2014年3月30日日曜日

猫好きへ贈る週刊すずと 2014/03/24~2014/03/30の振り返り #猫 #cat #すず

r-DSC04227

猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

猫好きの方もそうで無い方へも贈る「週刊すず」と2014/03/24~2014/03/30に書いた記事の振り返りです。すずについては上の「すずについて」タブをご覧下さい(スマホではプルダウンメニューになってます)。雄の茶トラ猫(2歳)です。

あごのせすず。

正面図はこの後!それでは今週も週刊すずいってみましょ~ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ



週刊すず

RX100M2で撮影。長辺2048ピクセルに縮小。全てクリックで拡大します。)

r-DSC04226

正面無かった!側面の様子。

r-DSC04228

ストーブ前でごろ寝。

r-DSC04229

肉球。

r-DSC04232

これは別の日。

r-DSC04231

寝てます。

r-DSC04233

手を伸ばしてきたのですかさず一枚。眠そうです。

r-DSC04234

こんな感じで手を伸ばしてます。

r-DSC04235

そして無防備な体制に。

r-DSC04236

毛繕いを始めました(注:人の足の上です)

r-DSC04237

にゃんですか?

r-DSC04238

そして肉球。29日は肉球の日ですよ!



この週に書いた記事の振り返り

モジライナー

デコラッシュとは別のコーナーに置いてあることが多くて、よく見てないと見逃してしまいそうになるこの製品。これまでデコラッシュはちょっと自分には・・・という方にお勧めです。

薄い色の方が使い勝手がよさそうです。

次の現場へ

3月はだいぶ体調を崩してしまい、休んでしまうことが多かったです。確かにハイレベルな仕事ではあったのですが、自分で感じている以上に体は疲弊してしまったようです。完全復帰にはまだ時間がかかりそうです・・・。

救急車

ただでさえ休みがちだったのに、急性胃腸炎(たぶん)になってしまうとは(;´ρ`)

もう下痢も治まって元通りですが、うつ病由来の胃のムカムカ感はあります・・・。

ソニーのICレコーダー

薄型軽量ながら、その性能は十分過ぎるほど。でもイベントなどで使っていいかどうかは事前に確認しましょう。





桜の開花宣言が出ましたが、急性胃腸炎のため週末はおとなしくしていました。来週は桜を撮りに行きたいですね~。夜桜も録ってみたいですが、夜まで外出するとパワー切れが心配です(;´∀`)

それではみなさま今週も良きガジェットライフを(´∀`)ノ



薄型軽量でカッコいいICレコーダー「ソニー ICD-TX50」

r-DSC04580

猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

この製品、自分が買ったのは実に2013年6月なので、一年近く記事に書くのをほったらかしにしてました(;´∀`)

発売日は2012年2月21日です。しかし、このデザインのシリーズ(型番TX)はその後発売されていないので、現行モデルということになります。

そういうわけで今更なのですが、レビューをしたいと思います。



開封の儀

r-DSC04581

箱を開けたところ。本体が見えます。

r-DSC04582

これが本体です。ボタンは最小限で、正面は録音と停止ボタンのみです。

r-DSC04583

右側面。薄いです。しかし、ボリューム、早送りボタン、再生/決定ボタン、早戻しボタン、戻る/ホームボタン、トラックマークボタンとインターフェースが集中しています。microUSB端子もあり、PCとファイルやりとりをしたり充電が行えます。

あ、ストラップホールもあります。

r-DSC04584

左側面。ボケてすみません(;´∀`)

こちらはホールド・電源スイッチ、microSDカードスロット、イヤフォンジャックがあります。

r-DSC04585

上面にはステレオマイク。

r-DSC04587

裏にはクリップがあります。

r-DSC04588

このクリップにはめ込む防振アタッチメントも付いています。机に置いているときにノイズを低減します。

r-DSC04586

内容物。イヤフォン、USBケーブル、キャリングポーチです。

r-DSC04589

モノクロですが、有機ELディスプレイを採用しています。

r-DSC04591

正面下にはスピーカーも付いているので、本体のみでも再生できます。



スペック

詳細は公式サイトにあるのですが、ざっくりまとめると以下の通りです。

  • 薄さ6.4mm(最薄部)、約50g
  • 「胸ポケット」、「会議」、「ボイスメモ」、「インタビュー」、「Myシーン」の選択が可能
  • 一定以上の音を拾うと録音をスタートするV.O.R(Voice Operated Recording)
  • 聞きたい位置を記録して頭出しが可能なトラックマーク機能
  • 音楽ファイルの再生も可能(MP3、WMA、AAC-LC、LPCMなど)
  • 最長24時間のバッテリー
  • 本体メモリ4GB+microSDHCスロット搭載
  • 録音形式はリニアPCM、MP3(192kbps、128kbps、モノラル48kbps)

基本機能は押さえており、さらに薄型なのでカバン容量を圧迫しません。



使ってみた感想

  • かっちょいい!この薄さは他社も含めてなかなかない
  • しかしその分ボタンが側面に集中しており、操作性はあまり良くない
  • 小型の割に音質は十分
  • microUSBで充電可能、PCと繋ぐとmicroSDと本体両方見えるのでファイルやりとりも簡単
  • お値段はちょっと高め

音楽再生はできますが、曲送りがちょっと遅めです。音質は悪くないと思います。

ファイルを選択したりする場合は側面のボタンを使わなければいけないのでちょっと不便ですが、最もよく使う録音と停止が正面にあるので通常は困らないと思います。

これを書いている2014年3月30日時点で、価格コム最安値は10350円です。同じソニーのローエンドモデルICD-BX122だと3589円なので、倍以上します。しかし、マイクがモノラルだったり乾電池なので大きさ重さも上です。

詳しい比較表はこちら。

ICレコーダー | ICレコーダー/ラジオレコーダー | ソニー



サンプル音声

あまり適切かどうかはわかりませんが、すずがのどを鳴らす音を録ってみましたw(映像は別途撮影した静止画です)



まとめ

他のICレコーダーがモデルチェンジしている中、後継機種が出ていないということは売れているのだと思います。より上位のモデルだとハイレゾ録音ができたりするのですが、会議の内容を録るくらいなら十分です。

何より薄さとデザインは秀逸です。最近はパナソニックがスティック型のレコーダーを出しましたが、薄い方が便利じゃないかなーと思います。

というわけで、小型のICレコーダーを探している人にはオススメです。

それではみなさま良きガジェットライフを(´∀`)ノ



2014年3月28日金曜日

生まれて初めて救急車を呼んで乗った話

a0002_001100

猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

昨日生まれて初めて救急車を呼びました。そして乗りました。

まさか自分がお世話になる日が来るとは思いませんでした。これはその当日のお話です。



突然の吐き気と下痢

その日、朝から少しお腹の調子が悪かったです。うつ病なので、ストレスによって気持ちが悪くなったり胸焼けがしたりというのはあるので、最初はいつもと同じかと思ってました。

しかし、会社に着いてから激しい下痢。ほとんど水のままドバドバ出てきました。

2回ほど下痢をした後、今度は激しい吐き気に襲われました。

お昼ご飯も食べることができませんでした。



もしかしてノロウイルス・・・?

最初に思ったのは、「ノロウイルスか・・・?」でした。

厚生労働省の「ノロウイルスに関するQ&A」というページがあったのでざっと読みました。

  • 主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度
  • 通常、これら症状が1~2日続いた後、治癒し、後遺症もない
  • このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はない
  • 「ノロウイルス抗原検査」は3歳~64歳の場合保険適用外(まあでも数千円らしいです)
  • ふん便や吐ぶつには大量のウイルスが含まれる

うん、ヤバイかも(;´ρ`)



まずは救急相談センターに相談

自治体によっては番号が違ったりそもそも無かったりするのですが、救急車を呼ぶほどでもない場合や病院へ行くべきか迷う場合に、24時間年中無休で電話相談を行うサービスがあります。

東京では、「救急相談センター」という名前で、「#7119」で繋がります。

早速電話して、症状をひとしきり説明したら、「病院行ってください」とのことでした。近くの病院も教えてもらいました。



救急車を呼ぶ

吐き気がものすごいので仕事は抜けさせてもらい、病院へ向かおうと思ったのですが、教えてもらった病院はあまり近くではなく、歩いているうちに吐いてしまいそうでした。

もしノロだったとして、その辺にウイルスまみれ吐ぶつをまくわけにはいかない・・・

というわけで119に電話しました。

電話するとまず「火事ですか、救急ですか」と聞かれます。救急と答えました。

次に名前と現在地の住所を聞かれます。ここがマズかったのですが、勤務先は大きなビルで住所を覚えていませんでした。近くに電柱もなく、町名までは覚えてたのですが、あとはビル名だけしか伝えられませんでした。ビル名だけで何とかなると思ったのですが、どちらかというと番地の方が知りたいようでした。

とりあえず把握してもらったようなので電話を切って待ちました。ここでもう1つミスったのは、電話が着信しているのに気がつかなかったこと。救急隊の方がかけてきたのに気づきませんでした。

少したってから着信に気づいて折り返しました。連絡を取り合いながら誘導して、到着。乗り込みました。

一通り症状と名前や住所を伝えると、救急病院と連絡をして向かってくれました。5分と歩いていられないくらいだったので、助かりました。



そして病院へ

救急搬送口から通してもらって、すぐに診察を受けられました。

とりあえず吐き気が酷かったので、ひとしきり出してきました。

お腹を見せて、触診をして、特に急を要する病気ではないとの判断。薬については元々心療内科で胃薬や吐き気止めをもらっていたので特に追加で出す物も無く、点滴を受けました。

1時間半くらい受けて、何とか歩けるくらいには回復したので、帰路につきました。



進捗:まずまず

一日経った今日もまだ治まっていなかったので仕事はお休みしました。

おかゆとウィダーインゼリーを食べ、ほとんどそのまま体をスルーし、生まれて初めての寝下痢を経験しました(;´ρ`)

吐き気はほぼ無くなりました。下はまだ危うい感じですが・・・

明日には何とかなってるかな・・・という感じです。



まとめ:救急車を呼ぶときは

  • 住所を確認しておく
  • 呼ぶべきか迷うときは救急相談センターへ相談
  • 119にかけた電話は着信に備える

救急相談センターはぜひ活用したいところです。夜間や休日でも、受け入れてくれる病院を紹介してくれます。

救急車の中をじっくり見る余裕は無かったのですが、シャープのプラズマクラスター発生器が置いてありましたw

ちなみに胃腸炎の原因ですが、食事は平日はほぼ固定化しているので思い当たる節はありません。・・・が、ちょっと古くなったサプリを飲んでいたので、もしかしたらそのせいかもしれません。

皆様もお気を付けください。

それでは皆様良きガジェットライフを(´∀`)ノ

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク