2013年10月2日水曜日

AQUOS PHONE ZETA SH-02Eを修理に出しました

r-DSC02788


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

先週末にメインで使っているAQUOS PHONE ZETA SH-02Eを修理に出しました。致命的な問題ではないのですが、どうしても気になる問題が発生していたからです。



不具合はBluetoothでの音楽再生と再起動

1.Bluetoothでの音楽再生中に音飛び

1つはBluetoothヘッドセットで音楽を聴いているときにブツブツと音声が途切れることです。1曲の間に何度かあるくらいの頻度なので、非常に気になります。

同じヘッドセットをPCと繋いだり、MEDIAS TAB N-06Dと繋いで音楽を聴いているときは全く問題無いので、おそらく本体の問題と思います。また、有線で音楽を聴いているときにも問題無いので、アプリが重いということもないはず。

ちょっと調べると、Android4.1へアップデートした後に発生したという報告がありました。自分はアップデート前にはBluetoothで音楽を聴いてなかったのでわかりませんが、同じ問題かもしれません。

AQUOS PHONE ZETA SH-02E、OS4.1アプデで不具合ちらほら アプデ失敗で再起不能、修理行き報告も : スマホ口コミ速報

2.突然の再起動

気がつくとポケットの中で熱くなっていて、見てみると再起動していることが何度もありました。これは少し前にSIM交換をしてみたのですが、その後も発生しました。

-------

いろいろ見ていると、不具合で交換になったという人もけっこういるようでした。(SH-02Eが無くなってSH-06Eにしてもらって、それでもまた問題が・・・という方も)

シャープさん・・・昔(特にJ-PHONE時代)は先進的な端末をいくつも出してきて、その後W-ZERO3シリーズで「スマートフォン」を作り上げてきたので一目置いていたのですが、最近はどうしちゃったんでしょうか(´Д`;)ヾ

 

そして修理へ

この端末でドコモショップへ相談するのは3回目くらいなので、すぐに預かり修理となりました。代替機はGALAXY S3α SC-03Eでした。

r-DSC01406

割と新しい機種ですね。GALAXY S3のマイナーチェンジモデルで、CPUがクアッドコアになったりスペックアップしています。

r-DSC01407

おサイフケータイ、ワンセグ搭載です。とりあえず最も使うモバイルSuicaだけ機種変手続きをして移行しました。関係無いですが、モバイルSuicaアプリの古くさいユーザーインターフェースはなんとかならないんですかね・・・。

r-DSC01408

SH-02Eも決して厚いわけではないですが、持ってみるとすごく薄く感じます。でも電源ボタンの位置がぱっと見わかりづらくて押しにくいと思いました。

r-DSC01409

逆側のボリュームキーは間違って触れてしまって音量が変わってしまうこともしばしば。

r-DSC01410

メニューと戻るキーはタッチセンサーで、ライトが付かない状態では完全に隠れます。ちょっとかっこいい。

GALAXYシリーズは標準でタスクマネージャやメモリ解放の機能が付いているのがいいですね。逆に専用アプリが多すぎるとは思います。

 

GALAXY S3αではBluetoothの音飛び全く無し!

同じヘッドセットを使ってBluetoothで音楽を聴いてみましたが、全然飛びません。今日は午前中電車で出かけてきましたが、その間も1度も飛ぶことはありませんでした。すばらしい!

・・・というかこれが当たり前ですよね(;´∀`)

 

ちゃんと直って戻ってくるといいな・・・・できたらSH-06Eに交換してくれるといいな~(´ー`)

使っているBluetoothヘッドセットや、Bluetoothで音楽を聴くことについてなどはまた別記事に書こうと思います。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ

2013年10月1日火曜日

ソニーショールームで新製品を試してきた/XperiaZ1・PRS-T3S・新型PSVita編

r-DSC01293


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

銀座のソニーショールームで新製品を試してきたシリーズ、今回はXperiaZ1、PRS-T3S、新型PSVitaをお送りしたいと思います。



XperiaZ1

r-DSC01285

日本でも近々ドコモから発表されるXperiaZ1、どうやら明日から始まるCEATEC JAPAN 2013で展示されるようですね。銀座のソニーショールームでは、8Fフロア全て使って特別展示が行われていした。

自分はXperiaを使ったことがなく、1つ前のZもそんなに触ったことがないので比較ができず申し訳ありませんが、一通り紹介していきます。

r-DSC01286

最初に手に取ったのは黒いモデルです。裏面はガラスのフラットボディです。

r-DSC01287

そしてこれが評判のカメラ。スマホとしては大きめの、コンパクトデジカメと同じサイズの1/2.3インチセンサー、サイバーショットで使われているGレンズ搭載です。Gのロゴと1/2.3、20.7MPの文字が刻印されています。

r-DSC01288

前の機種XperiaZは角張ったボディでしたが、Z1では曲面になったアルミフレームになっています。

r-DSC01289

右側面は丸い電源スイッチも健在ですが、Zよりは小さくなってますね。カメラボタンもあります。写真左側にはSIMスロットがあります。

r-DSC01308

上部はイヤフォンジャックがあり、キャップレスで防水対応しています。ショールームの1Fでは、防水をアピールするために浅い水槽を用意してありました。

r-DSC01291

左側面はクレードル用端子があります。ケーブルが刺さっているところには蓋付きのmicroUSB、その横にmicroSDスロットがあります。

r-DSC01309

底面には大きなスピーカーと、なんとストラップホールがあります。

r-DSC01292

こちらは白いモデルの裏面です。

r-DSC01311

ホーム画面。ドコモから発売されるときには例のアレになるでしょうが・・・。

r-DSC01305

そしてXperiaといえばやっぱりパープルですね。いい色です。

r-DSC01306

パープルのカメラ部分。拭いてから撮ったので指紋がないはず。

r-DSC01313

なぜでしょう、アプリ一覧を全部撮ってませんでした(;´∀`)

どうやら日本で発売される仕様ではフルセグ/NOTTVが入るようなので、アプリも変わってくるでしょうね。

NTTドコモのカタログがリーク。「XPERIA Z1 SO-01F」はフルセグ/NOTTV等日本仕様に対応、小型版「XPERIA Z1 f SO-02F」は4.3インチHD液晶など詳細スペックが判明。 – すまほん!!

r-DSC01320

自分が使っているAQUOS PHONE ZETA SH-02Eとの比較。幅は同じくらい。持った感じもそんなに大きいとは思いませんでした。

r-DSC01321

XperiaZで削除されていたスタミナモードが入っていました。でもこれも日本仕様ではどうなるんでしょう。聞けば良かった・・・。

r-DSC01295

そして噂のカメラです。

r-DSC01296

モード選択画面が豪華。

r-DSC01297

面白いのがARエフェクトで、実像の上に立体的なアニメーションを投影しながら撮影できます。

r-DSC01298

エフェクトは海の中や森などいくつかありました。ちゃんと立体を認識しているような感じでキャラクターが動き回ります。

r-DSC01299

カメラの設定画面。これは静止画。

r-DSC01300

こちらは動画の設定画面。

r-DSC01301

その他の設定画面。「シャッター音」というのがありますが、これも無くなるかもですね・・・。

r-DSC01302

ホワイトバランスや露出補正をするところ。

r-DSC01303

撮影後に位置情報を設定したり、そのままFacebookやPlayMemoriesへアップしたりできます。

r-DSC01304

位置情報設定は地図を表示して設定可能。

r-DSC01317

こちらはウォークマンアプリ。Androidウォークマンのw.ミュージックとはまた違います。同じにすれば良いのにな~。

r-DSC01318

ウォークマンアプリの設定には「Music Unlimited」の設定が。Zでも使えるんでしたっけ・・・。

r-DSC01322

この8Fフロアを訪れると、出口でロゴの入ったウェットティッシュをもらえました。残念ながら29日で終わってしまったようです。

Z1いいですね。カメラが高機能でスペックも良いので、レンズスタイルカメラQXの出る幕も少なくなってしまうかもしれません。

気になる方は10月2日以降のCEATEC JAPAN 2013か、ソニーショールームへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ソニーショールーム | ソニー

CEATEC JAPAN 2013 ( シーテック ジャパン 公式サイト )

 

電子書籍端末 PRS-T3S

r-DSC01323

もうすぐ発売になる電子書籍端末PRS-T3Sもありました。

r-DSC01324

今度のモデルではカバーがバッテリーカバーと一体になり、より薄く携帯しやすくなっています。

r-DSC01325

こちらはライト付きのカバーです。これも一体型です。通常のカバーよりちょっと厚みが増します。

r-DSC01326

ライト部分を引き出すと、このようになります。ライトは自動的に尽きます。電源は本体のバッテリーと共用するので、従来のカバーのような電池は不要です。

r-DSC01332

ライト付きカバーを付けたPRS-T2(左)との比較。本体自体も縦方向が短くなっています。

そして今回のモデルでは、最大4時間リフレッシュなしでページをめくれるというのが売りの1つになっています。実際に入っているデータで試してみました。

30ページほどのサンプル書籍だったので少ないですが、それでも全ページリフレッシュなしでめくれました。すばらしい。

さすがに自炊PDFだとページが画像なのでこうはいかないでしょうが、Readerストアで購入した本なら快適に読めそうです。

PRS-T3Sは購入予定なので、届いたらレビューを載せたいと思います。発売日は10月4日です。

ソニーストア

 

 

 

新型PS Vita

r-DSC01328

新型PS Vitaもありました。と言っても自分はPS Vitaを持っていないので、薄くなったかを比較できません(;´∀`)

r-DSC01329

上面。どうでしょう、薄くなってますか?

r-DSC01330

裏面。

r-DSC01331

も一回上面から。

発売日は10月10日、もうすぐですね。

 

まとめ

3回にわたってお送りしたソニーショールームでの新製品お試しシリーズ、いかがだったでしょうか。

無料で触り放題なので、気になる製品がある方はぜひ行ってみてください。

この他にも、各種ヘッドフォン、イヤフォン、4Kブラビア、VAIO、一眼レフのα、NEXシリーズなどなど展示されていました。

ソニーショールーム | ソニー

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ

【関連記事】

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク