2014年9月10日水曜日

QRコードだけで設定可能な音声付きリモートネットワークカメラ「プレカムカメラ PX-IPCAM264」

猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。
もう一緒ではなくなってしまいましたが、このまま行きたいと思います。

さて、すずががんと診断されたときはまだ仕事をしていたので、日中はすずの様子を見ることができませんでした。どうにかならないかと思って探し出したのがこの「プレカムカメラ PX-IPCAM264」です。

どこがすごいのか?レビューしていきたいと思います。



開封の儀

スマホ対応です。というか、スマホから見るのがメインの使い方な感じです。

蓋を開けるといきなりこれです(;´∀`)
でもこのタイプは屋内専用なので、あまり意味は無いかもしれません・・・。

中身を出したところ。巻き取りLANケーブルまで入っています。

本体正面。後でスペックを書きますが、暗視にも対応しています。レンズの周りにあるのが暗視用のライトでしょうか。

底面には一般的なカメラ用のマウントがあります。壁に設置するためのマウントも付属しています。

裏面には有線LANと無線LANアンテナをはめる同軸端子、電源用の端子と謎のディップスイッチ。

無線LANアンテナをつけるとこんな感じです。


スペック-なにができるのか


このネットワークカメラ、お値段約14000円ほどですがかなりのことができます。
  • インターネットから宅内のカメラにアクセスして映像が見られる
  • スマホからカメラの向きを操作できる
  • 音声も対応(但しスピーカー/マイクモードの切り替えが必要→トランシーバーのように半二重)
  • 暗視モードに対応しているため暗闇でも様子が分かる
  • 無線LANが乗っているため電源だけ繋げばOK
  • 動体検知でスマホアプリに通知したりmicroSDカードに録画できる
  • ルーターなどに一切の設定が不要(UPnP:ユニバーサルPlug and Playに対応している必要あり)
これでお値段は14000円ほどです。さすがに解像度は最大で640×480ピクセルと低いですが、十分でしょう。

特に最後のネットワーク的な設定が一切不要というのは驚きました。
というか、マニュアルには「ダイナミックDNS」や「ポートフォワーディング」の設定をすると書いてあるのですが、必要ありませんでした。
家で利用しているルーターがUPnPに対応していれば大丈夫です。(対応していない場合は設定が必要かもしれません)


まずはブラウザで設定を行う


最初は無線LANが使えない状態になっているので、有線LANを繋いだ後、付属CDからIPCameraFinderというソフトでカメラのIPアドレスを調べます。

で、そのソフトから直接ブラウザを起動して設定画面に入れるはずなのですが、今やってみてもカメラを見つけてくれません(;´∀`)

仕方ないのでブラウザにIPアドレス(DHCPではなく固定にしていた)を打ち込んでみても表示されず。なぜかと思ったら、デフォルトのポート番号が81なのでした・・・。

というわけで、http://[カメラのIPアドレス]:81/にアクセスするとのような画面になります。色々出ていますが、設定するならインターネットエクスプローラー用のログインをクリックします。認証ダイアログでユーザー名とパスワード(本体裏のシールに書いてあります)を入れるとログインできます。

IEじゃないと映像は出ませんが、気にせず右下の設定ボタンを押します。

すると設定画面が出てきます。

基本的なネットワークの設定では、IPアドレスの設定ができます。ポート番号も変えられますね。

無線LANの設定では無線LANの設定ができます(当たり前)。WPA2にも対応しています。

UPnPの設定、これが重要です。デフォルトでチェックが入っていたか忘れましたが、必ずチェックしましょう。

デフォルトダイナミックDNSドメインはそのままで。どうもこのサーバーのおかげで、ルーター側に何も設定せずに外部から接続できるようです(サポートに確認しました)。

ビデオ設定では品質の設定ができます。解像度だけでなく、ビットレートも設定できます。スマホアプリ側からも設定はできるのですが、大まかに5段階のみです。

時刻の設定。NTPに対応しています。

ユーザー設定では、ゲストアカウントの設定も可能です。

動体検知でメールを飛ばすこともできます。ペットを対象にしてこれをオンにするとガンガンメールが飛んで来そうです(;´∀`)
「アラーム設定」を選ぶと応答が返ってきません・・・。自分は使ってないのでとりあえずOKとします。


スマホアプリ


iOS、Android両方用意されています。

ここではAndroid版を紹介していきます。

まずカメラを登録します。

UIDというのがカメラの裏に記載されているので入力しても良いのですが、読み取りボタンを押してQRコードを読ませてもOKです。
これだけ設定すれば、外部ネットワークから宅内カメラにアクセスできるようになります。すごい!!

パスワードはユーザー設定で設定したパスワードを入力します。名前は識別用なので適当に。

高度な設定に入ると、いくつかの項目についてはアプリ側から設定が可能です。

ビデオについては上下左右反転したり、画質や屋内屋外といった設定。
イベントについては動体検知の感度や、アプリ上でプッシュ通知するかが設定できます。アプリを終了するときにバックグラウンド動作をするかどうかを聞いてくるので、常に監視した状態にできます。
また、録画設定ではアラームにより録画を選ぶことで、動体検知時のみ録画することができます。


実際の映像


カメラ一覧からカメラを選択すると、実際の映像が映ります。画面をスライドするとカメラの向きを動かせます。
アプリからスクリーンショットを撮ることができます。
まだ元気な頃のすず。昼間はいつもこのキャリーバッグの中にいました。

退屈そうにしていますが・・・。

夕方になってくると、出口前で自分が帰ってくるのを待っていましたw
玄関のドアが開く音がすると、すぐに下に降りてきて迎えてくれました。

こちらは暗視モード。暗くなると自動的に暗視モードに切り替わります。

待っているところw
ちなみにスピーカーで声かけもやったのですが、その場にいないと気づいたのか、数回で全く反応してくれなくなりました(;´∀`)


まとめ:コストパフォーマンスの高い高機能カメラ


この値段でこれだけできれば十分過ぎるでしょう。ただ、マニュアルが簡素すぎたり、日本語が一部おかしかったりという問題もありますが、基本はスマホアプリからQRコードでカメラのIDを設定すればいいだけなので簡単です。

上位機種もあって、そちらはより解像度が高いのですが、音声に対応していないので注意です。今回紹介した製品はこちら↓


また、このカメラ(たぶん)に加えて餌やりと給水もできるようにした「リモカ2」という製品もあります。4万弱でだいぶお高いですが(;´∀`)


それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ
2014年9月6日土曜日

さようならすず。3年間ありがとう・・・ #cat #猫 #すず

r-DSC03661

2014年9月4日17時半頃、すずは虹の橋のたもとへ行きました。
あまりに急だったため、看取ってやることができませんでした。残念でなりません。


それはあまりに突然で・・・

2014年9月4日17時半頃、病院から電話がありました。すぐ来て下さいとのこと。
急いで向かいましたが、もうその時点で心停止の状態でした。突然吐いた後に、そのまま止まってしまったそうです。

お医者さんは必死に蘇生を試みてくれましたが反応せず。

やるとしたら心臓に直接・・というのもあるそうですが、仮に戻って来られたとして、また苦しみにもだえることになるだけなので、そのまま楽にさせてやることにしました。
最後に姿を見せてあげられませんでした。


4月まで元気だったのに・・・

このときは元気で、まさかこんなことになるとは思っていませんでした。

5月2週目、外出から帰ってきたときに大量に吐いていたのが始まりでした。
最初は原因が分かりませんでしたが、後に悪性腎リンパ腫(血液のがんとも言われる)だと分かりました。


それでもがんばった

がんの方は比較的落ち着いていて、治療によって食欲は普通にありました。

でも何度か入院させたこと、強制給餌をしていたことが原因か、自宅が怖くなってしまったようで、ラックの上から下りてくれなくなってしまいました。

それでもラックの上から「にゃ~」と呼んだり、コミュニケーションは取ってくれていました。

9月3日に血便が出てから急降下したので、がんが転移したか、猫エイズの影響で抵抗力が落ちているので何かしらのウィルスにやられたか、原因は分かりません。


人なつっこくて表情豊かな子でした

r-DSC03661

この写真は1番のお気に入りです。すずは嬉しいときにひっくり返る仕草をしました。

とても人なつっこくて好奇心が旺盛で、知らない人が来ても玄関まで見に来るくらい。
何にでも興味を見せて遊んでました。

拾ったときは瀕死の状態だったので、驚異の回復力でした。残念ながら左目はふさがったままでしたが、元気にあちこち飛び回ってました。

最初に病院へ連れて行ったときに猫エイズと診断されたので、それほど長くは生きられないことは分かっていました。そのため、このブログは元々はうつ病で休職状態からのリハビリのために始めたのですが、いつしか「すずの生きた証を残す」のが目的に加わりました。

普段からすずの写真をたくさん撮るようにして、毎週日曜に「週刊すず」として記事をアップしていきました。幸いにも、多くの方にすずの存在を知ってもらう事ができました。
病気になってからはたくさんの励ましのコメントや、Kampa!を通じてカンパをいくらかいただきました。今まですずを応援して下さった皆様、本当にありがとうございます。


虹の橋のたもと

自分は知らなかったのですが、亡くなったペットの魂は「虹の橋のたもとにある楽園」に行って、元の飼い主を待っているという伝承があるそうですね。
この世を去ったペットたちは、天国の手前の緑の草原に行く。食べ物も水も用意された暖かい場所で、老いや病気から回復した元気な体で仲間と楽しく遊び回る。しかしたった一つ気がかりなのが、残してきた大好きな飼い主のことである。
一匹のペットの目に、草原に向かってくる人影が映る。懐かしいその姿を認めるなり、そのペットは喜びにうち震え、仲間から離れて全力で駆けていきその人に飛びついて顔中にキスをする。
死んでしまった飼い主=あなたは、こうしてペットと再会し、一緒に虹の橋を渡っていく。
すずも楽園で、かつて実家で飼っていたモモと一緒に仲良く遊んでいるでしょう。




すず、ありがとう・・・

最後に伝えたかった。
うつ病で何もできなくなった時に君を拾って、懐いてくれて、3年間一緒に過ごして、とても楽しかったよ。

今まで本当にありがとう。

いつか迎えに行くときまで、待っていておくれ。


もしも もう一度あなたに会えるなら
たった一言伝えたい
ありがとう
ありがとう・・・



おまけ


がんの診断を受けた後、まだ元気だった頃に動画です。呼びかけに答えて「にゃ~」と鳴いてます。



病院で、XperiaZ2の4K動画を試しに撮ってみた物です。よく聞いていると、ご機嫌でのどをゴロゴロ鳴らしています。



先日の楽天スーパーセールで名札を注文したのですが、間に合いませんでした。

r-DSC01287

最後に、いつも乗っていたラックの上で眠るすずの写真です(グロくは無いと思いますが苦手な方はご注意ください)。

よく遊んでいた、猫の気持ちの付録のおもちゃとストラップ、病気になってから食べていた腎臓サポートスペシャル(普通のよりおいしいそうです)をお供えしました。名札も付けてあげました。

明日火葬にしてもらい、お骨は実家の庭に眠っている先代のモモ(メス猫)、ハナ(オス犬)の隣に埋めてやるつもりです。一部はペンダントに入れて持っていようと思います。

r-DSC01290

2014年9月3日水曜日

すずのがん闘病記13 がんは落ち着いていたのに急に体調が悪化し入院 2014/08/20~09/03 #cat #猫 #すず

r-DSC00709

猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

悪性腎リンパ腫になったすず。白血球の値が下がっているので抗がん治療を休んでいるのですが、幸運なことにがんは広がることなく落ち着いていました。しかし、週明けから急に体調を崩したため、入院させてきました。

すずについては上の「すずについて」タブをご覧下さい(スマホではプルダウンメニューになってます)。雄の茶トラ猫(3歳)です。



がんは進行せず

r-DSC00710

これは8月20日の写真です。毎週血液検査をして腎臓や白血球などの状態を確認しているのですが、白血球が低下しているので抗がん治療をお休みしているにもかかわらず、腎臓の状態は良いままで推移していました。

r-DSC00713

相変わらず怖がって床には下りてきてくれないのですが、ラックの上をうろうろしてたり、箱の上で座ってみたり。

r-DSC00714

そのままのび~っとしてみたり。

r-DSC00715

機嫌良さそうです。

r-DSC00717

肉球。

r-DSC_0195

ただ、自分が食事を十分に与えきれない(うつ病で日常生活で精一杯)ため、体力は落ちていてしまってます。この一番高い箱にジャンプして乗ろうとしたところ高さが足りず、落ちそうになっていました(;´∀`)


餌やりが大変

すずは賑やかなのが好きなのか、人がいる方が幸せそうです。妹の家の猫達は知らない人が来ると隠れて出てきません。
そのためか、食欲はあるのに側で見ていないと食べてくれません。

r-DSC00718

こんな風に目の前にお皿を持っていったり。

r-DSC00719

がんになる前は、ほっといても出しただけぺろっと食べていたのですが・・・。
しかも、食べるのが下手なので口に入れても噛んでるうちにポロッとこぼれたりします。
そうやって餌が湿ってくると食べてくれなくなります。

r-DSC00722

そのため、5gずつ出して、食べなくなったら食べた量を計って記録します。

r-DSC00723

このときは2.3g食べました。

r-DSC00724

そしてまた5g計って出します。
これが今の自分にはけっこう大変です。午前中はほぼ寝たきり、午後も何とか起きて昼ご飯を食べた後はぼーっとしている状態なので・・・。


とはいえ元気だった先週

r-DSC00725

体重はなんとか維持できるくらい(本当は増えないといけないのですが・・・)には餌をやって、すずも割りと元気でした。

r-DSC00727

尻尾をふりふり。

r-DSC00730

ラックの上でまったりと。

r-DSC00732

下から見た図。

r-DSC_0196

窓際で座ってみたり。

r-DSC_0200

もう病院も慣れたものです。

r-DSC_0202

手術室が一番のお気に入り。
ただ、前回の記事でも少し触れましたが、背中の炎症がどんどん広がってきました。

r-DSC_0207

なのでまたカバーを掛けてもらいました。

r-DSC00734

額も少し炎症が。

r-DSC_0220

まあそれでもなんとか餌やりをがんばって、すずも元気でした。

r-DSC_0225

たまに起き上がって「にゃ~」と呼んでみたり。

r-DSC01206

ぐっすり寝てるかと思いきや・・・。

r-DSC01208

尻尾をぶんぶん。


週末の検査も大きな問題なし

r-2014-08-31 10.44.58

血液検査をしたところ、白血球は多少あがったもののまだまだ低い状態。腎臓は問題なしでした。
今度は手術室のシンクの中へ入るすず。

r-2014-08-31 16.02.54

子猫用の粉ミルクをもらってきました。栄養たっぷりな上、おいしいのか自分で飲んでくれるので楽です。強制給餌は嫌がるので・・・。

r-2014-08-31 13.18.41

これで体重も増えるかなと思った週末。


週明け、体調を崩す

r-2014-09-01 14.20.55

9月1日、食事を全く取らなくなってしまったため病院に連れて行きました。
ちょっとぐったりしてます。
猫としてはかなりの高熱で、食欲が落ちていたようでした。

r-2014-09-01 18.04.37

解熱剤と点滴でちょっと元気になったのですが、念のためその日は入院させました。

r-2014-09-02 20.44.30

翌日(昨日)迎えに行きました。バッグから出てこなかったですが、ご飯は食べてくれました。


そして今日、血便をし出したので再び入院

朝、突然「オ"ア”ッ」という声がしたと思ったら、赤黒い下痢をしていました。
一旦落ち着いたので、すずを置いて病院へ便を持っていって見てもらったら、腸炎を起こして出血しているかもと。下痢止めと腸の薬をもらって、少し買い物してから帰ると、また血便をしていました。

その後も何度かしていたのでさすがにマズいと思い、今度はすずも病院に連れて行きました。

r-2014-09-03 18.11.36

ちょっと目もうつろです。
とりあえず治療はおまかせして、入院させることにしました。

r-2014-09-03 18.30.21

いつものように、最初はトイレに収まるすず。
今の自分には、すずの状態が悪くなって負担が増えると精神的に良くありません。共倒れになるよりはましです(お金はかかりますが・・・)。

元々猫エイズ持ちのため普通の猫より抵抗力が弱い上に、栄養不足で体重が落ちている今のすずにとっては、ただの腸炎でも油断なりません。

願わくば、これが今生の別れとならないように・・・。


続き
さようならすず。3年間ありがとう・・・ #cat #猫 #すず | 羽根帽子の太公望

▼スポンサーリンク

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク