2013年10月29日火曜日

うつ日記 2013/10/29 なんとかこなしてます

就職活動に疲れた男性 恭平photo by pakutaso.com

猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

仕事復帰して8日目、何とかこなしてます。

今年の1月~3月は一旦復帰しましたが、その後睡眠時無呼吸症候群がわかってまた休職し、17日から勤務しています。

とりあえず近況だけでもアップします(;´∀`)



夜はぐったり

睡眠時無呼吸症候群の治療を開始して3ヶ月経ち、今のところ仕事中は居眠りとかせずにやれています。しかし家に帰って11時くらいになるともう眠くなってしまいます。やっぱり疲れてるんですかね~。

仕事がきついとは感じてはいないのですが、まだ慣れていないようです。もう少し時間がかかりそうです。

 

 

夜中に目覚めることがしばしば

しばらくなかったのですが、また夜中に目が覚めるようになってしまいました。眠れていない感じはないので、無呼吸になっているわけではないと思うのですが、ちょっと気になります。

心療内科には毎週行くようにして、薬を調整しています。先週末は睡眠薬のアモバンを少し増やしてもらいました。が、まだ目が覚めてしまいます。こちらも体が慣れるまでもう少し時間がかかりそうです。

 

 

ブログもなかなか書けず・・・

10月14日に昭和記念公園へコスモスを撮りに行ってきたのですが、まだその記事を書けていません。

たぶん今頃はちょうどいいくらいだと思います。お時間ある方はぜひ行ってみてください。

r-DSC01773

ちょっと出し。旬を過ぎる前にアップしなくては(;´∀`)

もう少しすると紅葉も楽しめると思います。これも撮りに行こうと思っています。

 

 

Ruby苦戦中(;´∀`)

今日はRubyで問題が発生していて解決できずに時間切れになってしまいました。

Railsを使っていて、あるモデルクラスでActiverecordのcreateメソッドがなぜか未定義になってしまってエラーになっています。クラス名を指定して呼ぶことはできるのですが、なぜかインスタンスで呼び出すことができません。ご存じの方ヘルプ!

解決できたらまたブログに載せようと思います。

 

 

そんなわけで何とかがんばっています(;´∀`)

すずのためにもがんばって稼がねば。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ

2013年10月27日日曜日

猫好きへ贈る週刊すずと 2013/10/21~10/27の振り返り #猫 #cat

r-DSC01889


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

猫好きの方もそうで無い方へも贈る「週刊すず」と2013/10/21~10/27に書いた記事の振り返りです。すずについては上の「すずについて」タブをご覧下さい。雄の茶トラ猫(2歳)です。

仕事復帰したので家にいる時間が減り、すずが退屈してそうです。放っておくと、椅子に座っている自分に飛びかかってきます。爪を出して上ってくるので、いつも左腕が痛いです(;´∀`)



週刊すず

RX100M2で撮影。長辺2048ピクセルに縮小。全てクリックで拡大します。)

r-DSC01890

すずのストレス解消に自動おもちゃを使います。飽きずに遊んでくれます。

r-DSC01891

はしっ

r-DSC01892

大体ついて行けずにこうなります。

r-DSC01893

素早い動き!

r-DSC01894

そしてまた転がってしまう。

r-DSC01895

手を出すも逃げられる。

r-DSC01896

すかさず追いかける。

r-DSC01897

左右に振られます。

r-DSC01898

今度は捕まえた!

r-DSC01899

寒い日は猫用ホットカーペットの上。もうサイズギリギリになってしまいました。

r-DSC01900

割と気に入ってるようです。

r-DSC01901

ペットハウスに入れて遊んでやるところ。

r-DSC01902

入口で手を動かしてやるとじゃれてきます。

r-DSC01903

がじがじ。

r-DSC01904

じっと狙いを定める。

r-DSC01905

しゅぱっ。

r-DSC01909

朝。カーテンの向こうで日課の鳥観察。

r-DSC01910

寒い日が続いているので、足の上によく乗ってきます。

r-DSC01911

足をぺろぺろ。

r-DSC01912

こっちも暖かいです。

r-DSC01913

(ΦωΦ)ジーッ

r-DSC01914

そろそろ足がしびれてきたよ・・・(;´∀`)

 

 

この週に書いた記事の振り返り

水電池NOPOPO(ノポポ)

20年の保存期間はスゴいのですが、100均で単3電池が6本100円のお店もあるので、値段を考えると厳しいですね~。もちろん、定期的な入れ替えは必要になってきますが。

この値段で売ってたら、せっかくなので買っておくと良いと思います。

Rubyistへの道

Javaとは微妙に書き方が違って、簡単なことでも「えっと・・・」となってしまうことがしばしば(;´∀`)

やっておいて損はないと思っているので、がんばります。基本的に覚え書きですが、役立つ情報も載せていきたいと思います。

まどか☆マギカ 新編

今日もう一度見てきました。2回目にもかかわらず、すっかり入り込んでしまって時間を忘れてしまいました。見せ場が多いので、飽きさせません。

特典の色紙を5種類コンプしたいですが、今週だけなんですよね・・・。見るのはかまわないのですが、時間とられてしまうのが何とも。ちなみに2枚目はさやか&杏子でした。マミ&なぎさが欲しいな~|д゚)チラッ

THEATER | 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語

 

仕事復帰して、1週間通しで勤務はなんとか終えました。さすがに夜は眠くてブログも毎日更新は無理でした。薬を調節したので、今週はもう少し余裕を持って行きたいところです。

それではみなさま今週もよきガジェットライフを(´∀`)ノ

すずの写真はすべてこれで撮っています。

2013年10月26日土曜日

皆が望んでいた「5人で戦う姿」と、期待を裏切らない展開に大満足!-劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語

r-DSC01908


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

今日から公開が始まった「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」を早速見てきました。去年(ほぼ一年前!)、前作の「[前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語」を見てすっかりその世界にはまってしまいました。

なるべくネタバレの無い範囲で、感想を綴ってみたいと思います。ネタバレ部分は伏せておきます。

前作の前編・後編を見ていない方には、既に公式のあらすじでネタバレが入ってしまってるので、まずはそちらを見てみてください。「魔法少女」とついていますが、とてもお子様向けでは無いダークファンタジーです。



あらすじ

鹿目まどか。かつて、

幸せな日々を送っていた平凡な一人のの少女が、

その身を賭してすべての魔法少女たちを

残酷な運命の連鎖から解き放った。

まどかへの想いを果たせぬままに取り残された

魔法少女・暁美ほむらは、

彼女の残した世界でひとり戦い続ける。

「懐かしいあの笑顔と再び巡り会うことを夢見て--

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 INTRODUCTION

 

描かれるのはまどかが救ったの後の世界、既にさやかは円環の理に導かれいなくなっているはず。少々寂しい展開になるかと思いきや・・・

 

これまでの鬱憤を晴らすかのような魔法少女全開

なぜか舞台は5人全員が揃って登場します。いなくなったはずのまどかやさやかもいて、そこにほむらが転校してきます。

そして始まる戦闘、5人の変身シーン、決めゼリフと、まるでプ○キュアを見ているかのような「魔法少女物」全開のシーンが拝めます。

これまでのまどマギでは、魔法少女は単独で戦うシーンばかりで、そこが少し寂しかったです。できれば一緒に戦う姿を見たかった・・・そう思っていた方も多いのでは無いでしょうか(いくつか出ているゲームでは見られるようですが)。

今回バッチリ拝めます。マミさん&まどか、さやか&杏子の合体技まで飛び出したり(技名はよく聞き取れず)。もちろん「ξ(✿>◡❛)ξ▄︻▇▇〓〓ティロ・フィナーレ」も聞くことができます。

また、その後繰り広げられるほむらvsマミさんの対決は見物です。以下の予告映像の0:20くらいでもちらっと出てきますが、激しい打ち合いの末、互角にやりあう二人。しびれます。

そしてなぜかマミさんと仲良く登場するお菓子の魔女「シャルロッテ」がかわいいです。

魔法少女まどか☆マギカ ミニクロスコレクション シャルロッテ

 

しかし物語は次第にダークへ・・・

誰もが望んだ平和な生活、しかしどこか違和感を感じるほむら。物語は期待通り(?)ダークな方向へ進んでいきます。

やっぱりそこはまどか☆マギカ、そんなに簡単に終わりません。どんどん深まる謎、明るい雰囲気が徐々に暗転して行きます。

 

そして迎える結末。ホッとしたのも束の間・・・!!!!!

 

ぜひその瞬間は劇場で見てください。

 

圧巻の完成度

r-DSC01907

魔法少女たち勢揃いの戦い、ほのぼのとした日常。前作の終わり方からしてあり得ない世界を描きつつ、最後まで飽きさせない展開、衝撃のラストと、非常に完成度の高い作品になったと思います。

まあ普段ほとんど映画という物を見ない自分が言うのもなんですが・・・。2時間がものすごく長い時間に感じられました。

見終わって、「あのキャラの行動はこういうことだったのか」というのがいくつもあって、とりあえず明日もう一度見に行ってきますw

主題歌も即予約しました。なんか先日通しで見た「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」との相乗効果で、ClariSにすっかりハマってしまっています。

ラストシーンの考察(ネタバレなので伏せておきます・・・RSSで見えちゃったらごめんなさい。)


見たい方はこの行をクリックしてください。

 

まだ未体験の方はぜひ!

r-DSC01906

劇場版前編・後編は既に発売されていますし、2013年12月にはTV版のBlu-rayBOXも出るようです。

TBSテレビでは2013年11月4日深夜に前編が、11月6日深夜に後編が放送されます。そこでは別の局での特番に盛り込まれたトークパートの一部も放送される予定だそう。

また、テレビ東京では11月4日に公開記念番組『2時間でわかる! 魔法少女まどか☆マギカ』が放送される予定で、前後編を再編集して新編に至る内容を紹介するほか、公開を迎えた劇場からのリポートも予定されており、ナレーションをほむら役の斎藤千和が担当するとのこと。この機会にぜひ!・・・というか自分もチェックしなければ。

そして新編を見る方はぜひパンフレットも買って下さい。スタッフインタビューは内容の裏話なども収録されていて面白いです。もちろん読むのは見終わってからにしましょう。

興味を持っていただけたでしょうか。基本的に自分は人に勧めたいと思わなければ記事にしないので、普段アニメや映画を見ない方が、少しでも気になってもらえたら嬉しいです。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ


2013年10月24日木曜日

Java屋からRubyistへの道~1. RSpecでActiveRecordのモックを使ってテストを行う

2013-10-21 20.28.59


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

昨日書けなかった具体的なソースを紹介していこうと思います。お題は「Rubyの単体テストにRSpecを用いて、ActiveRecord::Baseを継承したモデルクラスのモックを作ってテストを行う方法」です。



シチュエーション

今作っている機能は、クライアントからの要求を受けてその内容を解析し、適切なモデルクラスを生成した後に、その結果を返す部分です。

モデルクラスは並行して別の人が作っているため、まだ実体はありません。この部分をモックで置き換えます。

RSpecは2.14.??を使っています。あ、バージョン調べてくるの忘れた(;´∀`)

以下のようなSampleModeleクラスがあったとして。


class SampleModel < ActiveRecord::Base
#コンストラクタはオーバーライドしてない
#def initialize
:
end

モックオブジェクトを作るには、doubleメソッドを使います。同時にインスタンス変数もセットできます。


#モックオブジェクトを生成する
mock = double(“TestModel”)
#インスタンス変数もセットしておく場合
mock = double(“TestModel”, :id => 123, :name => “test” ・・・・)

SampleModelを生成するところがあるわけですが、それをこのモックオブジェクトに差し替えたいです。

ActiveRecord::Base.stub(:new).and_return(mock)

対象のモデルクラスはコンストラクタ(initialize)をオーバーライドしていないため、スーパークラスのActiveRecord::Baseの:newシンボルを差し替えます。(Rubyでは文字列を表すのにシンボルという方法があってうんたらかんたら・・・というのはまた別の機会に)


stubメソッドで置き換え対象のメソッドを指定し、and_returnメソッドにその戻り値を指定します。こうすると、SampleModelクラスのインスタンスを生成しようとしたときに、実際は生成コードが実行されずに、単にmockを返すだけの動きになります。

また、生成後に別のメソッドも置き換えたい場合は以下のようにします。


#メソッド呼び出しを何も実行しないように置き換える
mock.stub(:create).and_return()
#対象のメソッドが、適切な引数で呼び出されたかを検証する
mock.should_receive(:find).with(10)

stubメソッドで指定したメソッドは、実際のメソッドが呼ばれず、何もせずに抜けます。戻り値が指定されていればそれが返ります。

テストなので検証する必要がある場合、should_receiveメソッドでメソッド名を指定すると、テスト中に呼び出されなかった場合はテストが失敗します。さらにwithメソッドに渡されるべき引数を指定しておくと、呼び出されても引数が異なる場合はテストが失敗します。

この辺の条件は様々な指定ができて、「once」で1回だけ、「twice」で2回、exactly(n).timesでそれ以外の回数とかたくさんあります。以下の記事がまとまっています。

Ruby on Rails: The RSpec Book 読破記録: 14章から | DYO.JP ver.2

 

ところが最近は違うらしい

というわけで目的は果たせたのですが、RSpecの構文は今転換期を迎えていて、should~でなくてexpect~を使うようになっているようです。上のコードは以下のようになる模様(帰りの電車でわかったのでまだ試してません・・・)


allow(ActiveRecord::Base).to receive(:new).and_return(mock)
#メソッド呼び出しを何も実行しないように置き換える
allow(mock).to receive(:create).and_return()
#対象のメソッドが、適切な引数で呼び出されたかを検証する
expect(mock)to receive(:find).with(10)

他にも細かい内容は以下のページに(英語)

rspec/rspec-mocks · GitHub

なぜshouldではなくexpectを使うようになったかは、以下を辿っていくとわかるかもしれません。

Ruby - RSpecのshouldはもう古い!新しい記法expectを使おう! - Qiita [キータ]

 

というわけでRubyのRSpecを使ったテストにおける、モックの使い方でした。

もちろんこれを使って適当に呼び出しを検証してもダメで、「適切な引数を渡していること」「想定する戻り値を返したときにきちんと動くこと」を検証しなければなりません。でないと実際に結合して動かしたときに動かなくて、「お前は何をやっていたんだ」と言われてしまいます。

新しい事ばかりで問題が山積みですが、1つ1つ解決していこうと思います。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ


2013年10月23日水曜日

Java屋からRubyistへの道~0. 初めてのテスト駆動開発

2013-10-21 20.28.59


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

先週から仕事復帰しております。元々自分はJavaをずっとやってきていて、C++を大学時代に少し、perl・VBをちょっと・・・という感じです。

新しい現場ではRubyをメインに開発をすることになりました。せっかくなので、つまずいた点や解決方法を覚え書きとして残しておきたいと思います。



そもそもRubyとは

Ruby(ルビー)は、まつもとゆきひろ(通称 Matz)により開発されたオブジェクト指向スクリプト言語であり、スクリプト言語が用いられてきた領域でのオブジェクト指向プログラミングを実現する。

Ruby - Wikipedia

歴史は古く、発表されたのは1995年です。開発者は日本人ですが、世界的に利用されており、開発者も世界中にいます。

「Rubyist」はRubyの愛好者のこと。別にJava以外(゚⊿゚)イラネというわけではないので、この機にRubyをバッチリ習得してやろうという意気込みです。

 

 

今回のお題はテスト

開発手法の1つに「テスト駆動開発(test-driven development; TDD)」というのがあります。まずテストコードを書いてから、そのテストが通るように実装を行うという行程を繰り返すものです。

先にテストを書くので、あるモジュールを作っているときに、そこで使う別のモジュールは当然ながらまだできていません。そんなときには「本来あるべき振る舞いをする仮のモジュール」を使います。これはモック(Mock)/スタブ(Stub)などと呼ばれます。

モックとスタブは厳密には違うようなのですが、とりあえずここではモックと呼びます。興味ある方はこの辺の記事などを→Ruby on Rails でのモックとスタブの作成

 

Rubyでテストを行うフレームワークとして「RSpec」というのがあります。今回はこれを使います。バージョンは2.14.??です(忘れた)。

バージョンが上がるにつれて色々と変わっていることが多くて、目的の情報にたどり着くのが大変でした・・・。

 

どう書いたか忘れたwwwww

とここまで書いて、実際にどうやって解決したか忘れましたwwwwww(´Д⊂ヽ

もちろん仕事場のgitサーバー上にはあげたので大丈夫ですが、今回はここまでということで・・・・

たぶんこれからもたくさんハマると思うので、新しく覚えたことや解決した問題などを書き留めていきたいと思います。(そのためにSyntaxHighlighterも導入してある)

進化の早い世界なので、下手に本を買うよりググった方がいいかな・・・とも思ったのですが、最初の写真にある本はRuby本の中でも歴史が古く、第4版ではRuby2.0にも対応していて良さそうだったので買いました。とりあえず土台の部分はしっかり作っておかないといけませんしね。

早速自炊してタブレットに入れてます。

Ruby始めたばかりなので、内容におかしなところがあったらどんどん突っ込んでいただけると助かります。お返しにJava教えますw

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ

2013年10月21日月曜日

20年保存できる水電池とラジオのセットが280円で投げ売りされてたので買ってみた

r-DSC00963


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

水電池NOPOPO(ノポポ)」というのをご存じでしょうか。電池に空いている穴から水を注入すると電気が発生し、未開封なら20年保存できるという乾電池です。

一時期雑誌やテレビで取りあげられましたが、あんまり話題は続かずにヒッソリと売られているのを見ていました。

だんだん値段も下がっていったのですが、先日(といっても8月の終わり頃ですが)ビックカメラで写真のラジオとのセットが280円と投げ売りになっていたので即座にゲットしました。

今でもこの値段で売ってるかはわかりませんが、ちょっと前でもまだあったと思うので、今でも売ってるかも。



開封の儀

r-DSC00964

パッケージに「20年未満の長期保存が可能」と書いてあります。「未満」というのがちょっと弱気です(;´∀`)

r-DSC00965

裏にも色々書いてあります。電力が弱まった場合は再度注入をすると数回使える、ラジオは48時間使える(注水回数4~5回)などなど。

r-DSC00966

内容物。AM/FMラジオとNOPOPO2本、スポイトが入っています。

r-DSC00967

スポイトが付いているのはいいですね。真水じゃ無くてもジュースや泥水などでも平気だそうです。

r-DSC00968

電池はビニールで包まれています。+側に穴が空いています。

r-DSC00969

そしてラジオ。小型でAM/FM対応、スピーカーも付いています。通常の単3電池でも使えます。

r-DSC00970

アンテナもそこそこ伸びます。

r-DSC00971

音量と選局はダイヤル式。

 

使って・・・みるのはもったいないので記事を紹介

家電Watchで色々試している記事があるのでそちらをご紹介します。

家電製品ミニレビュー - 日本協能電子「水電池 NOPOPO」 - 家電Watch

普通の電池より電圧は高めの2.0Vで電流は弱めとのことで、セットの機器以外には使わない方がよさそうです。

ちなみにラジオを普通の電池で聞いてみましたが、問題無く使えました。

 

 

280円なら買い!

ラジオだけでも280円なら十分買いだと思います。Amazonだと同じセットが1000円弱するので、気になる方はビックカメラへ行ってみてください。

他にもライトのセットや、AMのみのラジオとのセットなどもありますが、なぜか安いのはこのAM/FMラジオセットだけでした。

最近のアルカリ電池は大体のメーカーで10年は保存できるようになってきていますが、アルカリ電池は機器に入れっぱなしにしておくとだんだん消耗していき、そのまま過放電させると液漏れが発生します。アルカリ電池を備蓄している方は注意しましょう!

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク