2014年12月30日火曜日

究極のイヤホン「カスタムIEM」を作った(Ultimate Ears UE18Pro)


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

前回「SHURE SE846」をレビューしましたが、世の中にはさらに上があることを知ります。

耳型を採取して自分専用のイヤホンを作る、カスタムIEM(インイヤーモニター)がそれです。

社会復帰した去年末~年始にかけてはけっこう給料が良い仕事だったので、前回書いたように収入を「音楽」と「コーヒー」に集中させることにした自分は、さらに良い音を求めてカスタムIEMの世界へ飛び込んでいきました。

※SE846は下取りに出して資金にしました(;´∀`)




そもそもカスタムIEMとは


以下の記事に詳しいですが、本来はミュージシャンがライブ中の大音量の中、自分が出している音を聞き取れるように遮音性にすぐれたイヤホンを作ろうというところから始まっています。
自分は秋葉原にあるeイヤホンのカスタムIEM専門店で、耳型採取から注文まで行いました。

今や個人向けカスタムIEMも様々なブランドの物があります。
自分はその中でたまたまセール中だったUltimate Earsの「UE18Pro」というモデルにしました。AV Watchの記事と同じ、Ultimate Earsのモデルの中でも最上位、4way6ドライバーのモデルです。
どうせ専用の物を作るなら最上位にしておかないと後悔するという信念からです。


開封の儀!



オーダーから約1ヶ月後、完成の連絡が来て取りに行きました。


金属製のケースには、自分でお願いした「J.Muto」の文字が入っています。


説明書には取り付け方とメンテナンス方法など。専用のメンテナンスツールが付属しています。


最初の写真と同じですが、これが本体です。フェイスプレートの色はたくさんの色から選べます。左右別々にもできますが、自分は同じにしました。なんとなく。
今思えば左右で変えておけば見て楽しめるかな~とも(;´∀`)


付属品が少ない理由は、耳穴にしっかりフィットするのでイヤーピースが不要だからです。
シェルには型番とイニシャルが入っています。
右側は赤字、左側は青地なので区別が付きます。


ケーブルは取り外し可能なので、断線しても安心です。

シェルが透明なので内部がよく見えます。
各ドライバーから音の通路のようなチューブが伸びて先端に繋がっています。


はめてみたところ。耳穴をすっぽり塞ぎます。


UE18proのすごいところ


  • イヤホンなのに広大な空間を感じる
  • 遮音性がすごい
  • 低域から高域までしっかり鳴る
  • 知らなかった音が聞こえる
全部前回のSE846の時と同じ感想なのですが(;´∀`)
それぞれが1つ上を行っています。

耳穴をすっぽり覆うので遮音性はさらに向上。
そして空間はより広くなった感じです。

4way6ドライバーの構成は、低域から高域まで全てをしっかり鳴らしてくれます。かといって、どこかが無駄に強調されたドンシャリした音ではありません。

またSE846でも気づかなかった音に気づかせてくれます。



まとめ:一生物のお宝イヤホン


今年最も高い買い物で、最も良かったと思える買い物でした。
決して万人に勧められる物ではありませんが、今の自分には音楽を聴くことくらいしか心の安まることがないので、非常に有意義な買い物だったと思っています。

若干オーディオ沼に足を踏み入れてしまった感があって今後が心配ですが(;´∀`)

秋葉原のeイヤホンカスタムIEM専門店では各種カスタムIEMの試聴(カスタムなので試聴用にイヤーピースを取り付けたもの)ができるので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。
最近ではビックカメラの一部店舗でも耳型採取からオーダーまでできるようになっています。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ

0 件のコメント :
コメントを投稿

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク