして開けます。柔らかいシートが蓋になってます。

r-DSC00494

そして蓋に入り込むすず。そこまで危険なのか・・・!?

r-DSC00495

すずをどかしてシートを取り出すと、注意事項の紙が。

r-DSC00496

内容物です。本体と首かけ用のストラップ、説明書、ACアダプター、USBケーブル、サポートの案内です。

r-DSC00498

これが本体。8インチなので思ったより小さく感じました。

r-DSC00499

底面にはACアダプターの入力端子、ヘッドフォン端子、USBケーブル用端子です。アダプター、USB端子は独自形状のため、同梱の物しか使えません。

r-DSC00501

右側面には何もありません。

ハンドルは折りたたむ位置にへこみがあり、そこにはまるようになっています。

r-DSC00502

左側面も何もありません。

r-DSC00503

上面。ここにカメラがあります。普通のタブレットとは違いますね。

r-DSC00504

裏面もスッキリしています。材質はプラスチックでは無く、金属なのでチープな感じはありません。

r-DSC00505

盾に持ったときの右上に電源スイッチがあります。充電中は赤、起動していると青(スリープ中も点きっぱなし)、起動中に充電すると紫に光ります。

 

起動

r-DSC00506

いきなり\(^o^)/オワタ

何度も電源を入れ直してみましたが、必ず内部エラーとなります。

サポートにメールすると、数日して返事が来ました。

「ダイアログは3本指スワイプで消せるので、その後一旦フォーマットして欲しい」

消せるのかよ!

言われたとおりにダイアログをキャンセルし、フォーマットをしました。

r-DSC00507

今度は無事に起動しそうです。

r-DSC00603

言語の選択。

r-DSC00604

ここで初めて3本指スワイプの説明が。先に教えてくれ・・・・

r-DSC00605

利用規約はさらっと流します。

r-DSC00607

名前を手書きで入れて設定。

r-DSC00608

日本語なのにボタンがHiです。

r-DSC00609

明るさの設定。オートにしときました。

r-DSC00610

無線LANの設定。アクセスポイントはSSIDをステルスにしていると設定できません。

r-DSC00611

無線LANのパスワード入力。さすがにソフトウェアキーボードが出てきました。任意に呼び出せるといいのですが・・・。

r-DSC00612

日付と時刻の設定。ネットワークがつながっていれば自動取得します。

 

チュートリアル

r-DSC00613

噂では途中で落ちるというチュートリアル。恐る恐る進めます・・・。

r-DSC00614

なんと無事に終わりました。ファームが上がって安定したのでしょうか。

r-DSC00629

電源ボタンを押すとスリープします。そして最初のうちはわかりにくいのですが、この宇宙のようなもやもや動いている画面がロック中の画面です。1本指で横にスワイプすると解除されます。

 

enchantMOONの第一印象

ハンドルが邪魔

正直メリットを見いだせません・・・。せめて専用ペンを収納できれば良かったのですが。

ペンを収納するところが無い

ということで、ペンは別途しまっておく必要があります。指での操作はコマンドの呼び出しや画面切り替えに使うため、指で文字を書くことはできません。

ただ逆に、ペンで書いているときに手が触れても影響は無いため、その点は良いです。

動作が重い

届いた時のファーム2.3.?では、書いてるときに線が着いてこなかったりしました。

ファームが2.4.2になってだいぶ改善されたようですが、たまーに遅れるときがあります。

指で囲ったりする時はキラキラとアニメーションするのですが、これが大抵遅れて表示されます。

外部インタフェースが独自

なぜmicroUSBにしなかったのか・・・。

あと自分の個体ではUSBケーブルの端子が奥まで入らず、斜めってしまいます。それでもPCからは認識するのでいちおう使えてはいます。

変換コネクタとか出ないかな・・・。

画面オフまでの時間が設定できない

ブロガーサミットの記事でも少し書きましたが、画面オフまでの設定が現状できません。オフまでの時間や、オフにしない設定もできるようにして欲しいところ。

ローカルの画像を開けない

PCに接続するとストレージとしてマウントされるのですが、PCから画像ファイルを置いても開く手段がありません。

結局、以下の手順で無理矢理画像を取り込みました。

  1. Google+フォト(Picasa)に画像を置く
  2. 適当な文字を書いて検索してGoogleのサイトを出す
  3. メニューバーから「写真」を選んで該当の画像を開く(Googleにログインしてなければログイン)
  4. スライドショーにして画面全体に表示させる
  5. ペンで外側を囲んでノートに取り込む

 

 

まとめ

今後もファームウェアの改良や、プログラムインタフェースのMOONBlockの追加などいろいろ予定されているようなので、だんだんと状況は良くなっていくとは思われます。

まあでも素人(ガジェット好きじゃ無い人)にはお勧めできません。4万あったら先日出たNexus7(2013)でも買った方が楽しめると思います。

enchantMOONは何かしらネタができたらまた取りあげたいと思います。ご期待下さい(してる人いるのか・・・?)。

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク