コスパが高いラメ入り蛍光ペン「ゼブラ キラリッチ」に込められた想い #文房具 #bungu

2015年6月10日水曜日

t f B! P L C

猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャです。

「ラメ入り蛍光ペン」・・・別に珍しくもないですね。
しかしこの「ゼブラ キラリッチ」はタダのラメ入り蛍光ペンではありません。
それは製品としての特徴以外にも、開発者の並々ならぬ想いが込められています。



キラリッチの特徴


  1. 細かく粉砕したガラスの粒に、銀を蒸着させたラメをインクに配合。書いた線がキラキラとキレイに輝くことで、リッチな気分で使えます。
  2. 従来のラメ入りマーカーのように、使う前によく振る必要もなく、価格も120円+税とお求めやすいので、色をそろえて、自分の手帳や友達との手紙を気軽にデコレーションすることが出来ます。
  3. ラメ入り樹脂のキャップや全身に施された唐草模様で、ペンよりも化粧品を意識したものになっています。

ただ「ラメ入り」というだけでなく、いろいろと工夫された上に値段が抑えられています。自分が買ったときは5本セットで580円くらいでした。


実際に描いてみる



ペン先は普通の蛍光ペンと同じですが、キラキラと輝いています。


描いてみたところ。写真が下手くそで伝わりにくく、申し訳ありません。
一般に「ラメ」で思い浮かべる輝きとは違い、粒子が細かくてとてもキレイに光ります。



込められた想い


このペンを開発した方は、なんとラメ入りペンを作るためにゼブラに入社したそうです。
入社4年目の女性研究員が『キラリッチ』の開発を担当。
子どもの頃からかわいいペンで手紙やノートを書くことが好きだった彼女は、ゼブラへの就職の面接でもラメ入りペンを作りたいと訴えて入社。
2013年4月におこなわれたアイデアコンペで、ラメ入りラインマーカーを提案して社長賞を獲得。
自らの手で技術的な課題を克服し、商品化を実現しました。


自らの手で提案、研究開発を行い、発売された製品がこの「キラリッチ」なのです。



おしまいのひとこと


インクの色は淡い感じでラメも派手すぎないので用途は広いと想います。
これを書いている時点では、Amazonでは500円送料無料で売っています(販売元がAmazonとなっているもの)。一度試してみてはいかがでしょうか。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ


ブログ内検索

自己紹介

猫とガジェットが好きなJava屋さんです。うつ病で休職後退職し、1年半の休養後に社会復帰。・・・が、いろいろあって再び退職。さらに1年休職の後に復帰して、なんとかSE続けてます。茶トラのすずと一緒に生活していましたが、2014年9月4日に亡くなって1人に。

より詳細なプロフィールはこちら↓

↓更新情報を受け取るにはフォローをお願いします!



※ヘッダー及びアイコンで使用しているドロイド君は、googleが作成、提供しているコンテンツをベースに複製したものです。

▼ココナラでメンターサービスを販売しています。招待コード「C3VG3」で1000ポイントもらえます。
▼欲しい物リスト

ブログ アーカイブ

QooQ