2012年3月29日木曜日

TSマーク付帯保険で自転車事故に備える

TSマークというのをご存じですか?

今日自転車屋でもらってきました。

これは「公益財団法人 日本交通管理技術協会」というところが運営しているもので、低価格で自転車事故に対する保険に入ることができるものです。




公益財団法人 日本交通管理技術協会
自転車屋で規定の点検を受けることでマークをもうことができます。
自分の場合、保険料1000円、点検料500円、部品代1000円で2500円でした。
保険は500円(青色)の物もありますが、基本的に1000円(赤色)の方を勧めているようです。 


有効期間は1年間で、1000円(赤色)の方で障害補償が
・死亡若しくは重度後遺障害(1~4級)で100万円
・入院(15日以上)で10万円
賠償責任補償が
・死亡若しくは重度後遺障害(1~7級)で2000万円
となっています。
自転車の点検をしてもらった上にこれだけの保証が受けられるなら安いもんではないでしょうか。

賠償責任の重要性

重要なのは「賠償責任」の方です。

2007年4月 東京地裁にて「信号無視した37歳の男性の自転車が横断歩道を歩行中の55歳女性と衝突。女性死亡。」の事故に対する賠償金が5,438万円だったそうです。
当然被害者の立場からすれば値段に替えられる物ではありませんが、万が一事故の当事者になってしまったらと思うと・・・
恐ろしいですね。この額だとTSマークでも足りません。


その他の自転車保険

最近では簡単には入れる自転車保険が他にもあります。

1つはau加入者が入れる「au損保」の自転車保険です。

自転車保険は月々100円からの2プランを用意!自転車事故にも安心対応のau損保
一番安いもので月100円から、これで死亡・後遺障害450万円、個人賠償責任1,000万円です。
月410円の「イチおしコース」だと、個人賠償責任は1億円になります。


もう一つはセブンイレブンで契約できる「e保険ストア」の自転車保険です。
セブン-イレブンで入る自転車向け保険
こちらは年間4,760円で死亡・後遺障害400万円、賠償責任1億円等です。

どちらも値段は安く、いざというときのために入っておいて損はないと思います。

それ以前に、交通ルールを守ることが大事ですけどね。
特に最近はマナーの悪い人が多いようなので、気をつけて欲しいものです。

自分だけの問題じゃ無くなってしまいますしね。

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク