2012年4月21日土曜日

LED照明で生活リズムを整える

照明


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

今日は去年からずっと使っているLED照明について書いてみます。

自分が使っているのは、シャープのLEDシーリングライトELMというものです。



LEDシーリングライト:シャープ

最新のモデルでは、桜色が出せるようになっています。
自分のは搭載されていませんが、DL-C501Vという調色・調光ができるモデルです。

生活リズム改善に役立つ自動調光機能

この製品は、朝起きる時間、夕食、就寝時間を指定しておくと、自動的に明るさと色味を調整する機能があります。これは「エコ明かりズム」と呼ばれています。

以下はサイトに挙げられている紹介画像です。


http://www.sharp.co.jp/led_lighting/ceiling/feature/no1/index.html#1より(クリックで拡大)


夕食の時間になると寒色系の光からゆっくりと暖色系の光になり、就寝時間が近づくとゆっくりと暗くなります。本当に気がつかないくらいゆっくりですが、確実に変わります。

強制的に明るさが変わるので、夕食の時間や就寝時間をきちんと守ることができます。これは生活リズム改善に大きく役に立ちました。ストレスを抱えながらも何とか仕事ができていたのは、これのおかげもあるかもしれません。

外が明るいときには照明の明るさを落とす「エコセンサー」、人の目の順応性を考慮してゆるやかに明るさを抑えて省エネする「エコ調光」も搭載されています。

 

薄型で一体型の本体

本体は非常に薄いです。天井が広く感じられます。
また、一体型なので、カバーの間に虫が入り込んだりすることもありません。


LEDなので長寿命

40000時間、1日10時間使用でも10年使えます。
換えの蛍光灯を常備する必要もありません。


その他の機能

長期のの外出時に自動的に照明を付けたり消したりする留守タイマー、
スマホをリモコン代わりにするAndroidアプリもあります。

スマートフォンでも操作できる | LEDシーリングライト:シャープ


まとめ

LEDが省エネ・長寿命と言っても、値段を回収できるほどでは無いかもしれません。しかし、生活リズムの改善には大きく役に立つと思います。

1日の半分は使う物です。自分としては、投資の価値は十分にあったと感じています。

最新のモデルはこちら。これは12畳用です。



どうせ買うなら+1ということで、プラズマクラスター機能付きもあります。



※シャープ以外にもタイマーによる自動調光機能は付いていると思いますが、ここでは省きました。
 

今日のすず


お気に入りのキャットタワーでぐっすり。
(クリックで拡大)


0 件のコメント :
コメントを投稿

▼スポンサーリンク

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク