2012年7月31日火曜日

にゃんこ型イヤホンジャックカバーが届いた!

「ねこむらおたこ」さんのTwitterのつぶやきをついに商品化!「にゃんこ型イヤホンジャックカバー作ってみた」 | ニコニコショッピング(仮)

少し前にTwitterで話題になっていた「にゃんこ型イヤホンジャックカバー」がやっと届きました。



自分が注文したのは「ブラウン管の思ひ出」バージョンです。茶トラなのでこれにしました。

resize-DSC00688

正面。

resize-DSC00689

裏面。尻尾がかわいいです。

resize-DSC00690

そして下を見てみるとちゃんと肉球があります!

現在はニコニコショッピングでは買うことができないようですが、amazonで予約を受け付けています。気になる方はチェックしてみてください。

2012年7月30日月曜日

今あえて本の自炊をオススメする理由

resize-DSC00684

楽天Koboの立ち上げは成功とは言えないでしょう。問題を指摘している2、3000のユーザをたいしたことは無いと切って捨てる社長の言葉はちょっと信じがたいです。



電子書籍業界は混沌としています。以下のリンクをご覧下さい。

電子書籍の情報をまとめてみる

現在はこれに楽天Koboが加わっています。楽天は既にRabooというストアを運営しており、これはいずれKoboに集約するとのことですが、これだけ乱立しているとどこで買えば良いのか分かりません。

基本的にストアは端末またはアプリに縛られています。あるストアで買った本は専用の端末またはアプリでしか読むことができません。しかもラインナップはまだまだ紙の本に及びません。こんな不自由な環境って無いです。

また、電子書籍は必ずしも紙の本より安いとは限りません。この辺は色々事情があるのでしょうが、流通を経ていないのであれば少しぐらい安くても良いんじゃ無いかという気がしてしまいます。

 

電子書籍が買いづらいなら自炊すれば良いじゃ無い

であれば、あえて電子書籍を選ぶ理由は無くなってきます。本当に読みたい本を紙で買って、自炊して読む。これが今一番便利な読書の仕方だと思います。

自炊の仕方については以下の記事にまとめています。

羽根帽子の太公望: 参考書もビジネス書も自炊の勧め(手順とポイント)

そして読む端末としてはSonyReaderをオススメします。KoboTouchも値段の割にはよくできているとは思うのですが、やはりハードキーがあるのは便利だと思います。

羽根帽子の太公望: 本を自炊したら次は端末。SonyReader PRS-350をお勧めする4つの理由と、便利なソフトを紹介。

オススメしている「Reader PRS-350」は5インチなのでKoboTouchの6インチより小さいですが、そんなに問題は無いと思います。自分はこれで7つの習慣を読破しました。

 

まとめ

自炊してしまえばスペースも必要なく、たくさんの本を持ち歩くことができます。これは読書好きにはたまらない環境です。

初期投資はある程度必要になりますが、一度揃えてしまえばあとはほとんどお金はかかりません。(せいぜいカッターの刃を取り替えるくらい。自分はまだ変えたこと無いです。)

あなたに良き読書ライフを。

2012年7月29日日曜日

猫好きの方のための週刊すずと 7/23~7/29のまとめ

この週に撮ったすずの写真と投稿のまとめです。すずについては以下の記事をご覧下さい。

羽根帽子の太公望: うちの子(03/04)


 

この週に書いた記事

セミナーで新たに見ていただいた方へ、ムチャ(@mutoj_rdm821)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

うつ病で1年の休職後に復職できず、6月に退職して今は療養中です。今は体調良くなってきたので、勉強して資格を取ったり猫の写真を撮ったりしています。

人生リセットして、今まさに生き方を模索中です。せっかく時間があるので、いろんなことに挑戦していきたいと思っています。特にAndroidアプリの開発は頑張りたいと思ってます。もし何かAndroidを使っていて不便に感じていることがあれば、教えていただきたいと思います。TwitterやGoogle+(右上にバッジがあります)などで教えてください。

それでは今週もよろしくお願いします。

普通の人が出版するための6つのポイント #nsl6

resize-DSC00673

今日は立花岳志さん(@ttachi)主宰の「No Second Lifeセミナー」に参加してきました。テーマは「普通のサラリーマンが出版する方法」です。

立花さんは実際に本を出版されています。実体験に基づいた貴重な話を聞くことができました。今日はこのセミナーで得られた「出版するための方法」をまとめたいと思います。



オープニングセッション OZPAさん

オープニングのゲストセッションは、ブログ「OZPAの表4」で有名なOZPAさん(@OZPA)です。OZPAさんも「あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方」という本を出版されており、どうすれば出版できるのかについて語られました。

 

 ポイント1-まずはブログを始めよう

とにかく量をこなすこと。出版社は記事数を見て本を書くに足りる力があるかを見ます。

 

 ポイント2-チャンスに対する準備をする

ここで「前向きすぎて死んだやつはいない」という言葉が出ました。確かにその通り、チャンスが訪れたときに受け入れられるだけの準備をしておくに越したことはありません。具体的には、何か申し入れがあれば積極的に受ける、セミナー等にできるだけ参加するなどです。

 

メインセッション 立花さん

そしてメインの立花さんのセッションです。

まず200という数字が出されました。これは1日に出版される新刊の数だそうです。それだけ市場は書き手を求めている、であれば我々普通の人にもチャンスはあるということです。

 

 ポイント3-マインドセットを書き換える

本を出すにはまず、普通の人が普通の人じゃ無くならないといけません。

普通の人の普通の話が面白いか、読みたいと思うかと言えば、当然答えは「No」です。自分の売りを研ぎ澄ませ、普通じゃ無い人にならないといけません。

難しいことのようですが、自分では普通と思っていることでも、他人にとっては普通じゃ無いことという物が実はある物です。それを見つけて、先鋭化していけば良いのです。

 

 ポイント4-圧倒的な量の文章を書く

OZPAさんも語っていましたが、やはりブログで文章を書くことが大切です。1冊の本は大体10万文字、1つのブログ記事が1000文字とすると、1つのテーマで100本のブログを書けなければ、本を完成することができません。

文章を書くと言うことはアウトプットの訓練になり、蓄積したコンテンツは能力の証明になります。編集者の目にも留まる可能性が出てきます。

 

 ポイント5-企画書を書く力を付ける

これは意識したことがありませんでしたが、本を出すためにはまず企画書が必要になります。

これは1回で通るものでは無く、何度も練り直してアピールすることで、やっと出版にたどり着いたとのことでした。

企画が通らなくてもあきらめること無く、よりよい企画へと進化させていくことが必要です。

 

 ポイント6-使命感を持つ

自分は本を出さなければいけないという使命感を持って行動すること。

ただ有名になりたいとかではなく、どうしても伝えたい想い、誰かの役に立ちたいという使命感を持つことが一番大切だと締められました。

 

まとめ

ワークでは、自分がもし本を出すとしたらというテーマで参加者同士で発表をしあいました。実際に書き出してみると、もしかしたら・・・という想いも出てきました。

自分の場合、これまでの仕事の経験を活かしてAndroidアプリを勉強中なので、何かアプリを作ってそれなりに知られる様になったら、アプリ開発に関する本を出してみようと思い立ちました。

これを読んだ皆さんも、まずはブログを書くことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

懇親会にて

セミナー修了後の懇親会では、たくさんの人と名刺交換できました。

特に、自分がブログやSNSを始めるきっかけとなった本「クラウド「超」活用術」を書かれた北さん(@beck2140)と、やっと直接お会いできたのは嬉しかったです(オンラインではちょこちょこ交流させてもらっていたのですが)。

他にも先週のセミナーでは名刺交換できなかったHAYA(@haya1111)さん、ばんか(@bamka_t)さん、はま(@Surf_Fish)さん等々。

そしてjMatsuzaki(@jmatsuzaki)氏にはサインを書いてもらいました。

resize-DSC00681

私の愛しいアップルパイへ。いいですね~。

こういった交流はやはり実際に参加しないと得られないメリットですね。

他にも今回初めてお会いした皆さん、今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

推薦図書

立花さんからの推薦図書を紹介しておきます。というか自分用メモ。

2012年7月28日土曜日

【企画】ブログを効率良く書くための工夫 #spdblog5

Ays-8QqCEAMkhG6

はまさん(@Surf_Fish)の立ち上げたこの企画に乗ってみようと思います。

【企画】ブログを効率良く書くためのあなたの工夫について教えてください。 #spdblog5 | はまラボ


1.ブログを効率良く書きたい理由はなんですか?

ブログを書いている理由が「うつ病からのリハビリのため」なので、できるだけ効率よくアウトプットを創出するのがポイントだと思っているからです。

 

2.一つの記事を書くのにかかる時間はどのぐらいですか?目標時間はありますか?

だいたい30分~60分くらいです。30分で仕上げたいところです。

 

3.ブログを効率良く書くために工夫している点を箇条書きで3~5つほど書いてくれませんか?

  • 専用のエディター(WindowsLiveWriter)を使う
  • 日本語入力はATOKを使う
  • ATOKのお気に入り文書機能を使う
  • アイデアは思いついたらすぐにEvernoteに書き留める
  • RSSで気になる記事はPocketに送っておく

 

4.先ほどあげてもらった工夫の中の1つについて熱く語ってくれませんか?

ATOKはとても便利です。ブログを書くには日本語を入力しまくるわけで、変換効率や推測変換は最も高率に関わってくる要素だと思います。

最新版では、辞書をオンラインで複数のPCやAndroidと同期できます。これがまたすごいです。

お気に入り文書機能で、スニペットの入力も楽にできます。

本当はキーボードもREALFORCEを持っているのですが、レッツノートのキーボードもそれほど悪くないのと机が狭くなるので使っていません。

ATOKpassportなら月300円で利用できます。

日本語入力システム ATOK Passport

 

5.ブログを速く書きたい人のために紹介できる記事はありますか?(他人の記事も、自分の記事も可)

最近グッときたのはjMatsuzaki氏のこの記事です。

ブログで掲げるテーマ選びに迷ったら「Why?」で絞れ! | jMatsuzaki

自分の記事では、WrindowsLiveWriterのプラグインを紹介しています。

羽根帽子の太公望: Windows Live Writerでお勧めのプラグイン5つ

 

まとめ

形から入るタイプなので、WindowsLiveWriter、Evernote、ATOKと道具が並びました。

本当はインプットからどのようにネタを吸い上げて蓄えるかというところが大事なのでしょうが、今のところそんなに意識してはいません・・・。今後の課題ですね。

何かの参考になれば幸いです。

2012年7月27日金曜日

ニコニコ神社再び

resize-DSC00652

ガンダムフロントに行ったあとは、またニコニコ神社へ行ってきました。2回目です。



去年の今頃はうつ病で休職したばかりで、何もできない状態だったので、ニコニコ神社の生放送を眺めて時間が過ぎるのを待っていました。なので、ニコニコ神社にはなんかとてもお世話になった気がするのです。

今日も、仕事復帰とブログの宣伝のお願いをしてきました。

励ましのコメントをたくさんいただきました。ありがとうございます。

ブログは100名くらいの方がアクセスして下さったようで、ありがとうございます。もしよろしければ、TwitterやGoogle+をやっているのでフォローして下さると嬉しいです。

resize-DSC00654

神様の皆様を撮影させていただきました。ピースありがとうございます。

また行きたいと思います。

お台場合衆国の期間はずっと開設されているので、ついでにお参りをしてみてはいかがでしょうか。かわいい巫女さんと5万人以上の神様が迎えてくれますよ。

お台場の「ガンダムフロント」潜入レポート

resize-DSC00650

通院の後、唐突に「お台場行くか」と思い立って、ダイバーシティ東京内にある「ガンダムフロント」に行ってきました。



まずチケットを購入

セブンイレブンで前売り券を買うことができます。現地でも変えますが若干高くなります(1200円→1000円)。

位置時間毎の時間指定があるので、自分の行く時間に合わせて購入します。

「GUNDAM SINGLE HISTORY」を聞きながらテンションを上げて電車を乗り継いでいきます。

 

無料ゾーンでガンプラを堪能

resize-DSC00651

入口の横に、チケット無しでも見られる「ガンプラTOKYO」があります。歴代のガンプラがずらりと並んでいます。

resize-DSC00635

ガンダム進化の歴史。

resize-DSC00636

ガンプラの最高峰、パーフェクトグレードのガンダムMk-IIです。やっぱり迫力が違います。

resize-DSC00646

同じくパーフェクトグレードのガンダム試作一号機フルバーニアン。後ろにはZガンダムとザク。

resize-DSC00649

同じくパーフェクトグレードのシャアザクです。

このゾーンには他にも大量のガンプラが展示されています。ファンなら熱くなること間違いなし。

 

そして中へ

入ってまず最初に行くのは、「DOME-G」という全天候型スクリーンのシアターです。ここは撮影禁止なので、公式サイトのイメージを。

シャアのナレーションで歴代のガンダムシリーズの紹介のあと、シャアとアムロの戦いがCGで展開されます。そして最後は・・・ぜひ実際に見て確かめてください。

 

展示ゾーンへ

シアターのあとは、奥にある展示ゾーンへ入れます。ここには制作資料などが見られる「ミュージアムスペース(撮影禁止)」、1/1コアファイター、1/75000ア・バオア・クー、1/1ストライクフリーダムガンダム胸像があります。

DSC00637

ストライクフリーダムガンダム。SEEDでしたっけ・・・これは見てないので分からないのです・・・。

DSC00638

ラストシーンのコアファイター。リアルです。

DSC00639

コクピット内は計器が動いています。

DSC00643

ア・バオア・クーです。よく見ると小さなモビルスーツがたくさんいます。

DSC00644

裏面に回るとホワイトベースやガンダム、ジオングがいます。

resize-DSC00634

何故かシャープのお掃除ロボット「COCOROBO」とハロのコラボモデルが置いてありました。しゃべってお掃除します。

 

以上潜入レポートでした。個人的には、ガンプラが熱かったです。

ガンダム好きの方、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。もちろん外には1/1ガンダムがあります。

resize-DSC00633

ガンダムフロント東京

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク