2015年10月1日木曜日

Twitterボタンがテキストになってしまって焦った!(解決済み)


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャです。

このところあまりブログを更新できていなかったので気にしていなかったのですが、いつぞやからか画像のようにツイートボタンとフォローボタンがテキストになってしまってました(;´Д`)

結局原因はわかって解決したのですが、まあ小ネタとして書いておきます。



謎のエラーがclassにセットされていた

本来であればボタンの画像が表示されるところがテキスト表示となっていますが、実際はリンク(aタグ)になっています。

Chromeであれば、右クリックして「要素を検証」を選択すると、その要素に設定されているスタイル(CSS)を見る事ができます。

見てみると、問題のaタグのclass属性に「twitter-share-button-error」という文字列が設定されていました。

どうも動的に画像に置き換える処理の中でエラーが発生しているようでした。

ボタンのスクリプトは以下の公式サイトから持ってきた物です。
貼り付けているものと見比べても、特に変更されたところはありませんでした。

widgets.jsというのを読み込んでいるので中身を見てみると、「-error」という文字列を属性に追加する処理を見つけることができたのですが、難読化されているので全くわかりません(;´∀`)


とりあえず広告を外して動作を見てみた

わずらわしいことは承知の上ですが、このブログにも広告をいろいろ貼らせてもらってます。
ここ数日の間で新しく貼った物はないので関係は無さそうと思ったのですが、他にできることもないので広告を1つ1つ外しては動作を見て、というのを繰り返してみました。

すると、ある広告を外したときだけきちんとボタンが表示されました。

それは「もしもアフィリエイト」の「楽天モーションウィジェット」でした。


問い合わせたら即時対応!

とりあえず広告を外してボタンが表示されたのでよしとして、一応問い合わせ窓口から状況を説明して改善要望を出しました。


もしもの問い合わせ窓口は、ログイン後の画面の下の方にあります。

すると、翌日に「【もしもアフィリエイト】サポートデスク担当」からメールが届き、
システムの修正が完了いたしました。」との内容が。

早速楽天モーションウィジェットを貼ってみると、Twitterボタンも問題無く表示されました!即時対応すばらしい!



ブログをいじるときは記録とバックアップを

何か新しいブログパーツを貼り付けたりテンプレートを修正する場合は、必ず変更内容を記録することと、テンプレートをバックアップすべきだと思いました。
広告を外したりするには、どの部分をいじればいいのか、コメントをわかりやすく書いておくのも大事だと思いました。

まあ今回は変更が原因では無かったですけどね。

自分の中では今回の件でもしもアフィリエイトの株が上がりました。
商品リンクを簡単に作れる「カエレバ」でも利用できるので、合わせて使うのがオススメです。


それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ



0 件のコメント :
コメントを投稿

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク