2015年6月26日金曜日

乾いたティッシュをかざすだけでウェットに!「シーシーピー ウィズモア」を使ってみた


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャです。

2014年9月、個性的で安価な家電やおもちゃを多く発売しているシーシーピーというメーカーから、「ウィズモア」という製品が発売されました。
乾いたティッシュをかざすとウェットティッシュになるというティッシュボックスです。
事前にニュースでチェックしていた自分は、発売になってからすぐに買いました。



開封の儀



箱の裏には製品の説明が書いてあります。


電源は単3電池4本を使います。半年使えるそうです。
説明書に充電式電池は使えませんと書いてあるのでアルカリ電池を使いましょう。


脇にある小さなタンクには水、または消毒用エタノールが使えるようです。
容量は約500回分です。


そしてティッシュペーパーを入れます。


蓋を閉めるとこんな感じに。ティッシュは横から取り出します。


この部分がセンサーと噴霧口になります。


とっても経済的


メーカーの商品紹介には以下のように記載されています。
一般的なウェットティシューの価格は約3円/枚、ボックス型のドライティシューは約0.3円/枚と約10分の1なので毎日ウェットティシューをお使いの方にはかなりの節約のポイントとなります。
※1日10枚のウェットティシューを使用した場合の年間の節約分は約1万円です。(当社調べ)
自分もウェットティッシュをよく使いますが(まあ100均で買うのですが)、これが普通のティッシュで済むなら、ウィズモアを4800円(税抜)を買っても元が取れそうです。



使ってみた



実際に使っているところをアニメーションにしてみました。
ティッシュをかざすとミストが出てウェットティッシュが簡単にできます。
かざしたままにしておくと、連続で3回まで出てきます。

最初、説明書をガン無視でエネループを使っていたのですが、どうもセンサーの反応がイマイチで使わなくなってしまいました。

その後、アルカリ乾電池に入れ替えたところ、ほぼ問題無く反応するようになりました。
電池はアルカリ乾電池を使いましょう(;´∀`)

ただ、噴霧量がちょっと少なめな気がします。3回でちょうどいいくらいです。
あとは感度の調整ができるとよかった・・・高くなってしまうかもしれませんが。


おしまいのひとこと


電池を使いますが、半年使えるのであればウェットティッシュを定期的に買うよりはお得だと思いますし、何よりガジェット感が高くておもしろいです。

ウェットティッシュをよく使う方は検討してみてください。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ



0 件のコメント :
コメントを投稿

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク