2016年1月31日日曜日

電気のいらない加湿器のコンパクトな新型「ちょこっとオアシス プラスC」


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャです。

乾燥するこの季節、オフィスに加湿器があればいいですが、無いと辛いですよね。

ミクニという会社が出している「ちょこっとオアシス」シリーズは加湿フィルターに水を吸わせて気化させる、電気不要の加湿器です。
初代のちょこっとオアシスはもう10年近く前に発売されたのではないかと思います。

フィルター形状に様々なバリエーションのものが発売されてきましたが、メインのちょこっとオアシスは2代目のプラスが出た後、昨年末に3代目「ちょこっとオアシス プラスC」が発売されました。今回はこれをご紹介します。




外観をじっくり眺める


普通にコップに水を入れたのと比較すると10倍以上の蒸発量・・・というのは初代から同じだった気がします。


中身はこんな感じ。手のひらサイズです。


蓋を開けると、細かく折り畳まれたフィルターが開きます。
表面積を増やすことで蒸発しやすくしているわけです。


タンクのキャップを外して水を入れます。


タンク部分は外すことができ、フィルターの先端が出てきます。

フィルターは交換可能で、1シーズン毎の交換が目安となっています。


水はタンクのFULLのラインまで入れます。

キャップをして蓋を閉じると水はほぼこぼれない(完璧に密閉されるわけではありません)ので、水を入れて運ぶ途中にこぼすことはほぼありません。

初代は単なるトレーの上にフィルターを乗せたものだったので、水がこぼれやすく大変でした(;´∀`)


プラスとの比較


初代を使っていたのはだいぶ前なので無くしてしまったのですが、2代目のプラスは出てきました。
上がプラス、下がプラスCです。CはコンパクトのCなのかもしれません。


左がプラス、右がプラスCです。プラスCはコンパクトなのですが、タンクが大きくなっており高さは増しています。


開いたところ。プラスの方がフィルターが大きいですが、プラスCは180度開くようになっています。


ラインナップ


ちょこっとオアシスプラスCのラインナップはフィルターとキャップの色違いで、グリーン、イエロー、ピンクの3色あります。
お値段は書いている時点で1620円(税込み)となっています。ちょっとお高いでしょうか(;´∀`)

他にも様々なタイプが発売されており、タワー型に上に伸びるタイプや花のように開くタイプ、もっと大きなプランターのような物など、いろんなシチュエーションに合わせて選べます。

フィルターがディズニーのキャラクターになったものや、水にちょっと加えて香りを出す「香りの雫」というのもあります。


おしまいのひとこと

部屋全体を加湿するパワーはありませんが、机に置いて自分の回りの空間だけ加湿するのにぴったりの製品です。
電気を使わないので、大抵の職場では使っても大丈夫だと思います。

コンパクトになって持ちはこびも楽になった「ちょこっとオアシスプラスC」をぜひ試してみてください。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ




▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク