ラベル セキュリティ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル セキュリティ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2015年5月28日木曜日

Twitter乗っ取り対策に2段階認証を設定しよう!設定方法まとめ


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャです。

つい最近、Twitterでまたレイバン激安情報のスパムツイートを見かけました。依然としてアカウント乗っ取りは続いているようです。
その対策として、2段階認証の設定方法を書いておきます。まだ設定してない方は、確認してみてください。

※2015/05/28時点での設定方法です。変更になる場合もありますのでご注意ください。


設定手順


Twitterの2段階認証は、ヘルプを見ると「ログイン認証」と呼ばれています。
ちょこちょこ仕様が変わっているようで、以前は日本では利用できなかったのですが、現在は利用可能です。

手順は以下の通りになります。
  1. メールアドレスを確認する
  2. アカウントに電話番号を設定する
  3. iOSまたはAndroidのTwitter公式アプリでログイン認証を設定する
このうち、2まで設定すればSMSを利用した2段階認証が使えます。が、試したところSMSがすぐ届かなかったりすることがあったので、3の公式アプリを使った方法の方が便利だと思います。



1.メールアドレスを確認する


以前はこの手順は必要なかったようですが、2015/05/28時点では必要になります。
確認が済んでいない場合、PCでブラウザからtwitterの設定→ユーザー情報を出すと、上部に「メールアドレスの変更がまだ確認できていません」と表示されます。


また、スマホの公式アプリでログイン認証を設定しようとすると、「メールアドレスの確認が終わっていません」的なメッセージが出て設定できません(スクリーンショットを撮り忘れました・・・)



メールボックスに、上記のようなメールが来ているはずなので、「確認する」をクリックすれば完了します。


メールが来ていない場合は、ブラウザ版のTwitter設定画面に出ている「確認メールを再送信」ボタンを押して再送信しましょう。
何も出ていない方はそのまま進んでください。


2.アカウントに電話番号を設定する

Twitter公式アプリを利用する場合

公式アプリをスマートフォンにインストールします。
以下はAndroid版の画面で説明します。


設定→アカウント名を選択します。


電話番号追加を選択すると、次画面で自動的に番号が入力されるので、そのまま登録ボタンを押します。


確認コードが記載されたSMSが届きます。
本来はこの画面のまま待っていれば、受信したSMSを勝手に認証してくれると思うのですが、自分の端末ではなりませんでした。

その場合、下の「コードを手動で入力」をタップして、記載された6桁の確認コードを入力します。


確認コードが正常に入力できれば、「電話番号が追加されました」と表示されて完了です。


このとき、上記のようなSMSが届きます。「標準データプランで課金されます」とありますが、実際は課金されることはありません。

ブラウザで設定する場合


設定→セキュリティとプライバシーで表示される「ログイン認証」の項目に、「携帯電話の登録」へのリンクがあります。


リンク先の画面で電話番号を入力します。このとき、先頭の0は除いて入力します。(「090~」なら「90~」)


携帯電話に届いたSMSに記載された確認コードを入力すれば登録完了です。


この段階で、SMSを利用した2段階認証を設定することは可能ですが、スマートフォンアプリを使った認証の方が簡単なので、そちらを先に説明します。



3.iOSまたはAndroidのTwitter公式アプリでログイン認証を設定する



設定→アカウント名→セキュリティと選択していきます。
ログイン認証のチェックボックスを入れます。


確認のダイアログはOKを押します。
バックアップコードのスクリーンショットを保存するかどうか聞いてきますが、「はい」で保存しても以下のような暗い画面になってしまいました。
自分でスクリーンショットを撮るかメモした方が良いです。


「はい」で保存されたスクリーンショット。うっすら見えます(;´∀`)


バックアップコードは、設定したスマートフォンが手元にないときに使えます。スクリーンショット(Android4以降なら電源+音量の下同時押し)を撮って別に保存しておくか、メモを残しておきましょう。



実際にログインしてみる



ブラウザからユーザー名とパスワードを入れると、このような画面になります。


同時にスマホに通知が来て、選択するとこのような画面になります。
チェックボタンを押すとログインが完了します。
心当たりがなければ✕を押せばログインできません。

上の画面で、「ご利用の携帯電話にSMSでログイン認証コードを送信」を選択するとSMSを使ったログインができます。

また、「保存したバックアップコードを利用してログイン」を選択すると、バックアップコードでのログインができます。

どの方法も選べるため、アプリを利用したログインに設定しておくのが便利です。


※ちなみにスマホ公式アプリでログインを試しましたが、SMSによる認証になりました。どうもこの辺ちぐはぐです・・・。


おまけ:SMSを使ったログインに設定する方法


「それでもやっぱりSMSがいい!」という方のために書いておきます。


ログイン認証の設定で、[電話番号]にログイン認証リクエストを送信を選択すれば、SMSを使ったログインに変更できます。


選択すると、SMSが届くかどうかのテストが行われます。


送信するを押すと、上のようなメッセージが届きます。


届いたら、次のダイアログで「はい」を選択します。


パスワードを聞かれるので、再入力します。


これで変更完了です。ちょっと面倒ですね。


おまけ2:仮パスワードを生成する


使う局面がイマイチわからないのですが、例えばGoogleアカウントの場合は2段階認証に対応していないクライアント(Android端末など)でログインするときに使う固有パスワードのように、「仮パスワード」を生成する事もできます。一応書いておきます。


設定の「パスワード」→「生成する」を選択します。


現在のパスワードを入力します。


仮パスワードが表示されます。パスワードの有効期間は1時間です。



おしまいのひとこと


レイバンのスパムは単にリプライを送られるだけですが、パスワードを変えられたらアウトです。
ぜひ2段階認証を設定して乗っ取りに備えてください。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ

【こちらもチェック】

2015年5月21日木曜日

一人暮らしの防犯対策に!後付できるドアモニター「パナソニック ドアモニ VL-SDM210」


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャです。

自分の住んでいるアパートは玄関のドアにのぞき窓がありません。そのため、来客には注意を要します。

そこでパナソニックの後付できるドアモニタ「ドアモニ」を設置して使っていました。
その後、上位機種のモニター販売に当選し、安く購入できたので上位機種に乗り換えました。今回はその上位機種「VL-SDM210」のレポートをお送りします。




開封の儀



箱の裏。新しい物を開けるときはワクワクしますね。


中身です。ドアに設置するカメラ部、充電台、子機と電池が入っています。


旧機種の親機と比較。今回購入したのは中位モデルで、リチウムイオンバッテリーを搭載していて、充電台から外しても使えます。


カメラ部のバッテリーケース。
電池はアルカリまたはニッケル水素の単3型を4本使います。大体半年持つようです。



設置


メーカーのページに取り付けに関する注意がイラスト付きで載っているので、事前に確認しておきましょう。

実際に取り付けたところです。カメラ部とバッテリー部でドアを挟み込むように設置します。


カメラ側は前後に動くようになっているので、ドアに合わせて付属の六角レンチでねじを締めればOKです。
説明書ではドアの上部に付属の両面テープを貼って固定するとあるのですが、挟み込むだけでも安定します。バッテリー部には磁石がついているので、鉄製のドアならより安定します。


モニターしてみる



親機充電中。
カメラと親機は無線でやりとりするため、配線は不要です。

また、このモデルは左下の「押しながら話す」ボタンを押すと会話も可能になっています。これが非常に便利。



モニターボタンを押すと、3秒くらいでカメラと繋がります。


写りました。画角は左右約91°となっており、結構広く写ります。
一段階ズームも可能です。


バッテリー内蔵なので親機だけ持ち歩いて使えます。お風呂の時などに便利。


カメラの感度は高く、夜でもけっこう明るく映ります。
一応アパートの廊下に蛍光灯があるのですが、そんなに明るくありません。


親機からカメラのバッテリー容量も確認できます。


VL-SDM210では応答したときの映像を自動録画する機能が付いており、後で映像を確認できます。ただし、留守中の自動録画はできません。(上位モデルでは可能)


細かいところでは、交流周波数による色むらの防止設定や、


コントラストの調整、


カメラ電池セーブ設定があります。セーブにすると電池の持ちは良くなりますが、接続に時間がかかるようになります。

また、ドアと親機の距離が長い場合に別売りの中継アンテナ(KX-FKD2)も用意されています。



ラインアップ



ラインアップは3種類。
最上位のVL-SDM310では、チャイム音を検出して留守中の録画を行う機能や、その画像をメールで通知したり、スマートフォンを子機として利用することもできます。ちょっと欲しい!

お値段はVL-SDM310が約18000円、VL-SDM210が約13000円、VL-SDM110が約9500円となっています(2015/05/21時点 Amazon価格)。



おしまいのひとこと


何かと物騒な世の中、防犯対策としてドアモニターは非常に心強いです。
後付できるので賃貸住宅でも大丈夫。一人暮らしの方は検討してみてはいかがでしょうか。特に女性にはオススメです。


それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ


▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク