ラベル 便利グッズ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 便利グッズ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2016年10月6日木曜日

1000円以下で電源もいらない「ペットボトルつぶし 吸いまっせ!」


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャです。

この手の便利グッズが好きでいろいろ試しているのですが、去年の復職後から日々の生活でいっぱいいっぱいで紹介しないままどんどん時間が過ぎています(;´∀`)
これも1年以上前に入手していたのですが、最近Amazonでランキング上位に入ってるのであわてて記事にします。



ペットボトルはつぶしましょう?

そもそもどうなんだっけ?と思って軽く調べてみたら、自治体によってそのまま/つぶすがあるようです。
自分がこれまで住んだところでは全て「つぶす」でした。今住んでいる千葉市でもつぶして出すと書いてあります。

なぜつぶかまでは書いてないのですが、これもちょっと調べると「かさばるから」という理由くらいしか出てこず・・・。

まあお住まいの自治体で指定している出し方には従いましょうね。
つぶしておけば捨てるまでに置いておくときも場所撮らずに済みます。



ペットボトルつぶし 吸いまっせの仕組み


手のひらよりは大きな本体。
大きな注射器のような感じです。


丸い部分を持って引っ張ると空気が吸い込まれます。
そのまま押し込むと空気を戻してしまいそうですが・・・


握りの部分に穴が開いていて、押し込んだときはここから空気が逃げます。
そのため、何度も出し入れするとどんどん空気が吸い出されるようになっています。



実際につぶしてみた


ペットボトルに吸込み口を差し込みます。
この部分はエラストマー製になっていてずれにくく、段階的に大きくなっているのでいろんな大きさのペットボトルに対応できるようになっています。


あとは持ち手の空気穴を塞がないように数回出し入れすればOK。


あっという間にこんなに小さく・・・ってこれは元々柔らかい「いろはす」のペットボトルなので当然なのですが。



一般的なペットボトルでも・・・


ご覧の通り。吸い込む力はけっこうあるので、手で握りつぶすより圧倒的に楽です。


500mlの四角て固めのペットボトルでも。


けっこうがんばってくれます。

ただし。
ぐっちゃぐちゃになるわけではないので力がある方だと手や足で潰した方が早いのと、
ペットボトルはそれなりに復元力があるので放っておくとだんだん戻ってきます。

まあ手動ですし値段も安いので、期待しすぎない方が良いです。



おしまいのひとこと

正直あまり期待はしてなかったのですが、個人的には思ったよりつぶせるという感想でした。
Amazonでは賛否両論ですが、この値段なら持っておいて損はないと思います。


それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ



2016年3月26日土曜日

2016年の花粉症対策グッズ


今年も花粉症の季節がやってきました・・・ってもう過ぎつつあるのかもしれませんが(;´∀`)

過去に「何度もくっつくノーズパッド」という製品を紹介して、この時期たまにアクセスがあります。
以前は1つ100円でコンビニで売られてたのですが、今年からパッケージが変わったようなので、改めて紹介しつつ、他に利用している花粉症対策をご紹介します。
※薬などの効果には個人差があるので効果を保証するものではありません。


何度もくっつくノーズパッド


以前は1本入って100円だったのですが、今年になって2本で300円というパッケージに変わった模様です。(税抜)
そしてコンビニでは売られなくなったようです。
薬局や東急ハンズ、ロフトなどで見かけました。


こんな感じのケースになっています。
昔使ったのをまた利用しようと思ったら、面ファスナー(貼り付く部分)がパッケージのフィルムにくっついてしまってダメになってしまいました(;´∀`)
そのためこのような形になったのかも。


この部分、一般的なマジックテープのようにとげが出ているという感じでは無く、少しざらざらしているかな~という程度なのですが、マスクにしっかり貼り付きます。


このようにマスクに貼り付いて、鼻の間にできる隙間を埋めてくれます。




メガネをかけてる人が使えるマスクは写真の「快適ガードプロ(白元アース)」しかないのです。
鼻の部分に固い素材を使ってフィットさせるタイプのマスクは多数ありますが、どうしても呼吸がもれてメガネが曇ってしまいます。
しかし快適ガードプロはお高め。(5枚で300円ちょい)


このノーズパッドを使えば安いマスクでもしっかりと呼吸もれを防いでくれます。

これを書いている時点では、Amazonだと少し安くなって200円切ってますね。


フィッティ 7DAYSマスク エコノミーパック


ノーズパッドと同じ会社が出しているマスク。
コンビニで売られている、一週間分の7つ入りパッケージが商品名の由来です。

30枚で600円弱でした。しかし後述の製品によりこんなにいらなかったのでした・・・。


アレルシャット 花粉イオンでブロック


これも前から愛用している製品です。
顔に吹き付けると花粉を防いでくれるというもの。「イオン」というとなんかうさんくささも感じられて、どれだけ効果があるのかはわかりませんが・・・(;´∀`)

鼻の中に塗る製品もありますが、花粉症は目にも来ますしね。
吹き付けるだけなのでいろいろ面倒じゃないのが良いです。

そんなスプレータイプの製品はアレルシャット以外は無かったのですが、今年は複数の製品を見かけるようになりました。お好みでどうぞ。


アレグラFX

そしてこれ、アレグラFXです。
一般的な鼻炎薬と違って眠くなりにくく、口の中が乾きにくいのがポイントです。

自分は先週症状が出始めて鼻が止まらなくなったのですが、アレグラFXを飲み始めて二日後からは症状が無くなりました。

飲み始め当日は目の奥が乾くような感じやぼーっとする感じがしたのですが、二日目以降はなくなりました。

シーズンが終わるまで飲み続けるのがポイントらしいです。

病院でも処方してもらえる(「アレグラ」または各社のジェネリック)のですが、薬局で買うのでどちらがおトクかというと難しいところです。
薬価は処方の方が安いのですが診察代がかかるので2週間分とかだと市販の方が安あがりに、1シーズン3ヶ月分まとめて処方とかなら病院の方が安いようです。

用量は1錠60mgで同じですが、市販薬のアレグラFXは花粉症だけが対象なのに対し、処方のアレグラの方はじんましん、アトピー、喘息の予防にも効果があるそうです。

自分は去年まで心療内科で一緒に出してもらったのですが、今通っている病院では出してくれなかったので、マツモトキヨシのアプリで当たるクーポンを使って市販薬を買いました。


アイリスオーヤマ 空気清浄機


これは持っていなくて「欲しい!」と思っているのですが、アイリスオーヤマの空気清浄機です。性能的には特筆すべき点は無いのですが、小型で人感センサーが付いています。
玄関に置いておけば、帰宅時に衣服に付いた花粉を吸い取って室内に花粉を持ち込まずに済むわけです。

値段も1万ちょいとお手頃。欲しい・・・・



おしまいのひとこと

花粉症が出ると集中できなくなってしんどいですよね。
仕事休むほどの病気じゃないのでどうにかするしかありません。
しっかり対策して乗りきりましょう。


それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク