2014年9月26日金曜日

ハサミ戦争に新たな刺客参戦!「ナカバヤシ サクットカットヒキギリ」#bungu #文房具

スマブラ参戦ジェネレーターにて作成

猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

今回も文房具ネタです。

ハサミ界の闘いはPLUSの「フィットカットカーブ」とコクヨの「エアロフィットサクサ」の2強でした。このブログでもその闘いの様子を何度かお伝えしてきました。
しかし、ここへ来て第3の刺客が登場しました。
ナカバヤシの「サクットカットヒキギリ」です。



パッケージ



「引き切り」と、切れ味よりも「1/4の力で切れる」という点をアピールしています。


「引き切り」に付いての説明が書かれています。ようは日本刀の切り方ですよね。


柔らかい物も固い物もいけるそうです。そういえばビニールとかは試してなかった・・・。


特徴が5つ書かれています。

  1. 安全・安心な丸い刃先
  2. チタンコート刃
  3. スムーズリング機構
  4. アンチグルー刃
  5. プクリーナハンドル

このうち「チタンコート刃」はラインアップによると思います(ラインアップについては後述)。


「ハサミ職人監修」と書かれています。「関」と言えば、「関の孫六」という刀がよくゲームに登場してくるのでご存じの方も多いかもしれません。現在でも刃物が名産のようです。


外観



一般的なハサミと違い、片側が丸く、もう片方はまっすぐになっています。


開くとこのような感じ。これで刃を受ける下側はまっすぐ、そして上の丸い刃が「引き切り」を実現します。
そのため、まっすぐな面を上にして持たないといけません。これは注意が必要です。


エアロフィットサクサとの比較。サクットカットヒキギリはまるで包丁のような外見です。


実際に切ってみた



厚紙を切ってみました。切れ味についてはエアロフィットサクサと同等と感じました。軽さについては、説明にあるとおり、先の方に行くほど軽く切れるように感じます。

ただ、持ち方が決まっている(まっすぐな面を上に持つ)のに、持ち手が左右対称なのはちょっと残念です。持ち手の工夫で自然と正しい持ち方になるようにできたと思うのですが・・・。


まとめ:買って損無しの切れ味


4倍の切れ味を誇る「エアロフィットサクサ」と同等の切れ味の上、軽さも実現したのはさすが「ハサミ職人監修」だけあります。
持ち方は気をつけなければいけませんが、100均の安いハサミを使っているなら、お値段分の驚きと切れ味を味わうことができるでしょう。

ラインアップは以下の3種類です。
  1. 通常版(ブルー・ピンク・グリーン 全3色)
  2. フッ素コート版(ブルー・ピンク 全2色)
  3. チタンコート版(モカ1色)
自分が買ったのはもちろん最上位?のチタンコート版です。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ


【次回予告】
新たな刺客を迎えたハサミ戦争は三つ巴の闘いに突入。しかし、その様子を見つめる新たな影。その異形なる姿は、ハサミ界に新たな風邪を吹き込む。
次回「第4の刺客!「○○○○○○ ○○○○○カット」、お楽しみに。




0 件のコメント :
コメントを投稿

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク