2014年8月12日火曜日

[Xperia Z2] アルミバンパー「CROY DECASE」レビュー #android #xperia

r-DSC00482
猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。
2度も故障で修理に出したXperiaZ2、落としてまた修理とかなったらもう立ち直れません(;´∀`)
背面にもガラスフィルム(クリスタルアーマー)を貼っているので、ケース型は除外しました。Z2は背面上部がかなり熱を持つので、完全に覆ってしまうカバーはちょっと心配です。
そこでアルミ製バンパーを探していたのですが、良さそうなのが出たのでゲットしてみました。CROYのDACASEというものです。
1ヶ月くらい使用してみたので、レビューしたいと思います。


開封の儀

r-DSC00483
「DECASE」は「DEVIL CASE」の略なんですね。ちょっとアレです(;´∀`)
r-DSC00484
中身はバンパーと背面カバー、クロスに取り付け用のネジとレンチです。黒いのは充電台に取り付けるアジャスターです。
ちなみに色はブラック、シルバー、ワインレッド、パープル、シャンパンゴールドの5色あります。
r-DSC00485
左側面。USBの蓋とマグネット充電端子は穴が開いています。DECASEのロゴがここに。
r-DSC00486
右側面。SIMスロットはふさがっています。電源、音量、カメラの各ボタンは別部品になっています。
r-DSC00487
裏はテープで軽く留めてあって、押し心地は良好です。カメラボタンの半押しも問題なし。
r-DSC00488
上面。1つめのネジが本体右上の部分にあります。中央は大きくくりぬかれており、イヤフォンジャックは別の穴が開いています。後述しますが、穴が小さいため本体付属のテレビ用アンテナコードは入りません。
r-DSC00489
底面。本体左下にもう1つのネジがあります。上面と同じく中央が大きくくりぬかれており、右側にストラップ用の穴が開いています。XperiaZ2に元々あるストラップホールはふさがってしまうので使えません。


装着!

r-DSC00490
上下からフレームをはめていって。
r-DSC00491
ネジ止めすると完了です。
r-DSC00492
フレームのつなぎ目は若干段差がありますが、気にならないレベルです。
r-DSC00495
底面。右側の2つの穴がストラップホールです。見ての通り、装着後にストラップを付けるのは不可能なので、先にストラップを付けてからはめましょう(;´∀`)


使用感

ここは良い!

フレームのがたつきは全くありません。内部には要所にゴム状のシートが付けられているので、本体に傷が付くことも無さそうです。

アルミの質感も良いです。ボタンについても押し心地が良く、カメラの半押しも全く問題ありません。

さすがに落としたことはないので衝撃試験はできませんが(;´∀`)

ネジは予備を合わせて4つ入っています。購入直後に無くしかけたので、CROYのサポートにネジだけ変えないかどうか問い合わせたところ、
「現時点では残念ながら別売を行っておりません。但し、ご用命ございましたら100円の送料をご負担して頂く事となりますが別途無償にてお手配させて頂く事は可能です。」
との回答をもらいました。無くしても大丈夫ですね。

ここがイマイチ!

ストラップホールの部分が鋭いのか、付けていたストラップ(ラスタバナナのシリコンストラップ)は1ヶ月経たないうちにすり切れてしまいました。ポケットから引き出すときに引っ張っていたくらいなのですが、落下防止にストラップを付けるのであれば丈夫な物を選ぶ必要がありそうです。

もう1つ。どうもバンパーを付けてからFeliCa全般の認識が悪くなりました。改札やお店でなかなか認識しなかったり、エラーになったり。
先日は駅への入場がエラーのまま通過できてしまい、駅内のお店ではSuicaでの買い物ができたものの、出場はもちろんできないので駅員さんのいるブース内の端末でかざしたところ全く認識しませんでした。再起動してもダメで、最終的にはモバイルSuicaの定期の画面を見せて出してもらえました。

この件についてCROYに問い合わせたところすぐに電話がかかってきたので状況を伝えました。やはり他にも同じ問い合わせがあったようで、現在調査中とのこと。公式Facebookページに情報が載っています。


あくまで一部個体の不具合のようですが、FeliCaを使う方はちょっと待った方がいいかもしれません。

書いてる途中に再度電話がかかってきました。認識しづらくなったらNFCをオフ/オンすることで改善される可能性があるかもしれないとのことです
現在不具合で困っている方は、返品も受け付けるそうなのでCROYの公式サイトから連絡してみるとよいかも知れません。
アンテナケーブルが使えないというのもありますが、これは適当なイヤフォン挿せばアンテナ代わりになるのでそこまで深刻ではないでしょう。

まとめ:FeliCa使いは続報を待て


ものは非常に良く、サポートの対応も非常に好感を持てました。しかし、今のところFeliCaの問題は残っているので、FeliCa(特にモバイルSuica)を利用している方はもう少し待った方が良いかもしれません。
新たな情報が出てきたら追記しようと思います。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ


【XperiaZ2関連記事】
2014年8月11日月曜日

すずのがん闘病記11 退院、そして初めての注射をする 2014/07/30~08/11 #cat #猫 #すず

r-DSC_0104

猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

自分の退職ですずの面倒を見てやることができるようになったので、3週間の入院からやっと開放してあげられました。

しかし、久々の我が家はもう知らない世界も同然。怯えてしまって大変です(;´∀`)
そして初めての注射をすることになるのでした・・・。

すずについては上の「すずについて」タブをご覧下さい(スマホではプルダウンメニューになってます)。雄の茶トラ猫(3歳)です。


すっかり病院が気に入ってしまったすず

r-DSC_0105

7月31日。退院するまでの間、会社の帰りに病院へお見舞いに行ってました。

r-DSC_0106

ご飯をむしゃむしゃ。

r-DSC_0107

8月1日。箱を用意したら中より上が気に入った様子。

r-DSC_0108

食欲は昔通りとは行かず、少しずつじゃないと食べてくれません。

r-DSC_0109

前にも書きましたが、すずは食べるのがとても下手です。口に入れても噛んでいるうちにスキマから出てしまったり。
そうしてなめているうちに餌が湿ってくると、食べてくれません(;´∀`)
昔は出せば全てぺろりだったんですけどね。

r-DSC_0111

でも元気はあって良かったです。


手術台の上をえらく気に入る

r-DSC_0114

8月2日。治療のために手術台の上に乗せたら気に入ってしまったらしく、ずっと座っていたそうです。

r-DSC_0115

ゴロゴロと喉を鳴らしてご機嫌。

r-DSC_0117

スマホに付けていたシリコンのストラップが気に入ってます。

r-DSC_0118

きりっとした顔。

r-DSC_0119

さらにアップ。

r-DSC_0121

遊び終わって箱座り。

r-DSC_0124

8月3日。やはり手術台の上でお出迎え。

r-DSC_0125

もう手術台の上から全く動かなかったそうです。

r-DSC_0127

なんか手を掛けてのびっとしてきました。一応ご主人様は覚えてるようです。

r-DSC_0129

8月4日。この日も手術台の上。
拡大写真は載せませんが、背中の所がちょっと毛が薄くなっているのがわかるでしょうか。

どうも少し前に使った白血球を増やすための薬を打ったときに、皮膚が少しかぶれた?ようで、炎症みたいになってました。
前回の記事で「神経過敏になっている」と書きましたが、どうもこの傷のせいだったようです。

r-DSC_0134

ご飯食べ終わって満足げ。

r-DSC_0135

「もう帰ってよいぞ」

r-DSC_0136

8月5日。背中の傷を守るためにカバーをかけられてました。傷はかさぶたができてきて治りつつあります。

r-DSC_0137

新しい餌を出すとよく食べます。

r-DSC_0138

そして箱座り。

r-DSC_0142

8月6日。やっぱり手術台の上。

r-DSC_0143

すっかり病院の主です。

r-DSC_0144

そして喜んでいるときに見せるごろんのポーズ。

r-DSC_0145

さらに喜ぶとひっくり返ります。

r-DSC_0146

お腹をさすってやると満足げ。

r-DSC_0149

ストラップにも元気に食いつきます。


8月9日退院・・・しかし

r-DSC00624

久々の我が家ですが、すっかり知らない世界になってしまったようです。
以前入院させてたときもそうだったのですが、ラックの上に上ってしまって降りてきません。

r-DSC00625

無理に下ろしたらおしっこされてしまいました(;´∀`)


初めての注射(打つ方)

r-DSC00626

たくさんの注射器をもらってきました。
口から飲ませるのは抵抗感を与えるのと胃腸への負担があるので、注射の方が良いとのこと。

r-DSC00628

これがその注射器です(ボケボケですみません・・・)
で、自分が注射を打つわけですが、そんなに大変ではありません。

さすがに静脈注射は無理ですが、皮下注射なので狙いを定める必要はありません。
よく親猫が子猫の首を加えて運ぶ姿を見ると思いますが、首の付け根のあたりはほとんど痛みを感じないそうです。
なのでその部分をつまんで皮膚を持ち上げて、そこにぷすっと入れればOKです。
しかし自分が注射打つ側になるとは思いもしませんでした。


しばらくラックの上生活

前も退院してから家に慣れるまで1週間くらいはかかりました。
当面はラックの上で生活してもらうようです。

あとはとにかく食べてもらわないと・・・。入院中は、看護師のお姉さんが3g程度ずつ出して、食べなくなったらまた新しく出して、カロリーが足りない分は強制給餌する、とやってくれたようです。贅沢になりおって(;´∀`)

今強制給餌させようとラックから下ろすと全力で逃げていくので、頻繁に餌をあげて対応してます。
恐怖感がなくなるまではつきっきりで餌をあげないと・・・まあ仕事できなくなったので大丈夫ですけどね。


ちなみに3週間の入院費を計算してもらったら20万超えてました\(^o^)/
幸い分割とかしてもらえるとのことなので、何とか工面しようと思います。
まずは早く家に慣れてくれないかな~(;´∀`)


続き
すずのがん闘病記12 自宅に慣れずラックの上生活 2014/08/12~08/19 #cat #猫 #すず | 羽根帽子の太公望
2014年8月10日日曜日

退職しました(うつ病により2年ぶり2度目)#うつ #utsu #SAS

2014-07-14 19.50.04
猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。
2014年8月8日で引き継ぎを終え、退職しました。
よくIT系の有名企業に勤めていた方が退職エントリーを書かれますが、自分の場合そんな有名企業ではない(しかも派遣契約だったし)ですし、なんかすごい志があって辞めるわけではありません。
うつ病の再燃です。

▼スポンサーリンク

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク