ラベル WEBサービス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル WEBサービス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2013年3月14日木曜日

みんな何をそんなに慌ててるんだい?落ち着いて考えてみよう

2013-03-14_21h57_34


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

本日衝撃のニュースがIT業界を騒がせました。オンラインRSSリーダーサービスのGoogleReaderが7月に終了するとのこと。帰宅してブラウザを立ち上げると、自分のPCでも画像のように終了のお知らせが出てきました。

自分も最初は愕然としました。情報のインプットはほぼ全てをGoogleReaderに頼っているので、どうしようかと焦りました。

ですがよく考えてみると、そんなに焦らなくてもいいんじゃないかと思えてきました。



所詮はごく小さな世界の話

「Google Reader」終了 7月1日に ユーザー減少で - ITmedia ニュース

しかし、自分の観測範囲では大変な騒ぎになっていますが、ユーザー減少ということは「RSSって何?」という人がほとんどということなのでしょうね。RSSバナーを描いていただきましたが、今度は「お気に入りに追加」バナーを描いてもらおうかな・・・

 

代替サービスが次々と

あふれる難民を受け入れようと、代替となるサービスが次々と名乗りを上げてきました。

「Feedly」はマルチクライアントでサービスを展開しており、この事態を事前に予測して準備を進めていたと発表しています。個人的には、PCとAndroidでGoogleReaderを利用していたので、一番期待しています。

Google Reader 代替にFeedly が名乗り。他社アプリのAPIアクセス受け入れも表明 - Engadget Japanese

ヤフーは「My Yahoo!」でRSSリーダーを提供しており、「爆速でやります」と宣言しています。

Google Readerユーザー獲得に各社が名乗り ヤフーは「引っ越しツールを爆速準備中」 - ITmedia ニュース

「Flipboard」は現在登録しているフィードはそのまま保護されるとのこと。

Flipboard、7月1日以降のGoogle Reader登録フィードを救済 | 携帯 | マイナビニュース

他にも「livedoor Reader」が有力そうです。ねとらぼではまとめを随時更新しています。

Googleリーダーの代わりに使えそうなRSSリーダーは? ※随時追加 - ねとらぼ

 

まだ4ヶ月あるじゃないか

サービス終了は7月1日です。あと4ヶ月ほどあります。

上記サービスはこの間により洗練されるでしょうし、新しいサービスも登場するかもしれません。

もしかしたらGoogleReader自体存続の可能性も・・・

 

早い、早いよ!


カイ・シデン 名言 - スレッガーさんかい??早い…早いよ…

何人かのエンジニアさんは倒れることになるのかもしれませんが(;´∀`)、スピードの速いWEBサービスの世界ですから何が起こるか分かりません。

焦って移行するのではなく、しばらくは様子見で大丈夫だと思います。自分は、PCとAndroidでしっかり同期できる環境が出てきたところで移行しようと思います。

 

しかし4月からの新しい仕事がこれだったら嫌だな・・・(;´∀`) いや、ヒーローになれるのかな。

2012年12月5日水曜日

簡単!年賀状をブラウザ上で手軽に作成、投函までしてくれるサービス

a0782_001111


猫と一緒にガジェットライフ!ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

世はクリスマスムードですが、クリスマスが終わるとすぐに年明けです。そう、今のうちに年賀状を書いておかないといけません。

今回は、WEB上でデザイン作成から投函まで行ってくれるサービス「ポスコミ」をご紹介します。



年賀状印刷のポスコミ - かんたん便利な宛名印刷・投函サービス

 

1.ユーザー登録

まずはユーザー登録を行います。行わなくても利用可能です。

 

2.デザインの選択

次にデザインを選びます。大量のデザインがあるので、大抵の需要は満たせると思います。

2012-12-05_08h09_05

 

3.はがき種別、配送方法、レイアウトの選択

はがき種別は年賀状か通常のはがき(年賀状以外で使う)、配送方法は直接投函か宅配(配送料がかかる)、宛名印刷の有無と縦横を選べます。

 

4.コメントと差出人の入力

2012-12-05_08h17_09

自由入力欄と差出人を入力します。1枚ごとに別々のコメントにすることもできますし、全員同じにすることもできます。1枚ごとに変える場合は都度手順を踏まないといけませんが。

 

5.表面のレイアウトを指定

2012-12-05_08h19_20

面面の縦横、フォントを選択します。

 

6.宛先の入力

2012-12-05_08h20_14

宛先を入力します。入力した人に対して、現在の内容(デザインやコメント)で送るかどうかを選択できます。一度入力しておけば、次の年も使えます。(ユーザー登録をした場合)

 

7.デザインの確認

裏表のデザインを確認して、買い物かごへ入れます。

 

8.支払い方法の選択

支払い方法は各種クレジットカード、銀行振り込み(楽天銀行)が使えます。

 

9.料金

料金は、印刷料金が1枚84円+はがき代50円(+宅配の場合680円)です。枚数が多いと割引になります。12/10までキャンペーンで10%オフになります。詳しくは以下をご覧下さい。

ご利用料金について - 年賀状印刷のポスコミ

 

まとめ

印刷から投函までしてくれるので、とても楽です。全部印刷になるので、手書きじゃないとダメって人には、デザイン部分だけ印刷して宅配してもらい、宛先やコメントを手書きにするという方法もあります。

家にプリンタがあれば、書店で売られているムック本を買ってパソコンで作るという手もありますが、無い場合はこのサイトを利用してみるのはいかがでしょうか。

2012年12月1日土曜日

アイコンをクリスマス仕様にするWEBサービス


猫と一緒にガジェットライフ!ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

アイコンをクリスマス仕様にしてみました。「twibbon」というサービスを使うと、アイコンの装飾が簡単にできます。



設定方法

まずはサイトにアクセスします。

Twibbon - Start something!

上にある「Find a Campaign」を選択します。

2012-12-01_20h38_42

いろいろな装飾があるので、好きな物のタイトルをクリックします。

2012-12-01_20h40_26

装飾例が出ます。TwitterかFacebookのボタンを押すと、アプリ認証の画面になるので認証します。

2012-12-01_20h40_45

アイコン画像を取り込んでくるので、ドラッグで装飾の位置を調整し、右のボタンを押すとプロフィールに反映されます。

2012-12-01_20h42_11

1個作ってしまえば、あとはそれをダウンロードして、他のサービスにもアップロードすれば良いと思います。

12月にもなったことですし、クリスマス気分を出してみてはいかがでしょうか。

2012年11月22日木曜日

Instagramの公式バッジ機能がリリース!早速貼ってみた

instagram


猫と一緒にガジェットライフ!ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

カメラ&写真共有アプリのInstagramの公式機能として、ブログ等に貼り付けるバッジがリリースされました。早速右側のプロフィールに貼ってみました。簡単ではありますが設定方法を載せておきます。



設定方法

バッジツールのURLにアクセスします。WEB版にログインしていない場合は、ここでログイン画面が出ます。

2012-11-22_19h38_43

ログインすると上記画面が出ます。ここで好きなボタンを選択します。

2012-11-22_19h38_52

下の欄に貼り付け用コードが出ますので、これをブログに貼り付けます。

貼り付け結果は右側のプロフィール欄をご覧下さい。そしてよろしければフォローお願いします(´∀`)ノ

まあ基本的にTwitterとFacebookとGoogle+に同時投稿しているので、そちらを見ていれば十分ではありますが(;´∀`)

2012年11月9日金曜日

InstagramのWEB版が利用可能に!

instagram


猫と一緒にガジェットライフ!ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

InstagramのWEB版がリリースされました。随時適用されているようで、自分のアカウントも利用可能になりました。Facebookのタイムライン風なインタフェースとなっています。



アクセス方法

http://instagram.com/[ユーザー名]でアクセス可能です。利用可能になっていれば、以下のような画面が表示されます。

2012-11-09_11h12_16

自分のページは http://instagram.com/mutouj/ です。よろしければフォローお願いします(´∀`)ノ

 

できること、できないこと

WEB版でできる事は限られています。他ユーザーの写真に対するいいね!、コメントの投稿は可能です。自分のプロフィールの編集はできますが、新しい写真の投稿はできません。

新しいユーザーのフォローは可能です。ただ検索機能や人気のユーザーを表示する機能は無いので、探すのはちょっと大変そうです。

 

まとめ

これまでの投稿を一気に見られるのは便利ですね。ブログなどから自分のページへ誘導してフォローしてもらうのにも使えそうです。

すでにwebstagramという同様のサービスがあり、こちらの方が高機能だったりしますが、やっぱり公式が安心ですよね。

今後の展開に期待です。

Instagram
Instagram
価格:無料  平均評価:4.6(2,440,510)

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク