ラベル パソコン の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル パソコン の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2014年12月8日月曜日

AlienwareX51R2の無線LANカードを差し替えて高速化+Bluetooth付きにしてみた


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

メインで使っているPCはDELLのゲーミングPC「AlienwareX51R2」です。過去にレビューしています。

しかし、自分が買ったときは最上位の構成でも無線LANが2.4GHz帯のみ(IEEE802.11n)、Bluetooth無しでした。ハイエンドデスクトップとしては残念な感じです。
そこでカードを差し替えによるアップグレードに挑戦してみました。



公式にはアップグレードサービスは無し


先にサポートに電話して、パーツのアップグレードができないかどうかを確認しましたが、そういったサービスは提供していないとのこと。悲しい・・・。

ということで、パーツ差し替えは自己責任でお願いします


購入したカード



この記事を書いている時点で、AlienwareX51の上位の構成を選ぶと無線LANカードに「DELL Wireless 1550」というカードが使われており、これは2.4GHz/5GHz対応、IEEE802.11acで867Mbpsまでサポートしています。Bluetoothも搭載されています。

同じカードを楽天で購入しました。Amazonでも売っています。7000円弱です。



2014/12/13追記
裏面に技適マークを確認しました。国内使用も問題無いです。

差し替えの手順


ケースを開けてカードを差し替えます。まずはケースを開けるところから。


背面にネジが一カ所とまっているので、これを外します。


ケースを写真の向きに倒して、上面を奥に向かって押すとスライドしてはずれますが、すぐに持ち上げてはいけません。


写真はわかりづらいですが、ケースのLEDを光らせるためのコードが繋がっているので、これを外してからカバーを取り外します。


CPUファンのカバーのネジを外して取り外します。


カード抜く前の写真撮ってなかった/(^o^)\
写真の真ん中よりちょっと下にある白い部分がミニPCIカードスロット(だっけな?)になっており、カードがささっています。カードには白黒のアンテナ線が2本取り付けられているので、どちらがどの位置に取り付けられていたかを覚えておきましょう。


この2つの端子がアンテナ端子です。


いったん斜めに差し込んでから・・・


元々あったネジ(1カ所だけだった)でとめます。


アンテナ線はこの付け方であっていると思います。
(良く見るとカード上に三角印で色書いてありますね)


ドライバインストール



DELLのサポートサイトでシステムを認識させると、ドライバがいくつかヒットします。「Dell Wireless 1550 Wi-Fi + BT Driver」だけで良さそうなのですが、どうもこちらだけだとBluetoothしか認識してくれないようです。
そのため、上の「Dell Wireless 1506 WLAN Driver」も入れました。

(少し前の話なので、たぶん合っていると思いますが1550を先に入れて無線LANカードが認識されていなかったら1506の方を入れてみてください)


1550のドライバでBluetoothを。


1506のドライバで無線LANカードを認識します。


実際にIEEE802.11ac対応のAPに接続してみると、866.5Mbpsでリンクしました。


まとめ:最初からDell Wireless 1550搭載構成を選びましょう


この記事を書いている時点で、最小構成(スタンダード)だと2.4GHzのみ&Bluetooth無しのカードになっています。
どうせ買うなら、Dell Wireless 1550を搭載したプレミアム以上の構成にしておきましょう。
予算がどうしても付かない場合、自分がやったようなカード差し替えも可能ですが、PCに詳しくない方にはオススメしません。

(昔は秋葉原のパーツショップへよく通ってPC自作してました)

自分のように少し前に購入してDell Wireless 1550が選べなかった方は、一応アップグレードも可能ですよということで。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ

デル株式会社
2014年2月7日金曜日

今日から提供されたAndroid用「ATOK Passport Pro」でATOK syncができなくなった場合の解決法

atokpassportpro

猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

2014年2月7日(本日)からATOK2014と共に提供開始された、「ATOK Passport版 Pro:プレミアムキーボード」(Android用)ですが、早速トラブルに見舞われたのと解決法が分かったので記事にしておこうと思います。



そもそも「ATOK Passport版 Pro:プレミアムキーボード」とは

スマートフォン向け日本語入力システム ATOK for Android [Professional]

従来提供されていた「ATOK Passport」は、月額286円(税抜)でATOKのWindows版、Android版、Mac版のどれでも10台まで利用できるサービスです。

これに上位のプレミアムが登場しました。こちらは月額476円(税抜)で、以下の機能が使えます。

  • クラウド推測変換(Windows、Macのみ)
  • クラウド辞典
  • ATOK for Android [Professional]

「ATOK Passport版 Pro」なのか「ATOK for Android [Professional]」なのかよくわかりませんが、とにかく上位版が登場したということです。

Windows、Macについては最新番が登場したらアップグレードができます。2014ももう利用可能になっているはずです。

ATOK for Android [Professional]では、従来のATOK for Androidと異なり、Windows版相当のエンジンを搭載している他、新しいデザインのキーボードと手書き入力を備えています。

※要求スペックが非常に高いのでご注意を。「CPU:デュアルコア1.5GHz以上またはクアッドコア1.2GHz以上(強く推奨)メモリ:2GB以上(強く推奨)」

ATOK Passport版 Pro:プレミアムキーボード - Google Play の Android アプリ


不具合とは

2014-02-07 20.14.55

辞書をそれぞれのATOK(他のプラットフォームでも)で同期できる「ATOK Sync」の設定を有効にして今すぐ更新を押すと、更新中のまま固まってしまう状態になりました。

戻るキーも効かず、ホームキーでホーム画面に戻ることはできるのですが、再びATOKの設定画面を出すと更新中で止まってしまいます。



解決方法

サポートに問い合わせたらすぐに回答がきました。すばらしい!

「Pro版のインストール後、一度もATOK Pro版のキーボードを表示しないまま設定画面を開いてATOK SyncやATOK Expressを有効にしようとするとこの症状が出ます。」

2014-02-07 20.17.40

  1. 症状が出てしまった場合は一度アンインストールする
  2. 再インストール後にシリアルナンバーを入力して有効化した後
  3. 「ATOKを使える状態にするには」のボタンを押して表示される上の画面で
  4. 「●入力方法をATOKに切り替える」の手順を5まで進めてソフトウェアキーボードが表示されるまでを行う

ソフトウェアキーボードを初めて表示する際に、「初期化しています」と出るので、これを行わないといけなかったようです。

焦りすぎですね(;´∀`)

一旦キーボードが表示された後なら、問題無くATOK Syncで同期が行えました。



まとめ

手順はよく読んでちゃんと実行すること!

分かっているからと言って、飛ばしてはいけませんね。

ちなみにATOK for Windows 2014のパッケージには、1年間のPassport利用権が付いてきます。プレミアムのパッケージにはPassportプレミアムの利用権が付いています。まあパッケージを買わなくてもPassportを契約すれば使えるわけですが、プレミアム版の方には電子辞典が含まれているので毎年買っています。

旧バージョンと何が変わったかについては、以下のページの中程に「旧バージョン機能比較表」として過去のバージョンとの違いが載っています。

ATOK 2014 for Windows - Just MyShop

新しいATOKを試してみてはいかがでしょうか。自分は辞書の同期がとても便利で、長いことATOKを利用しています。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ



2014年1月17日金曜日

【解決】Windows8→8.1へのアップデートで5GHzの無線LANに繋がらない件


a0002_002724




猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

以前、Windows8→8.1へ上げると5GHzの無線LANに繋がらなくなるという記事を書きました。

一旦8へ戻して使っていましたが、Microsoftコミュニティでの解決法を試してみたところ、無事解決したのでご報告します。



経緯

Windows8から8.1へアップデートしたところ、それまで利用できていた5GHzの無線LANアクセスポイントに繋がらなくなってしまいました。

VAIO Pro11の内蔵無線LAN、デスクトップに繋いだI-O DATAのUSBアダプターWN-AC867Uの両方ダメでした。

SSIDのステルス機能を無効にすると、名前は見つかるのですが、正しいキーを入力しても繋がりません。

調べてみると、Windows8.1と5GHzの無線LANの組み合わせはあまりよろしく無さそうというのが書いた当時の感想でした。



解決法

これはWN-AC867Uの方の手順です。Vaio Pro11の内蔵無線LANの方は、きっちりVAIO Updateをしてから8.1へ上げ、再度VAIO Updateを行う手順で問題無く繋がりました。

Windows8.1へアップデートすると、WN-AC867Uは普通に動作しているように見えますが、デバイスマネージャで「ドライバの更新」→「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」→「コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します」を見てみると・・・

2014-01-17_21h30_02

ドライバが2つ出てきて、コミュニティでの書き込みの通り(Microsoft)の方が適用された状態になっていました。

これを手動でもう一方の方へ変更すると、問題無く繋がるようになりました。

このアダプタについては、2014/01/16にWindows8.1用の新しいドライバーが公開されています。

サポートライブラリ | WN-AC867U | I-O DATA | アイ・オー・データ機器

けっこう前に問い合わせたのですが、きちんと回答を送っていただいたI-O DATAのサポートの方には感謝です。



アダプタの紹介

良いサポートをしていただいたので、アダプタを紹介します。

r-DSC02212

先日正式に承認された、IEEE802.11acに対応したUSBアダプタです。最大867Mbpsまで対応しています。

アクセスポイント側は1.3Gbpsまで出る製品が出ていますが、この記事を書いている2014/01/17時点では、USBアダプタでは867Mbpsが最速です。

r-DSC02213

デバイスとしてはかなり大きめです。

r-DSC02214

アンテナが稼働して開くようになっており、より電波が届くようになる・・・と思います。

何かLEDとかで電波強度が表示されれば「一番いい角度」が分かりそうですけどね。

マニュアル見ると、「通常立てて使用することをお勧めします」と書いてありました。

ちなみに、USB3.0に対応しています。これは結構重要で、IEEE802.11ac対応アダプタの中にはUSB2.0までのものも存在します。USB2.0では最大480Mbpsなので、せっかくの速度をいかせません。

2014-01-17_21h53_46

この通り、バッチリ867Mbpsで繋がっています。インターネット回線は100Mbpsなので、外部への速度は変わらないのですが・・・。

あ、もちろんアクセスポイント側もIEEE802.11acに対応した製品を使わないと性能を発揮できませんので。




まとめ

無線LANは見えないので、一度繋がらなくなると問題の切り分けが大変ですね。

2.4GHzの方は繋がっていたのですが、2.4Ghzの方はやはり近所で使っている人が多く、速度低下が気になります。メイン端末は5GHzにして快適にしたいところです。同じ問題が発声している方、ドライバを確認してみてください。

まあでも本当は内蔵して欲しいところですね。自分が使っているAlienwareX51は、買った当時は内蔵無線LANは2.4GHz帯のみのものだったのですが、今だと5GHz帯にも対応したアダプタ(Bluetooth付き)も用意されています。(;^ν^)ぐぬぬ…

PCゲームをしないのにゲーミングデスクトップ「AlienwareX51」を買った訳とは | 羽根帽子の太公望

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ

2013年12月31日火曜日

2013年版買って良かったガジェットベスト10

r-DSC03268


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

今年も終わりですね。いつも見ていただいている皆様、一年間ありがとうございました。初めて来たという方、ぜひ来年もよろしくお願いします。

今年もガジェットをいろいろ買いました。その中から個人的によく使っている・気に入ったものをベスト10として紹介したいと思います。

どうぞおつきあいくださいませ。



10位 VAIO Pro 11

r-DSC01953

10位はVAIO Pro11です。まだそれほど使い込んでいないので、早く買っていたらもっと上だったと思います。

とにかく軽量、スペックも十分、バッテリーも長持ちと非の打ち所がありません。後はLTEモデムを内蔵したら完璧です。買い換えますw

購入はメモリ8GBを選べてワイド補償も付けられるソニーストアがお勧めです。

ソニーストア

予算があればred editionもお勧め

ソニーストア

■物欲爆発!VAIO Pro11開封の儀と1ヶ月目の感想 | 羽根帽子の太公望



9位 AlienwareX51

r-DSC02201

9位はこれも最近買ったゲーミングデスクトップPCです。

小型筐体ながらスペックは高く、FF14も楽々動きます(ベンチ結果より)。

変に安いビジネス用PCを買うより、後で高く売れそうなAlienwareの方がいいのでは無いかというもくろみです。どうなるかはご期待下さいw

デル株式会社

■PCゲームをしないのにゲーミングデスクトップ「AlienwareX51」を買った訳とは | 羽根帽子の太公望



8位 薄い財布

r-DSC04370

できるだけ薄くなるように考えられた財布です。薄い分、カードはそれほど入らないのですが、かえって必要の無いカードを処分するきっかけにもなります。

小銭も999円分しか入らないので、必然とおつりが少なくなるように計算しなくてはいけません。まあ自分の場合、電子マネーかクレジットカードで買い物するので、現金はほとんど使いません。ポイントがっつりもらってます。

いろいろなバリエーションが出ていて、当時は無かった艶が美しい「classicエディション」はちょっと欲しいです・・・。

■「薄い財布」でお金の使い方が変わる | 羽根帽子の太公望



7位 フリクションポイントビズ04(名入れ)

r-DSC03736

フリクションボールペンはシャーペンと違って消しかすが出ないのでとても重宝しています。中でもフリクションポイントビズ04はちょっと高級デザインで所有欲を満たしてくれます。

以下のリンク先のお店では名入れをすることができて、文字以外にマークを入れることができます。猫のマークを入れて大事に使っています。お勧めです。

■名入れ文房具でさらに仕事を楽しく! #bungu #文房具 | 羽根帽子の太公望



6位 ウォークマンM505

r-DSC02615

ずっと待ち望んでいたスティック型のウォークマン。Bluetoothヘッドセットしても高性能で、とても満足です。

今のところケースなどのオプションが、せっかくのデザインを隠してしまうものばかりなのが残念です。ソニーさんはよ!

■待ち望んでいたスティック型ウォークマンがやっとキタ――(゚∀゚)――!! | 羽根帽子の太公望」

ソニーストア



5位 電子書籍端末PRS-T3

r-DSC01469

ソニーの電子書籍端末がパワーアップ。本を買っては自炊して放り込んであります。こんなに小さい端末に100冊以上の本が入るのがとてもいいです。

でも仕事復帰してからはほとんど読めてません(;´∀`)

競合となるKindle、Koboと比較すると、ストアについては押され気味と感じていますが、自炊PDFをちゃんと表示できるのはソニーの端末が一番だと思います。

■これは最強の自炊本読書端末!ソニー「PRS-T3S」 #電子書籍 #Reader #sony | 羽根帽子の太公望

ソニーストア



4位 MAD CATZ「M.O.U.S.9」

r-DSC03877

マウスの決定版だと思っています。カスタマイズも自在で、無線マウスですが電池も長持ちします。

どうもマルチペアリングはできないようで、デスクトップとノート両方で使おうと思ったのですが、そのつどペアリングをしないと認識しないのが残念です。もう1個買ってしまおうかと思っています(;´∀`)

発売当時は無かった「マットブラック」も追加されています。他のは艶があってちょっと滑りやすいので、これが一番良さそうです。

■最強マウスの座交代!MAD CATZ「M.O.U.S.9」 | 羽根帽子の太公望



3位 ひらくPCバッグ

r-DSC03710

たくさん入って疲れにくい、すばらしい製品です。買ってからずっと使っていますが、耐久性も問題なしです。

現在は、若干コンパクトになったりと改良されたバージョンが売られています。お値段は高めですが、間違いなくお勧め。ですが、現時点で2014年4月2日発送分を受付中とのこと(;´∀`)

■ひらくPCバッグをカスタマイズして最強バッグへ | 羽根帽子の太公望



2位 サイバーショットDSC-RX100M2

r-P7130001

写真は全てこれで撮っています。1インチの大型センサー、ワイド端でF1.8のレンズ、無線LAN、チルト液晶と高水準のスペックをコンパクトなボディに凝縮したデジカメです。

1インチというサイズがどれくらい大きいかは、こちらのサイトをみると分かります。一般的なコンデジの1/2.3インチはもちろん、高級コンパクトデジカメがよく採用している1/1.7インチサイズと比較してもかなり違います。

電源オフ時にレンズが完全に収納されるのは、持ち運ぶ上でかなり楽です。

その分、望遠は3.6倍(超解像ズームで7.2倍)まで、望遠端ではF4.9まで暗くなるのはデメリットです。ちょっとズームするととたんに撮影距離が伸びてしまうのも使いづらいところ。

最近はα7やRX1に興味を持ち始めています。さすがに勢いだけで買える値段ではないので収まってますが、その前に後継機種が出ないかな~・・・。

■ついに出たRX100の後継「DSC-RX100M2」開封の儀 | 羽根帽子の太公望

ソニーストア



1位 AQUOS PHONE ZETA SH-06E

r-DSC02321

世間ではあまり評価のよろしくない機種ですが、個人的には大ヒット。

新規一括xxx円で売っていたのが良かったです。普通はMNPじゃないと安く買えませんが、その前に使っていたSH-02Eが調子悪かったところにタイミング良く端末を入手することができました。当時2万円くらいでしたが、最終的に5000円くらいまで下がってたと思います(;´∀`)

月々サポートは付きませんが、その回線をすぐに機種変してAQUOS PAD SH-08Eをゲットするという荒技を使い、こちらも便利に使っています。まだレビュー書いてないのでランキングに入れてませんが、これはまた後日・・・。

CPUこそSnapdragon600、150MbpsのLTE(バンド3?1.7GHz帯)には非対応ですが、それ以外は最新端末に見劣りするところも無く、不具合も解消されており、全く問題無く使えています。

月々サポートが無いので、特に魅力的な機種が無ければ当分これで行けそうな感じです。

実は良機種?AQUOS PHONE ZETA SH-06Eを1ヶ月使った感想 #android | 羽根帽子の太公望



まとめ

いかがだったでしょうか。

実はまだ記事にしてないだけで間違いなくランクインしただろう製品もいくつかあります。これは来年のお楽しみと言うことで・・・。

他にも、後付できるドアモニターや、オムロンの活動量計HJA-401Fはお勧めしたいところ。あとはこれが無いと始まらないATOKですかね。2014も予約済みです。

買ったのは去年ですが、アップデートで無線スキャンに対応したScanSnap iX500もお勧めガジェットですね。

さて、今年の更新はたぶんこれが最後になります。今年一年ありがとうございました。

それではみなさま良いお年をお迎えください(´∀`)ノ

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク