2012年5月17日木曜日

「7つの習慣」その4 第2の習慣:目的を持って始める

7つの習慣―成功には原則があった!

読んだ気になる「7つの習慣」連載その4です。今回は、7つの習慣の2つめ、「目的を持って始める」です。

  1. 「7つの習慣」その1 ベースとなる考え方
  2. 「7つの習慣」その2 人生には2つの成功がある
  3. 「7つの習慣」その3 第1の習慣:主体性を発揮する

新しい人生の脚本

「人生は筋書きの無いドラマ」と言われると思います。しかし、実際は他人から与えられたものによって形成されていることが多くあります。親、友人、先生、テレビ、ネットの口コミ・・・。そういうものによって脚本が作成され、その通りに行動してしまう。

そのため、この脚本を書き直すためのプロセスが必要になります。自分の実行している脚本は自分の奥底に眠る価値観に基づいているものでなく、意図的に選択したものでもなく、周りの状況や他の人にゆだねた結果だと気づくことです。

自分がどういう人間なのかを自覚し、想像力で自分の将来の姿をイメージし、良心によって道を踏み外すことなく歩む。この3つの力が、自らの脚本を書き直す力を与えてくれるとされています。

3つの力で自分自身を見つめ、人生の目的を明確にしてから行動することが大切です。

 

自分の原則を知る

自分の生活で何を中心に置くか、そう聞かれると、お金、仕事、遊びなどをイメージすると思います。中心に置いたものによって、人の行動は変わってきます。そして、多くの人は周りの生活環境の様々な要因に強い影響を受け、中心がコロコロ変わってしまいます。

自分の中心が繰り返し変えていくと、生活の浮き沈みはジェットコースターのようになってしまいます。一貫した方向性がなく、継続的に頼れる知恵も無く、力の根源は不安定です。

中心に置くべきは「原則」だとコヴィー氏は言います。原則とは、他人や物事に影響されてぶれることがない、基本の考え方です。これは「構成であること」「誠実であること」「人に貢献すること」など、自分が大切にしたい強い価値観のことです。

原則を中心に持ち、それに照らして行動を選択する。そうすれば、生活のあらゆる側面において一貫性が保たれ、主体性を発揮することができるのです。

 

ミッション・ステートメントを書く

ミッションとは使命、ステートメントとは宣言です。ミッション・ステートメントを書くとは、自分の人生では何が大切で、自分がどうなりたいかを宣言することです。

最初は簡単な一言でもかまいません。そこから、夫・妻、父親・母親、部下・上司など、様々な生活の場面における自分の役割を書き出し、それぞれに目標を設定します。そしてどんな場面でもそれに基づき一貫した振る舞いをするのです。

まずは書き始めてみましょう。そして、ミッション・ステートメントに基づいた行動を心がけ、定期的に見直して、少しずつ作り上げていきましょう。

 

まとめ

自分の中心なんて、考えたことはありませんでした。日々の生活は、常に足下だけを見て状況に対応するだけ、という感じでした。まずはミッション・ステートメントを書き出すことから始めようと思います。

その5→「7つの習慣」その5 第3の習慣:重要事項を優先する
2012年5月16日水曜日

「7つの習慣」その3 第1の習慣:主体性を発揮する

7つの習慣―成功には原則があった!

読んだ気になる「7つの習慣」連載その3です。今回は、7つの習慣の1つめ、「主体性を発揮する」についてです。

  1. 「7つの習慣」その1 ベースとなる考え方
  2. 「7つの習慣」その2 人生には2つの成功がある


主体性とは何か

コヴィー氏によれば、「人間として自分の人生に対する責任を取ること」とあります。人は嫌なことがあると、「自分が悪いんじゃない、~のせいだ」と他人や環境のせいにしがちです。

しかし、そう考えた時点で、問題は停止してしまいます。状況は何も変わらず、延々と続く問題の中で苦しむだけです。

環境に流されることなく、自分で「選択」して行動する。これを意識するだけでも日々の行動の意義が変わってきます。

 

「影響の輪」を意識する

主体的に行動するために必要なのは、「自分の行動が周りにどんな影響を与えるのか」をきちんと理解する事が必要です。

そこで役立つ考え方が、「関心の輪」と「影響の輪」です。関心の輪とは、自分の関心の範囲のことです。それに対して、影響の輪は関心がある物の中で、自分が直接影響できる範囲のことです。例えば、過去の体験や天気は関心の輪に入りますが、影響の輪には入りません。一方で、人間関係、勤務態度、家庭生活は影響の輪に入ります。

2012-05-16 13h01_40

普段の生活で、自分ではどうにもならないことに思い悩み、時間やエネルギーを使ってしまっていることはよくあると思います。しかし、それは「影響の輪」の外にあることです。

そうではなく、自分が変えていけることにエネルギーを使った方が、状況を変えていけるきっかけになります。

 

「影響の輪」を広げていく

影響の輪は、自分で広げていくことができます。自分で意識して行動を選択(=主体的に行動)し、周囲に働きかけて行くことで、自分の影響力が少しずつ大きくなっていくからです。

 

小さなことから始める

主体的に行動しても、必ずしも望む結果が得られるわけではありません。それでも、できることは自分で行動することだけです。なぜその結果を招いたのかを考え、間違えがあれば修正し、行動し続けることで、徐々に影響の輪を広げていくのが大切です。

そのためには、小さな約束や目標をクリアすることから始めましょう。

早起きをする、何事も人のせいにしない、毎日ストレッチをするなど、小さなことをまずは30日間続けてみましょう。

裁く人より光を与える人になり、批判者より模範になる。問題を作り出す人ではなく、問題の解決に貢献する人になる。(p120)

 

まとめ

どうしても自分の思うとおりにならない。そういうことは良くあります。

大抵の場合、そこで思考停止してしまいます。しかし、この本を読んで、自分の中から外へ影響を与えるように、意識して行動をしていくことで、何かしらできるのかもしれないと思うようになりました。

常に主体性を持って日々生活することで、より良い人生を送りたいですね。

その4→「7つの習慣」その4 第2の習慣:目的を持って始める
2012年5月14日月曜日

「7つの習慣」その2 人生には2つの成功がある

7つの習慣―成功には原則があった!

読んだ気になる「7つの習慣」連載その2です。今回は、7つの習慣の構成についてです。

  1. 「7つの習慣」その1 ベースとなる考え方


人格主義

著者のコヴィー氏によれば、本当の成功のためには「人格主義」の発想に基づいて自分を変えることが必要であると言います。

これは土壌を育て、水をやり、樹木を根から育てるような発想で、自分を成長させる考え方です。うわべだけのスキルやテクニックを磨くことは、短絡的、表面的成功を得ることしかできません。そういう人は仕事では活躍できても、その他の面ではボロが出てしまうことが多くなります。

真の成功のためには、誠実さや人柄を磨くことで信頼を築く事、根本的な根っこの部分を育てることが重要です。

人格を育てれば、根がしっかりとはられるため、人生のあらゆる場面で良い結果を引き寄せることができます。

習慣化

人はすぐには変われません。手順を踏んだプロセスが必要です。

スポーツでいきなり難度の高い技を披露できる人は居ません。毎日少しずつ練習を積み重ね、徐々に上達していきます。同じように、自分の行動を改善するためのプロセスを何度も練習してて、問題を解決する力を付けていきます。

このプロセスを習慣化することで、周囲と深い信頼関係が築かれていきます。7つの習慣は、このように習慣化すべき7つのアドバイスから構成されています。

2段階の成功と成長

コヴィー氏は7つの習慣を下の図のように2段階の成功と成長に分けています。

2012-05-14 13h14_41
(「まんがと図解で分かる7つの習慣」より)

人間は生まれたときは誰かに依存した存在です。誰かに頼らないと生きていけません。それが成長するに従って、自立した存在になります。

しかし、「自立」とは名ばかりの人が多いのが事実です。単に経済的に自立しているだけでは、真の自立とは言えません。

依存の段階では、「あなた」というパラダイムを持っています。「あなた」が私を世話する、「あなた」がやってくれないとダメだ、結果が出ないのは「あなた」のせいだ、ということです。何でも他人のせいにして状況が変わるのを待っているだけの人は、自立したとは言えません。

これが自立に至ると、「私」になります。「私」の責任だ、「私」が結果を出す、「私」は選択できるということです。コヴィー氏は自立を手に入れることを「私的成功」とし、そのために必要なのは第1~第3の習慣としています。

さらに相互依存まで成長すると、「私たち」というパラダイムになります。「私たち」はできる、「私たち」は協力する。より大きな困難に対し、協力してすばらしい結果を得ることができます。相互依存に至ることができると「公的成功」で、そのために必要なのは第4~第6の習慣です。

そして高めた自分を肉体、精神、知性、社会・情緒の面から磨き上げていくプロセスが第7の習慣です。

まとめ

コヴィー氏が言うような自立という概念には、当たり前ながら到達できていませんでした。「成功」とは「失敗しないこと」で、失敗することを恐れながら生きてきたと思います。

もっと大きな視点を持たないといけません。パラダイムシフトが必要ですね。

休職がいい機会だったと思います。これを機に、生まれ変わったつもりでこれからの日々を過ごしていきたいと思います。


次回は第1の習慣「主体性を発揮する」についてまとめてみます。


その3→「7つの習慣」その3 第1の習慣:主体性を発揮する

2012年5月13日日曜日

5/6~5/12 先週のすず&まとめ

先週撮ったすずの写真



床でのんびり。

爪研ぎに片手を置いて。

キャットタワーでぐっすり。

高みの見物。

怒られてごめんなさいの図。

 

5/6~5/12の記事まとめ

今週は調子が良くない日が多く、金曜日はブログをおやすみしてしまいました。来週は復職のための産業医面談があるので、気にせず体調を整えていきたいと思います。

「7つの習慣」はとても良い本でした。マンガ版も今日届いたので、早速読みます。続きも徐々にアップしていきます。

新機種続々発表ですね。ウィルコムはまだかなー??もう出たら即買いです(;´∀`)

2012年5月12日土曜日

「7つの習慣」その1 ベースとなる考え方

7つの習慣―成功には原則があった!

ずっと気になっていた、「7つの習慣」を読みました。500ページ以上とかなりのボリュームがあり、時間がかかってしまいましたが、とても多くの気づきと学びを得ました。

今回は、導入部で語られている、7つの習慣のベースとなる考え方について書いてみます。




パラダイム

パラダイムという言葉をご存じでしょうか。

パラダイムシフト - Wikipedia

一般用語としてのパラダイムは「規範」や「範例」を意味する単語であるが、科学史家トーマス・クーン科学革命で提唱したパラダイム概念が、その意図からは誤解となるほどに拡大解釈されて一般化されて用いられ始めた。拡大解釈された「パラダイム」は「認識のしかた」や「考え方」、「常識」、「支配的な解釈」、「旧態依然とした考え方」などの意味合いで使われている。

人はそれまで生きてきた中での経験や受けた教育により、それぞれのパラダイムを持っています。あらゆる行動や態度が、自身の持つパラダイムを通して決定されます。それは人によって全く異なる場合もあるかもしれません。

重要なのは、「1つのパラダイムが全てではない」と言うことです。

 

原則中心のパラダイム

人は皆、自分の生活や人間関係を、自身のパラダイムを通して見ています。しかし、見えたものはあくまでも「主観的な現実」にすぎず、そのものを表現しようとする努力に過ぎません。

「客観的な現実」は人間の成長や幸福を司る原則からなっています。

原則とは破られることのできない自然の法則です。それは応急処置的な解決方法、スキル、テクニックではなく、普遍的で変わることないものです。

原則は永続的な価値を持っており、人間の行動に正しい方向性を与えてくれるガイドラインとなるものです。それは「公正さ」「誠実」「奉仕」「貢献」といったもので、「卑劣」「堕落」「無駄」というものではありません。後者のような原則が人生において基盤となるようなことはありません。

原則に従ったパラダイムを持つ人格を形成することは、永続的な幸福と成功を得ることに繋がります。

 

インサイド・アウト(内から外へ)

インサイド・アウトとは、自分自身の内面(インサイド)を変えることから始めるということであり、自分自身の根本的なパラダイム、人格、動機などを変えることから始めるということです。

まず自分から変わること。自分のあり方を変えることにより、自分の外にある物をプラス方向に転換していこうと言う考え方です。

自身の変化の扉を開けるのは、自分だけなのです。

 

まとめ

振り返ってみると、今までものすごく視野の狭いメガネを通して世の中を見て来たと思います。

自分のパラダイムを通して見えたものが全てであり、それ以外は異常である、そういった考えの元、あらゆる判断を行ってきました。

しかし、それは自身の成長を促すことはなく、周りへ影響を与えることもありません。

そんな自分は今うつ病で休職することになっています。

まず自身が変わること、その上で周りへ影響を与えること、これが目指すべき人生の道であることを理解しました。

気になった方は、是非読んでみてください。図書館で借りるのではなく、自分で手に入れて何度も読み返すことをお勧めします。

どんなものかはわかりませんが、漫画版もあります。こちらも今度買ってみようかと思います。


その2→「7つの習慣」その2 人生には2つの成功がある

2012年5月10日木曜日

今日で100記事!ブログを毎日更新することで得たこと3つ

この記事でブログ100記事になりました!ありがとうございます。

連続更新は2/12から初めておよそ3ヶ月です。毎日書くネタがあるかどうかちょっと心配でしたが、なんとか続けてこれました。

自分の中で得られたと思うものが3つあります。



インプットの質が上がる

これまでもインプレスWatchや@IT、各種ブログなどを読んでいましたが、単に読むだけでその情報は頭のスルーしてしまっていました。

これが、「何か記事にできるものは無いか」という観点が加わったことにより、より多くの情報を得ようとして、これまでよりも内容を理解する力が上がってきています。

 

文章力が上がる

ブログは読んでもらうものです。必然的に、相手に分かるように書くようになります。

説明や画像を加えたり、できるだけ分かりやすいように説明しようとします。

これが結果として、文章力の向上に繋がっていると思います。

 

好奇心が増える

まあ「ネタ探し」ではあるのですが、色々なことにチャレンジしてみようという気持ちが増えました。

「あれを買って試してみよう」「あのお店に行ってみよう」という気持ちが以前よりも大きくなっています。ブログを書くことで、何か新しい事を始めるきっかけが増えたと感じています。

 

ブログを始めるのは簡単です。このブログはGoogleのBloggerというサービスですが、Gmailのアドレスを持っているなら既に準備は完了しています。上部の黒いバーの「もっと見る」の中に「Blogger」というメニューがあります。ここから新しいブログを作ることができます。




何となく日々過ごしてしまっているかな・・・と思う方は、どうせ無料なのでブログを始めてみてはいかがでしょうか。何か得る物があると思いますよ。

2012年5月9日水曜日

母の日にプレゼントを贈る

今度の日曜日は母の日です。

毎年このくらいの季節になると、楽天のランキングに母の日ギフトが目立つようになってきます。

【楽天市場】総合 | デイリー売れ筋人気ランキング(1位~30位) - ランキング市場


今年は以下のショップでカーネーションを購入しました。

母親は花が好きで実家の庭中花だらけなので、ぴったりです。

親孝行、いつまでできるか分かりません。できるときにできる限りのことをしておきたいものです。まだ決めていない方は、上記ランキングから良さそうなのを選んでみてはいかがでしょうか。

実はあんまり気にしないで買ったら、既に届いてしまいました(;´∀`)

ありがとうのメールをもらいました。喜んでもらえたようで良かったです。

早く復職して、安心させてあげたいです。

2012年5月7日月曜日

ドコモの新機種発表会が5/16に開催

今日通知が行われました。

メインはウィルコムなのですが、ドコモのMEDIAS TABを使っているので無関係ではありません。気になります。

2012年5月6日日曜日

4/29~5/5 今週のすず&まとめ

今週のすず

すず(オスの子猫)の成長記です。何枚か撮った物をまとめて載せていきます。

なぜか台所で水が落ちるのを眺めるのが好きなすず。

DSC00173



棚の上でぐっすり。

DSC00177

トイレでおやつ作戦進行中。今のところ順調です。

DSC00180

尻尾ぶんぶん。

DSC00188

床で寛ぐ。

DSC00200

布団の上で。ミニチュア効果で撮影。

DSC00204

「にゃ~」と鳴いているところ。

DSC00209

今週のまとめ

今週も毎日更新できました。もうすぐ100投稿になります。振り返りはその時にやれば良かった斗少し後悔(;´∀`)

連休の頭は雨が続き、そのせいか体調も悪く気分も落ち気味で何もできませんでした。来月から復職というのに心配です・・・。当たり前のことですが、早寝早起きを心がけて体調を整えていこうと思います。体調良ければスカイツリー行ってみたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。また1週間よろしくお願いします。

2012年5月5日土曜日

スーパームーン現象をサイバーショットDSC-HX30Vで撮影

今日は月が地球に最も近づく日だそうです。

ニュース - 科学&宇宙 - 週末にスーパームーン、迷信の真偽は?(記事全文) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト


月の軌道は楕円形のため、地球との距離が最も近い近地点と、最も遠い遠地点が存在する。「スーパームーン」という呼び名が使われるようになったのは1979年頃からと言われており、月が近地点で満月(または新月)になることを指す。この現象は平均して1年に1回は起こるという。

これはデジカメの出番です。買ってからすずを撮るくらいにしか使っていないDSC-HX30Vを取り出します。夜景モードで三脚を使いました。

夕暮れ時。(クリックで拡大)

DSC00211

暗くなってきたところをトリミング。(クリックで拡大)

スーパームーン2

暗くなってからトリミング。(クリックで拡大)

スーパームーン3

少し引いて町並みを写しつつ。これはベランダに手を置いて撮りました。(クリックで拡大)

DSC00233

実際の所、普段見てないと違いが分からないという(;´∀`)

でもデジカメを買ったかいがあります。これからも何かイベントがあれば色々な物を記録していきたいです。


以前書いた記事。「天体ショーを見てデジカメを欲する」

Windows Live Writerでお勧めのプラグイン5つ

ネコ好き電脳ガジェットクラスタなプログラマー ムチャ(@mutoj_rdm812)です。

@jmatsuzakiさんの記事を見て、以前使ってみたものの何となく合わないと感じて使うのを止めてしまった、Windows Live Writerをもう一度使ってみることにしました。

Windowsユーザ向けブログエディタの決定版!Windows Live Writerがあまりに便利!! | jMatsuzaki



記事を読んでいると、プラグインがあるとのこと。なんと!知りませんでした。OMG!!

少し調べてみましたので、お勧めプラグイン一覧を書いてみようと思います。

Code Snippet plugin for Windows Live Writer

   1: packages test
   2:  
   3: public class HelloWorld{
   4:     public static void main(String[] args){
   5:         System.out.println("Hello World");
   6:     }
   7: }

ソースコードを挿入できるプラグインです。行番号を付けたり行毎の色分けができます。特に何も追加で登録すること泣く、上記の表示ができます。


http://plugins.live.com/writer/detail/code-snippet-plugin-for-windows-live-writer

 

Flickr4Writer


猫


Flickrから画像を検索して挿入するプラグインです。画像は自動的に投稿元がリンクされます。


2012-05-05 12h10_09


http://plugins.live.com/writer/detail/flickr4writer

 

Polaroid Picture




画像に枠やキャプションを付けてポラロイド風に挿入するプラグインです。右側に以下の設定が表示され、サイズ、キャプション文字列とフォント、傾き、テキストの配置、枠のスタイルを変更できます。


2012-05-05 12h07_58


http://plugins.live.com/writer/detail/polaroid-picture

 

Text Template


2012-05-05 12h05_05


よく使う文章やHTMLを保存して、いつでも挿入できます。カテゴリを分けて管理することができます。


http://plugins.live.com/writer/detail/text-template

 

Import and Export Wizard for Windows Live Writer


2012-05-05 12h11_40


Windows Live Writerの設定の保存と復元ができます。PCが変わったり再インストールした場合でも、設定を引き継ぐことができると思います。


http://plugins.live.com/writer/detail/import-and-export-wizard-for-windows-live-writer

 

標準で可能なブラウザからの引用


Windows Live Writerをインストールすると、IEのコマンドバーにボタンが追加されます。


2012-05-05 12h20_46


テキストを選択してこのボタンを押すと、引用した状態で記事作成状態になります。




「G-Tune NEXTGEAR-NOTE i300」

4月29日 発売
価格:6万円~14万円台

 株式会社マウスコンピューターは、11.6型でありながらクアッドコアの第3世代Core i7とGeForce GT 650Mを搭載可能なゲーミングノートPC「G-Tune NEXTGEAR-NOTE i300」シリーズを4月29日より発売する。


【PC Watch】 マウス、第3世代Core i7+GeForce GT 650M搭載の11.6型ゲーミングノート


元記事のURLと共に挿入できます。


 


まとめ


プラグインの追加でさらに便利に利用する事ができそうです。


気になるのは、Windows8で「Windows Live」ブランドが消滅するというニュースが流れていたことです。

Microsoft、Windows 8で「Windows Live」ブランドを消去へ - ITmedia エンタープライズ


Windows Live Writerがどうなるか分かりません。特にプラグインについては過去記事等を見るとリンク切れになっていたりして、上記サイトからずっとダウンロード可能かどうかは不明です。早めに落として保存しておくのがいいかもしれません。


▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク