2012年5月5日土曜日

Windows Live Writerでお勧めのプラグイン5つ

ネコ好き電脳ガジェットクラスタなプログラマー ムチャ(@mutoj_rdm812)です。

@jmatsuzakiさんの記事を見て、以前使ってみたものの何となく合わないと感じて使うのを止めてしまった、Windows Live Writerをもう一度使ってみることにしました。

Windowsユーザ向けブログエディタの決定版!Windows Live Writerがあまりに便利!! | jMatsuzaki



記事を読んでいると、プラグインがあるとのこと。なんと!知りませんでした。OMG!!

少し調べてみましたので、お勧めプラグイン一覧を書いてみようと思います。

Code Snippet plugin for Windows Live Writer

   1: packages test
   2:  
   3: public class HelloWorld{
   4:     public static void main(String[] args){
   5:         System.out.println("Hello World");
   6:     }
   7: }

ソースコードを挿入できるプラグインです。行番号を付けたり行毎の色分けができます。特に何も追加で登録すること泣く、上記の表示ができます。


http://plugins.live.com/writer/detail/code-snippet-plugin-for-windows-live-writer

 

Flickr4Writer


猫


Flickrから画像を検索して挿入するプラグインです。画像は自動的に投稿元がリンクされます。


2012-05-05 12h10_09


http://plugins.live.com/writer/detail/flickr4writer

 

Polaroid Picture




画像に枠やキャプションを付けてポラロイド風に挿入するプラグインです。右側に以下の設定が表示され、サイズ、キャプション文字列とフォント、傾き、テキストの配置、枠のスタイルを変更できます。


2012-05-05 12h07_58


http://plugins.live.com/writer/detail/polaroid-picture

 

Text Template


2012-05-05 12h05_05


よく使う文章やHTMLを保存して、いつでも挿入できます。カテゴリを分けて管理することができます。


http://plugins.live.com/writer/detail/text-template

 

Import and Export Wizard for Windows Live Writer


2012-05-05 12h11_40


Windows Live Writerの設定の保存と復元ができます。PCが変わったり再インストールした場合でも、設定を引き継ぐことができると思います。


http://plugins.live.com/writer/detail/import-and-export-wizard-for-windows-live-writer

 

標準で可能なブラウザからの引用


Windows Live Writerをインストールすると、IEのコマンドバーにボタンが追加されます。


2012-05-05 12h20_46


テキストを選択してこのボタンを押すと、引用した状態で記事作成状態になります。




「G-Tune NEXTGEAR-NOTE i300」

4月29日 発売
価格:6万円~14万円台

 株式会社マウスコンピューターは、11.6型でありながらクアッドコアの第3世代Core i7とGeForce GT 650Mを搭載可能なゲーミングノートPC「G-Tune NEXTGEAR-NOTE i300」シリーズを4月29日より発売する。


【PC Watch】 マウス、第3世代Core i7+GeForce GT 650M搭載の11.6型ゲーミングノート


元記事のURLと共に挿入できます。


 


まとめ


プラグインの追加でさらに便利に利用する事ができそうです。


気になるのは、Windows8で「Windows Live」ブランドが消滅するというニュースが流れていたことです。

Microsoft、Windows 8で「Windows Live」ブランドを消去へ - ITmedia エンタープライズ


Windows Live Writerがどうなるか分かりません。特にプラグインについては過去記事等を見るとリンク切れになっていたりして、上記サイトからずっとダウンロード可能かどうかは不明です。早めに落として保存しておくのがいいかもしれません。


▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク