ラベル 自己啓発 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 自己啓発 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2013年6月21日金曜日

2013年春の情報処理技術者試験の結果が発表

マンガでわかるデータベース


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

本日平成25年度(2013)春期試験の合格者が発表されました。自分はデータベーススペシャリストを受けました。かなり微妙なできでしたが、結果は・・・



結果の照会

こちらのページに掲載されています。

DB結果発表

合格してました(∩´∀`)∩バンザーイ

DB成績

成績照会してみると、午後はギリギリでした(;´∀`)

(一つ前の試験で情報セキュリティスペシャリストを取っていたので、午前Iは免除になっています)

 

やはりキモは午後試験

午前問題は基本的なデータベースの知識とSQLがわかれば大丈夫でした。

午後は基礎理論や設計に関する知識を問われます。今回の問題と解答はこちらに掲載されています。

午後Iは関数従属製、正規形、関係スキーマ、SQL(今回はオプティマイザによるアクセス経路の選択方法に関する問題)に関するものでした。

午後IIは、問1が概念データモデルにスーパータイプ・サブタイプ・リレーションシップを書かせる問題とデータ移行時のテーブル設計、問2は大きな概念データモデルを完成させるのと、関係スキーマを完成させる問題でした。

この辺、自分は業務でデータベース設計を本格的にやっていないことから、特に理解が難しかった(今でも完璧に理解できていない)です。過去問をしっかりやっておかないと、解き方も分からなそうです。

特に午後IIの問2は巨大な回答欄を見て「これはむりぽ・・・」と思ったので、徐々に回答へ進んでいく問1を選択しました。これは正解だったと思います。

 

次回受けようと思っている方は、しっかり過去問を解いておいた方が良いと思います。まあ言われなくてもしますよね・・・(;´∀`)

 

記録更新中

これまで受けた資格試験は12ですが、今のところ一発合格しています。

中には既に古くなっていて意味の無い物も多いのですが、この記録更新していきたいです。

次はオラクル認定Javaプログラマ Gold 7への移行試験を受けようと思っているのですが、その前にITパスポートを受けてミククリアファイルをもらおうかな・・・w

まあフルタイムの仕事できる状態ではないんですけどね つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ITパスポートは情報処理技術者試験の中でも一番易しいエントリーレベルの試験です。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:「初音ミク」コラボ記念クリアファイルの配布について
2013年2月25日月曜日

春の情報処理技術者試験の申込みは27日20時まで!

2013-02-25_21h09_13


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

春と秋に行われる情報処理技術者試験ですが、春の試験の申込期限は27日の20時までです。自分が忘れそうなのと、宣言してしまって追い込んでしまおうということで記事にしてみます。



情報処理技術者試験とは

 情報処理技術者試験は、「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験です。
情報システムを構築・運用する「技術者」から情報システムを利用する「エンドユーザ(利用者)」まで、ITに関係するすべての人に活用いただける試験として実施しています。特定の製品やソフトウェアに関する試験ではなく、情報技術の背景として知るべき原理や基礎となる技能について、幅広い知識を総合的に評価しています。

情報処理技術者試験の概要

れっきとした国家試験です。合格しないとできない業務があるわけではないのですが、自分のスキルレベルを示すのには十分役に立つと思います。

 

春の試験区分

春と秋では実施される試験の区分が若干異なります。春に行われるのは以下の試験です。

  • 基本情報技術者試験 (FE)
  • 応用情報技術者試験 (AP)
  • プロジェクトマネージャ試験 (PM)
  • データベーススペシャリスト試験 (DB)
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験 (ES)
  • 情報セキュリティスペシャリスト試験 (SC)
  • システム監査技術者試験 (AU)

基本情報と応用情報は春夏両方で行われます。情報セキュリティスペシャリストも両方みたいですね。自分は前回情報セキュリティスペシャリストに合格しました(∩´∀`)∩

 

今回受けるのは

長いことシステム開発をやってきたのですが、データベースを使うシステムを本格的に開発したことがありません。なので、苦手分野になっています。これを克服するため、データベーススペシャリスト試験を受けようと思います!

既に参考書を買って勉強は始めています。気がついたら申込期限が近づいていたので、慌てて申し込むところです(;´∀`)


申込みはWEBで可能

申込みはWEBから可能です。支払いもVISAかMasterCardで決済できます。それ以外はコンビニ支払いもできます。


情報処理推進機構:情報処理技術者試験:受験申込み

というわけで、自分は今申し込みました。今回受ける方、一緒に頑張りましょう(´∀`)ノ

まだの方は急いで申込みましょう~

2012年11月26日月曜日

再就職の足がかりとしてMOS Excelを取ってみたものの、悩みは尽きず

MOS10-specialist


猫と一緒にガジェットライフ!ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

うつ病で仕事を休んでいます。今月で傷病手当金の支給も終わりです。来月から就職活動を始めな蹴ればなりません。

体調の方は、朝が起きられなかったりしますが、普通の生活は送れるようになっています。しかし、前と同じように仕事ができるか不安でたまりません。というかそもそも就職できるのだろうか・・・

そんな不安から、資格をいろいろ取っています。今回取ったのはMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト) Excel 2010 エキスパートというものです。



MOSの種類

マイクロソフトオフィスの各アプリケーションとバージョンにより、種類が分かれています。

  • Word(スペシャリスト/エキスパート)
  • Excel(スペシャリスト/エキスパート)
  • PowerPoint
  • Access
  • Outlook



それぞれバージョンが2003、2007、2010があります。WordとExcelは2段階あり、エキスパートの方が上位です。

Wordエキスパート、Excelエキスパート、PowerPoint、AccessまたはOutlookの4種目を取得すると、「マイクロソフトオフィスマスター」に認定されます。

 

なぜExcelを選んだか

元々システム開発の仕事をしていて、ドキュメントの作成はほとんどExcelでやっていました。単なる文書だけで無く、見積もりやWBSといった、複雑な数式を使う文書も使っていました。

個人的な印象としては、Excelがあれば大抵のことは済んでしまうと思っています。逆にExcelができれば大抵のことに対応できるということです。

元々の経験と汎用性から、Excelを取得しようと思いました。

 

スペシャリストとエキスパート

r-DSC02750

最初は順番に取ろうと思って参考書も両方買ったのですが、スペシャリストの内容はさすがに自分には簡単でした。以下の出題範囲を見ていただければ分かると思いますが、スペシャリストはある程度Excelに触ったことがあればほとんどできる内容だと思います。

■ Excel 2010 スペシャリスト出題範囲

■ Excel 2010 エキスパート 出題範囲

 

試験方法

試験はパソコンで実際にExcelを操作しながら行います。操作手順を記録して採点する方式です。参考書のサンプルをやった感じでは、関係ない操作をしていても必須操作さえ押さえてあれば大丈夫な感じです。不安な場合は、いつでも操作をリセットできるので、最初からやり直すことができます。

 

というわけで取ってきました

r-DSC02752

エキスパート合格です。お疲れ自分!

試験開始直後に地震に襲われましたが、合格できました。

 

問題は就職先です。前と同じようにシステム開発をやるか、病気の再発を考慮して事務職などに就くべきか、迷っています。元いた会社からは「復活したら声かけてね」と言われているのですが・・・。カウンセラーとも相談してみようと思います。

自分の買った参考書はこちら。分かりやすかったです。試験と同じ環境で実施できる模擬試験プログラムもついてるので良かったです。(Excel自体は入っていないので別途必要です。)


2012年11月17日土曜日

来年はジャンプアップ!パワーをいただいたNoSecondLifeセミナー11 #nsl11

r-DSC02539


猫と一緒にガジェットライフ!ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

ブログ「No Second Life」の立花さんが主宰する「No Second Lifeセミナー」も11回目。自分はこれで4回目の参加になります。

今回のテーマは「習慣力! ―  ダイエット・ビジネス・恋愛にガッツリ効く セルフ・マネジメントで2013年の自分を支配せよ!!」です。最初は立花さんが最近出されたiPhoneダイエットの本にまつわるテーマだったので見送ろうと思ったのですが、テーマが変わって「これは今の自分は行かねばならない」と思い、参加してきました。



ゲスト講演 佐々木正悟さん

r-DSC02540

「習慣化の鬼、タスク管理マスター」と立花さんに言わせるほどの方、ブログ「ライフハック心理学」を主宰され、シゴタノメンバーでもあり、本もたくさん書かれている佐々木正悟さん(@nokiba)がゲスト講師でした。

テーマは「習慣は技術です」。

習慣化は、技術を習得することであると言います。技術習得以前はなかなかうまくいかず、効果も見えず、うまくできている人との差が大きく見えて挫折してしまいがちであると。

これは自分にとって新しい視点でした。なぜ習慣化が難しいのか、分かったような気がします。

佐々木さんの著書は持っているのですが、積ん読状態になっているので、優先度を上げて読んでみたいと思いました。特にこの本です。

メイン講演 立花さん

自己責任思考

立花さん自身がそうであったように、5年という期間があれば、劇的に変わることができる。これは著書の「ノマドワーカーという生き方」を読めば分かります。

重要な考え方として、「自己責任思考」というのを挙げられていました。

やりたいことができないのは、やらないという選択をしている結果である。

この考え方は重要だと思いました。自分が望む姿になれないのは何故なのか、問題を浮き出して見つけ出すのに役に立ちそうです。

 

夢を実現するセルフマネジメント

よくライフハック系の記事などで「夢を書き出すと実現する」と言われますが、それは方便であると。実際は書いた後に何をするかが重要です。

夢を目標に変換するプロセスが必要です。

これは「7つの習慣」でも触れられていたと思いますが、ミッションステートメントを定めて、夢から目標、そしてタスクまでブレークダウンして行動し、評価してフィードバックするというサイクルが重要になってきます。

立花さんは、5カ年計画→年次→半期→クォーター→月次→週次→日次という段階でこれを行い、レビューをしてフィードバックするプロセスを実際にこなして、掲げた夢を現実化しています。

やらなければいつまで経っても実現できません。やるのは今です。

この仕組みは先日ブログにも書いた手帳「フランクリン・プランナー オーガナイザー」でも組み込まれているので、今年中に夢を目標に変換するプロセスを行い、来年は実践していきます(宣言)。

来年の手帳はこれだ!フランクリン・プランナー オーガナイザー | 羽根帽子の太公望

7つの習慣は推薦図書としても挙げられていました。自分からもオススメしたい本です。

来年は0からのスタート

懇親会では、立花さんの周りには常に人がいてゆっくりお話しすることができませんでしたが、なんとか最後に手帳にサインをいただきました。

r-DSC02543

今年は、うつ病のために仕事を失い、SEとしての自信を失い、大切な物も失いました。来月から就職活動をする予定ですが、何もかも失って全くの0からのスタートです。

このサインでパワーをいただいたので、この手帳を手に必ずや来年はジャンプアップする年にしたいと思います。立花さんありがとうございました!

2013年の活躍にご期待下さい!

 

来年のセミナーは

立花さんのブログはこちら。来年のセミナーは新たな形態も考えているとのことなので、気になる方はブログをチェックしてみてください。

No Second Life

著書はこちら。 稚拙ながら書評も書きましたのでよろしければご覧下さい。

 

@ttachi さんの「ノマドワーカーという生き方」は心地よさの中に人生の変え方が詰まった一冊 | 羽根帽子の太公望
2012年11月14日水曜日

来年の手帳はこれだ!フランクリン・プランナー オーガナイザー

外観


猫と一緒にガジェットライフ!ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

これまで手帳を使う習慣は無く、何となく買ってみたほぼ日Weeksも、うつ病で休職中の身では大して予定も無く、無駄に消費していく毎日でした。

来月からは就職活動を始めて、来年は仕事に復帰しているはずです。

これまで通りではいけない、そう思って来年使う手帳を探してみました。



紙の手帳がいい理由

単なる予定の管理ならGoogleカレンダーで十分です。タスク管理はRemember the Milkを使っています。

クラウドサービスじゃ無く、紙の手帳じゃないといけない理由は何でしょう。

自分は紙の手帳にライフログ、目標管理の役割を持たせたいと思います。一日をだらだらと過ごしてしまわないようにするためです。この用途だと、上記のようなサービスでは柔軟性が足りません。

あと、物として買うのも重要です。買ったからには使わないともったいない。これが無料のサービスだと使わずに終わってしまうかもしれません。

 

デイリーにするかウイークリーにするか

これは毎日の記録を残したいので、デイリーに決まりです。大きく重くなりますが、その分存在感も高いのでちょうど良いです。

 

選んだのはフランクリン・プランナーの手帳

手帳と言えば、普段使わない自分でも知ってる「ほぼ日手帳」があります。これのデイリーページはそんなにきちっとしたフォーマットが無く、自由に書き込めるところがメリットなのだと思いますが、自分は多少書くべきことが示されている方が良いと思いました。

いろいろ見てみましたが、「7つの習慣」の著者コヴィー氏の設立したフランクリンコヴィー社が出している「フランクリン・プランナー オーガナイザー」にしました。

フランクリン・プランナーというと分厚いスターターキットが思い出されるかもしれません。「オーガナイザー」はシステム手帳タイプでは無く、通常の綴じ手帳タイプです。システム手帳タイプより、綴じ手帳タイプの方が外したりできないので強制力があると思ったからです。

オーガナイザーのデイリータイプはA5サイズ、B6サイズがあります。カバーもいくつか種類があります。自分はA5サイズのカーボン柄レザーカバーにしました。最初の写真がその外観です

中身の紹介

最初の方は、7つの習慣に基づいた演習となっています。価値観を明確化し、ミッションステートメントを定めて、目標に落とし込むところまでを説明してくれます。

r-DSC02486

r-DSC02487

r-DSC02488

r-DSC02489

r-DSC02490

その次は、各種フォームとして、以下のような物がついています。

  • 月間支出管理
  • 月間予算ワークシート
  • 年間家計支出入記録シート
  • 年間支出記録シート
  • ミーティングプランナー(議事録)
  • コンタクトプランナー(アドレス)
  • クライアントプランナー(アドレスと日時メモ)
  • インフォメーション・レコード(連絡記録)
  • プロジェクト・プランナー

月間支出管理のページ。

r-DSC02491

月間予算ワークシート。

r-DSC02492

ミーティングプランナーのページ。細かくフォーマットが決められています。

r-DSC02493

コンタクトプランナーのページ。一般的なアドレス帳ですね。

r-DSC02494

プロジェクトプランナーのページ。これも細かくフォーマットが作られています。

r-DSC02495

 

次はマンスリーカレンダーです。一月あたりインデックスページ、カレンダー、マスタータスクリストがセットになっています。以下はカレンダーページ。デイリーページは来年からですが、ここは今年の9月から始まっています。

r-DSC02496

マスタータスクリストとインデックスページ。

r-DSC02497

 

そして本命のデイリーページです。普通の手帳と違うのは、QII(緊急ではないが、重要なこと)活動の記録欄があることです。他はタスクリストとタイムライン、ノート欄となっています。ノート欄はドットが打たれています。

r-DSC02498

 

付録として、1週間コンパスというものがついています。1週間ごとに、役割と目標を書くようになっています。切り取ってしおりにすることができます。

1週間コンパス

 

まとめ

「7つの習慣」を実践するための手帳に仕上がっています。本を読んで理解したつもりでも、実際に行動に起こさなければ意味がありません。今年中に演習部分を埋めて、来年はびっちり書き込んでいきたいと思います。

ある程度手帳の使い方を確立されている方は、もっとフォーマットが固定されていない手帳の方がしっくりくると思いますが、自分のようにまだ使い慣れていなくて、7つの習慣を読んだことがある人にはいい選択肢だと思います。

フランクリン・プランナー オーガナイザーはあまりメジャーじゃないからかひっそりと置かれていることが多いので、気になる方はよく探してみてください。(自分の近場ではA5サイズのデイリーは置いてなかったです)

他の綴じ手帳は以下のページに紹介されています。

フランクリン・プランナー・オーガナイザー。人生を変える時間管理ツール、手帳|オンライン・ショップ|フランクリン・プランナー・ジャパン

書籍「7つの習慣」はビジネス書としてはまず最初に読むべき本だと思います。

内容をさらっと知りたい方向けにまとめ記事を書いていますので興味があればご覧下さい。(連載記事になってます)

「7つの習慣」その1 ベースとなる考え方 | 羽根帽子の太公望

皆さんはもう来年の手帳を決めましたか?良かったらぜひブログで教えてください!

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク