2012年3月14日水曜日

本の自炊に使っている道具

今日は本の自炊をしていました。

ここで自分の使っている道具を紹介したいと思います。




■裁断


裁断というと、メジャーなのはPLUSのPK513L(今は後継でPK513LNがでているようです)だと思います。



ただ、これは非常に大きいんですよね。ハンドルが上部に飛び出しているので、場所を取ります。



なので、自分はカールのディスクカッターDC210Nを使っています。



これなら平面なので、収納も楽です。

欠点としては、一度に40枚くらいしか切ることができないので、

カッターで本を40枚くらい毎に切っておく必要があります。

これはそんなに大変では無いので、十分実用的だと思います。値段も安いですし。





■スキャン


裁断したページはScanSnapでスキャンします。

自分は、もう7,8年は前に出たS500というモデルを使っています。

Windows7もかろうじてサポートされています。

今だとS1500ですね。正直買い換えたいと思っています・・・

Evernote連携とかできますしね。最新のAcrobatも付いています。








■読む


スキャンした本は、GalaxyTabとソニーReaderへ転送して読んでいます。

Readerは使い始めたばかりなのですが、技術書とか大きめの本だとちょっと厳しそうです。





以上、自分の自炊環境のご紹介でした。

0 件のコメント :
コメントを投稿

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク