2012年5月5日土曜日

スーパームーン現象をサイバーショットDSC-HX30Vで撮影

今日は月が地球に最も近づく日だそうです。

ニュース - 科学&宇宙 - 週末にスーパームーン、迷信の真偽は?(記事全文) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト


月の軌道は楕円形のため、地球との距離が最も近い近地点と、最も遠い遠地点が存在する。「スーパームーン」という呼び名が使われるようになったのは1979年頃からと言われており、月が近地点で満月(または新月)になることを指す。この現象は平均して1年に1回は起こるという。

これはデジカメの出番です。買ってからすずを撮るくらいにしか使っていないDSC-HX30Vを取り出します。夜景モードで三脚を使いました。

夕暮れ時。(クリックで拡大)

DSC00211

暗くなってきたところをトリミング。(クリックで拡大)

スーパームーン2

暗くなってからトリミング。(クリックで拡大)

スーパームーン3

少し引いて町並みを写しつつ。これはベランダに手を置いて撮りました。(クリックで拡大)

DSC00233

実際の所、普段見てないと違いが分からないという(;´∀`)

でもデジカメを買ったかいがあります。これからも何かイベントがあれば色々な物を記録していきたいです。


以前書いた記事。「天体ショーを見てデジカメを欲する」
0 件のコメント :
コメントを投稿

▼スポンサーリンク

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク