2014年11月4日火曜日

[Xperia Z2] ドコモからBICSIM(IIJMio・みおふぉん)へ乗り換えたけど問題なし


猫と一緒にガジェットライフ♪ムチャ(@mutoj_rdm821)です。

XperiaZ2をドコモ回線で使っていましたが、ついにMVNOに乗り換えました。乗り換え先はBICSIM(IIJmio)です。これの音声付きSIM(みおふぉん)に乗り換えました。

乗り換えた理由と、乗り換え後の使用感についてまとめておきます。



ドコモ新プランが高い!


先日うつ病で申請していた精神障害者保健福祉手帳が交付されたので、ハーティー割引を付けようとしました。
ドコモのハーティー割引は、カケホーダイの基本プラン(2年縛りなし)の料金が1700円割引されて2500円になります。
旧プランの受付は終了しているので、ハーティー割引を付けるにはカケホーダイプランにするしかありません。
そうするとパケット定額に最低でも3500円(2GB)かかります。
これだと従来のタイプXiにねん743円+パケホーダイライト4700円の方が安いです。

しかし、2年縛りから脱出することができます。これが移行の決め手になりました。


移行先はBICSIM


MVNOの情報は常にウォッチしていて、移行先はIIJmioにしようと前から決めていました。
そのIIJmioにwi2の無線LANサービスを付加したのがビックカメラが提供しているBICSIMです。
基本はオンラインで受け付けて郵送でのやりとりになりますが、いくつかの店舗ではBICSIMカウンターが用意されていて、即日で発行可能となっています。
今回は新宿東口ビックロで行いました。平日午前中だったので待ち時間も無く、30分くらいで開通できました。


BICSIMのサービス内容


これはACSII.jpの比較表が分かりやすいです。
自分はスマホではそれほど通信しないので、一番安いミニマムスタートプランにしました。
wi2の利用開始は1週間くらい待たないと申込みができないので注意が必要です。


料金比較


先月の料金比較です。途中で乗り換えたので付加サービスは日割りになっていますが、カケホーダイプラン・パケットパックは日割りになりません。パケットパックを5GBのプランにしてしまったのは失敗でした。

ドコモBICSIM
(IIJMio・みおふぉん)
◇基本使用料(計)4,2001,600
カケホーダイプラン(スマホ/タブ)定期無
ハーティ割引(基本使用料)-1,700
 ◇パケット定額料等(計)
データMパック(標準)定額料5,000
 ◇その他ご利用料金等(計)
付加機能使用料(spモード/メール等含む)[日割]251
付加機能使用料(iコンシェル)[日割]83
ケータイ補償サービス利用料(380)[日割]318
ドコモWi-Fi利用料(spモード)[日割]251
永年キャンペーン割引料(ドコモWi-Fi)[日割]-251
ハーティ割引(付加機能使用料等)-71
ユニバーサルサービス料/基本[日割]2
eビリング割引料-20
◇消費税等相当額(計)80580
◇合計8,8681,680

えらい違いですね。実際はXperiaZ2の月々サポートが1600円ほど割引されますが、それでも高い。


乗り換えてできなくなること、できること


できなくなることはいろいろあります。
  • ドコモのサービス全般
  • ドコモメール
  • ケータイ補償サービス
  • iDアプリ
  • テザリング
できることもあります。
  • 緊急地震速報の受信
  • GooglePlayから落としたアプリの利用
  • 各種通話アプリの利用
  • おサイフケータイ
カウンターで聞いていた人がいたのですが、基本的に自分で落として入れたアプリは全て使えます。使えなくなるのは最初から入っているキャリア専用のアプリです。

各種通話アプリについては、IIJmioのページに調査結果が載っています。ほぼ全て問題無く使えるようです。
楽天電話とLINE通話は試しましたが問題なしでした。

また、おサイフケータイについてはIIJmioとしては使えないことになっていますが、実際は問題無く使えます。iDのみドコモ契約がないと使えないので✕です。
カウンターでの申込時に「機種変手続きをしてください」と言われて一応やったのですが、これはやらなくても問題無いような気がします・・・。
自分が使っていて、実際に試したおサイフケータイの機能は以下です。
  • モバイルSuica
  • nanaco
  • モバイルPonta
  • モバイルスターバックスカード

そしてサポートですが、修理は解約後もドコモショップで受け付けてもらえます(確認済み)。但し補償サービスがなくなるので、実費がかかってしまいます。
バッテリー交換についても可能で、こちらは解約後も料金の差はありません。(XperiaZ2の場合8000円くらい)


乗り換えて良かったこと


とにかく安い!
通話はほとんどしませんし(してもフリーダイヤルが多い)、通信容量も2GBあれば十分、あまったら繰り越しもできますし、プランの変更も月単位で可能です。
1つ上の4GBのプランでも2220円です。
※2015年4月に容量が増えて、安い方から3G/5G/10Gとなりました。

また、IIJmioの場合「みおぽん」という専用アプリで高速通信のオンオフが任意で切り替えられます。LINE等メッセージのやりとりや軽いWEBページなんかは200kbpsでも十分なので、オフのままでもほとんど問題ありません。

MVNOによっては3日間での通信制限をかけるところもありますが、IIJmioの場合、200kbpsの低速通信時に366MBを超えた場合のみ制限がかかります。高速通信状態では制限がかかりません。これも◎


乗り換えて悪かったこと


これはただ一つ、iコンシェルが使えなくなったこと。これは雨の情報や電車の遅延など色々な情報を通知してくれたので重宝していました。
代わりに以下のアプリで代用しています。
雨アラームは地味にSmartWatchSW2にも対応してたりします。
地下鉄の通知がないのですが、東京メトロはメールでの通知をやっているようです。

Googleの2段階認証をメールでやっていたのですが、これは通話での通知に変えました。本当はSMSで通知してくれればいいんですが・・・。

最低利用期間として利用開始日の翌月末日までと、音声付きSIM(みおふぉん)の場合は1年間の解除料金(残り月数×1000円)がかかるのでそこは押さえておきましょう。


無効化したアプリ


ドコモサービスが使えなくなったので、無効化できるものは全て無効化しました。ドコモ~がつくものでアンインストール可能なものはそのまま消してしまったのでリストに含んでいません。
  • オートGPS
  • しゃべって検索
  • スケジュール/メモ・トルカ同期
  • スケジュール&メモ
  • デコメ絵文字マネージャー
  • ドコモクラウド設定
  • ドコモサービス
  • ドコモバックアップ
  • ドコモ音声入力
  • ドコモ文字編集
  • 災害用キット→緊急地震速報受けるのに必要
  • 声の宅配便
  • dメニュー
  • DOCOMO Initialization
  • iコンシェルコンテンツ
  • NOTTV
docomoIDの認証エラーが出ますが、これはdocomoIDの移行手続きをしてから認証し直すと回避できます。が、それでもアプリ自動更新のエラーがでるので、これは放置しています。



まとめ:通話しない人は検討すべき!


確実に安くなるMVNOへのMNP、今使っている端末に不満がなければぜひ選択肢に入れるべきです。
但しサービスが多様化し、会社によって速度制限などの条件が微妙に違っていたりするので、よく調べておく必要があります。特に動作確認済み端末のリストはチェックしましょう。
キャリア固有のサービスはほぼ使えなくなるので、そこも注意が必要です。

もし知りたいことがありましたら各種SNSでご相談くださいませ。個人的にはBICSIMオススメです。

それではみなさまよきガジェットライフを(´∀`)ノ

【XperiaZ2関連記事】


0 件のコメント :
コメントを投稿

▼こちらの記事もどうぞ

▼ブログを気に入っていただけたらRSS登録をお願いします!
▼ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク