2022年6月14日火曜日

充電ワット数が分かるUSB Type-C PD対応充電ケーブル

 

みなさまこんにちは。ムチャ@うつ病SE(@mutoj_rdm821)です。

USB TypeCでPD対応の充電ケーブルはものすごい種類が出ていると思いますが、どういう基準で選んでいますか?

自分は「何か変わった機能が付いている物」を選んで買っています。

今回購入した「Mcdodo」(読み方不明・・・)というブランドのケーブルも、変わった機能を持っています。どういう製品かをご紹介します。


この製品の特徴

今回2本購入しています。

  • TypeC-TypeC PD対応充電ケーブル 1.2m ブラック 型番CA-8820
  • USB A-microB 充電ケーブル 1.2m ブラック 型番CA-7480
両方とも、片側にディスプレイがついていて、充電中のワット数が表示されます。
前者については、PD充電かどうかの印も表示されます。

内容物はケーブルのみですが、コネクタは金属で剛性があり、ケーブルはナイロン編みで高耐久、ケーブルホルダーもついていて品質は高いです。

ただし通信はUSB2.0相当(480Mbps)なので注意です。



使用しているところ


TypeCのケーブルは、PD100Wまで対応しています。PD充電されているときには「PD」という文字が点灯します。写真ではPD充電ではないので点いていません。

ちなみに100W対応の充電器とバッテリーを繋いだ場合に、100Wと表示されることを確認しました。


microBの方は単純にワット数だけ表示されます。18Wまで対応しています。



バリエーション

今回紹介した2本以外にも、
  • USB A-TypeC
  • TypeC-ライトニング
があり、それぞれ色はブラックと、スライパーというちょっと金色っぽい色が用意されています。



まとめ

充電中のワット数がわかるUSB Type-C PD対応充電ケーブルのご紹介でした。

ケーブルは多くの種類が販売されており、品質もまちまちですが、このケーブルは品質が高く機能性もあるのでお勧めの逸品です。

もし気になりましたら以下からチェックしてみてください。



それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ



0 件のコメント :
コメントを投稿

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

▼スポンサーリンク